大場 修

J-GLOBALへ         更新日: 08/09/29 00:00
 
アバター
研究者氏名
大場 修
 
オオバ オサム
URL
http://www2.kpu.ac.jp/life_environ/hist_arch_h_environ/top/
所属
京都府立大学
学位
工学博士(大阪工業大学)
その他の所属
京都府立大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
九州芸術工科大学 芸術工学研究科 生活環境
 
 
 - 
1978年
京都府立大学 生活科学部 住居学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本建築学会  建築歴史・意匠委員会委員、民家小委員会主査、近畿支部民家部会幹事
 

受賞

 
2006年
日本建築学会学会賞(論文)
 

Misc

 
龍野旧城下町における町家の発展過程と町並みの構成に関する一考察
大場 修
日本建築学会計画系論文報告集   (376) 137-149   1987年
近世枚方宿における屋敷地の形態と町家の形成過程について(前編) 近世後期の町家形式とその発展過程
大場 修
日本建築学会計画系論文報告集   (400) 115-125   1989年
奈良盆地における町家の発展過程 架構形式の変容を通して
大場 修
日本建築学会計画系論文報告集   (403) 133-147   1989年
近世枚方宿における屋敷地の形態と町家の形成過程について(後編) 町家の先行形式と屋敷地形成
大場 修
日本建築学会計画系論文報告集   (403) 149-159   1989年
園部旧城下町における町家遺構の発展過程と地方的特質
大場 修
日本建築学会計画系論文報告集   (412) 119-131   1990年

書籍等出版物

 
物語・ものの建築史シリーズ『風呂のはなし』
鹿島出版社   1986年   ISBN:4-306-09293-3 C0320
三階住宅・都市に住むために(共著)
学芸出版社   1982年   
龍野の建築
龍野市   1987年   
日本トレンディバスライフ(共著)
津村株式会社   1992年   
泉大津市史第5巻(別編)-建築の部-(共著)
泉大津市   1995年   

Works

 
龍野まちなみの保全・再生にむけて-龍野市川西地区伝統的建造物郡保存対策調査報告書
1982年
斑鳩町(龍田・西里地区)歴史的町並調査報告書
1986年
旧枚方宿の町家-枚方市建造物調査報告書I-
1987年
平野の町並-平野の歴史を生かす町づくり-
1986年
富田林寺内町歴史的並保全計画調査報告書
1984年

競争的資金等の研究課題

 
日本における歴史的町並と都市住宅に関する研究
研究期間: 1980年   
近代日本の小学校校舎に関する建築史研究
研究期間: 1990年   
日本の伝統民家に関する研究
研究期間: 1980年   
日本の温泉町や港町、漁村集落に関する研究
研究期間: 2000年   
近代和風建築に関する建築史研究
研究期間: 2000年