片山 郁雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/26 10:57
 
アバター
研究者氏名
片山 郁雄
 
カタヤマ イクオ
通称等の別名
本名:郁夫
eメール
katayamahakodate-u.ac.jp
所属
函館大学
部署
商学部 商学科
職名
教授
学位
商学修士(小樽商科大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
小樽商科大学 商学研究科 経営管理(会計学)
 
 
 - 
1976年
小樽商科大学 商学部 商業学科
 

Misc

 
内部利益控除の説明方法-「分析枠組」に基づく検討-
産業經理   68(4) 42-51   2009年
本店仕入a/cの処理とその説明方法-本支店独立簿記・会計の観点から-
産業經理   66(2) 37-44   2006年
本支店財務諸表合併過程の説明方法-帳薄記録との関係を中心にして-
産業經理   60(3) 21-31   2000年
簿記テキストにおける本支店会計の説明方法-説明対象と説明手段-
會計(森山書店)   154(5) 49-61   1998年
支店独立会計における「未達取引」の扱いをめぐって--簿記テキストにおける説明方法の分類試案--
産業經理   53(2) ,69-78   1993年

書籍等出版物

 
複式簿記と財務諸表(『簿記から会計への展開』所収)
同文舘   1992年   

講演・口頭発表等

 
簿記テキストにおける本支店会計の説明方法-説明の対象と手段-
日本会計研究学会第56回全国大会(自由論題)   1997年9月12日   
支店独立会計における「未達取引」の扱いをめぐって
日本会計研究学会北海道部会第43回報告会   1993年5月15日   
Edwards=Bell(1961)における「実現利益」の計算構造
日本会計研究学会北海道部会第34回報告会   1988年11月12日   
Edwards=Bell(1961)のBusiness Profit概念について
日本会計研究学会北海道部会第19回報告会   1981年7月1日   

競争的資金等の研究課題

 
簿記テキストの再検討
インフレーション会計に関する研究