酒井 則良

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/05 11:01
 
アバター
研究者氏名
酒井 則良
 
サカイ ノリヨシ
所属
国立遺伝学研究所
部署
系統生物研究センター・小型魚類開発研究室
職名
准教授
学位
学術博士(金沢大学), 教育学修士(愛知教育大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
国立遺伝学研究所 准教授
 
2004年
 - 
2007年
国立遺伝学研究所 助教授
 
1996年
 - 
2004年
福井県立大学 助教授
 
1992年
 - 
1996年
福井県立大学 講師
 
1990年
 - 
1992年
国立基礎生物学研究所 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1989年
金沢大学 自然科学研究科 生命科学
 
 
 - 
1984年
愛知教育大学 教育学部 中学校教員養成課程理科
 

論文

 
Differentiation of zebrafish spermatogonial stem cells to functional sperm in culture
Kawasaki, T., Siegfried, K. S., Sakai, N.
Development   143 566-574   2016年2月   [査読有り]
Development and characterization of an embryonic cell line from endangered endemic cyprinid Honmoroko Gnathopogon caerulescens (Sauvage, 1883).
Higaki, S., Shimada, M., Koyama, Y., Fujioka, Y., Sakai, N., Takada, T.
In Vitro Cell Dev Biol   51 763-768   2015年   [査読有り]
Analysis of a novel gene, Sdgc, reveals sex chromosome-dependent differences of medaka germ cells prior to gonad formation.
Nishimura, T., Herpin, A., Kimura, T., Hara, I., Kawasaki, T., Nakamura, S., Yamamoto, Y., Saito, T.L., Yoshimura, J., Morishita, S., Tsukahara, T., Kobayashi, S., Naruse, K., Shigenobu, S., Sakai, N., Schartl, M., Tanaka, M.
Development   141 3363-3369   2014年   [査読有り]
Telomere distribution pattern and synapsis initiation during spermatogenesis in zebrafish.
Saito, K., Sakai, C., Kawasaki, T., Sakai, N.
Dev. Dyn.   243 1448-1456   2014年   [査読有り]
The relationship between HSP70 accumulation and acquisition of thermal tolerance in the guppy, Poecilia reticulata.
Mochiduki, T., Sakai, N., Nakajima, T., Nakajima, M.
Fish Genet. Breed. Sci.   42 91-98   2013年   [査読有り]

Misc

 
三倍体ニジマス雄における血清および下垂体ホルモン量の変動と精巣の発達
日本水産学会誌   59(6) 981-989   1993年
培養したメダカ卵巣瀘胞の形態とステロイド合成
愛知教育大学研究報告   39,69-78    1990年
精子ベクターグトランスジェニックフィッシュを作出する
化学と生物   (41) 264-269   2003年

書籍等出版物

 
遺伝子が語る生命38億年の謎
酒井 則良 (担当:共著, 範囲:第19章 生殖系幹細胞の謎)
悠書館   2014年   
遺伝子図鑑
酒井 則良 (担当:共著, 範囲:第2章-6 動物の生殖細胞と体細胞、第3章-3 受精)
悠書館   2013年   
身近な動物を使った実験 メダカ・ゼブラフィッシュ
新屋みのり,酒井則良
三共出版   2009年   ISBN:978-4-7827-0580-3
編者名:鈴木範男
発生生物学 基礎生物学テキストシリーズ5
村井耕二, 酒井則良, 山田雅保, 宅見薫雄, 安達卓
化学同人   2008年   ISBN:978-4-7598-1105-6
国立遺伝学研究所以外の共著者あり、編者名:中村千春, 奥野哲郎, 岡田清孝
ISB News Report Genetically modified sperm in fish.
Sakai, N.
Virginia Tech Press   2004年   
編者名:Irwin, R.

講演・口頭発表等

 
ゼブラフィッシュ減数分裂異常変異体の解析
酒井則良
生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク 第5回班会議シンポジウム   2012年11月21日   
生殖細胞質構成要素としてのミトコンドリア [招待有り]
酒井則良
日本遺伝学会 第84回大会   2012年9月24日   
Establishment of long-term culture conditions for zebrafish spermatogonial stem cells
Kawasaki, T.,Sakai, N.
SSR 45th Annual Meeting   2012年8月12日   
Establishment of long-term culture conditions for zebrafish spermatogonial stem cells
Kawasaki, T.,Saito, K.,Sakai, C.,Shinya, M.,Sakai, N.
The 58th/60th NIBB Conference   2012年7月17日   
Establishment of a zebrafish inbred strain by consecutive full sib-pair mating
Shinya, M.,Sakai, N.
International Conference on Zebrafish Development and Genetics   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
ゼブラフィッシュの発生に関する分子生物学的研究
ニジマス卵巣のステロイドホルモン生成に関する分子生物学的研究

社会貢献活動

 
会議等主催
【その他】  川上浩一、酒井則良、岸本康之、新屋みのり  第12回小型魚類研究会  (三島)  2006年9月16日
生殖細胞と生殖腺形成の普遍性と多様性
【その他】  山下正兼, 酒井則良  2007年度国立遺伝学研究所研究会  (三島)  2007年7月23日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり
会議等主催
【その他】  川上浩一、酒井則良、平田晋三、新屋みのり、浅川和秀  第17回小型魚類研究会  (三島)  2011年