鈴木 立之

J-GLOBALへ         更新日: 08/12/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
鈴木 立之
 
スズキ タテユキ
所属
旧所属 富山県立大学 工学部 機械システム工学科
職名
教授
学位
工学博士(東京大学), 工学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1973年
 - 
1974年
東京大学工学部 研究生
 
1975年
 - 
1976年
埼玉大学工学部 講師(非常勤)
 
1976年
 - 
1977年
アメリカ合衆国航空宇宙局エイムズ研究所 研究員
 
1978年
 - 
1985年
埼玉工業大学工学部 助教授
 
1985年
 - 
1992年
埼玉工業大学工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
東京大学 工学系研究科 航空学
 
 
 - 
1968年
東京大学 工学部 航空学科
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本航空宇宙学会  空気力学部門委員
 
1993年
 - 
1998年
日本機械学会  宇宙工学部門運営委員
 
1982年
   
 
日本工業教育協会  大学教育委員
 
1985年
   
 
日本熱流体工学会  理事
 
1995年
 - 
1996年
日本伝熱学会  評議員
 

Misc

 
燃料吹き出しを伴う平板に沿う層流境界層内の着火の解析
東京大学学位論文      1973年
鈴木 立之, 足立 孝, 小林 晋
日本機械学会論文集(B)   57(541) 3078-3082   1991年
ディジタル画像解析による微粒子の加速度検出法
非定常移動現象に関する動的画像解析   2    1990年
粉体輸送管の安全性に関する一提言
設計製図   23(152)    1988年
小孔より漏れ始めたガスの初期現象(第(]G0001[)報噴出したガスの物理的な特性
境界領域における安全性      1984年

書籍等出版物

 
衝撃波後方における境界層の発達
日本熱流体工学会出版部   1990年   
火炎付着と燃え拡がり
燃焼理論12章   1987年   
基礎流体力学
日本熱流体工学会出版部   1991年   
衝撃波後方に発達する境界層
日本熱流体工学会出版部   1990年   
応用熱力学
産業図書   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
自然対流の伝熱への影響
衝撃波と微粒子との干渉
衝撃波の反射
感圧塗料による圧力計測