大坊 郁夫

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
大坊 郁夫
 
ダイボウ イクオ
所属
大阪大学
部署
大学院人間科学研究科 人間科学専攻 対人社会心理学研究分野
職名
教授,教授
学位
文学修士(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1973年
 - 
1977年
 札幌医科大学助手
 
1977年
 - 
1979年
 山形大学教養部専任講師(人文学部兼任)
 
1980年
 - 
1988年
 山形大学教養部助教授(人文学部兼任)講師
 
1988年
 - 
1996年
 北星学園大学文学部教授
 
1996年
 - 
2000年
 北星学園大学社会福祉学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年
北海道大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1973年
北海道大学 文学研究科 文学研究科
 
 
 - 
1970年
北海道大学 文学部 哲学科・実験心理学専攻
 

委員歴

 
1986年
 - 
2000年
日本グループ・ダイナミックス学会  理事,常任理事
 
1990年
 - 
2000年
日本応用心理学会  運営委員,常任理事
 
1998年
   
 
日本心理学会  編集委員
 
1995年
 - 
1997年
日本社会心理学会  理事,常任理事
 
1992年
 - 
1997年
日本感情心理学会  理事,常任理事
 

受賞

 
1997年
日本社会心理学会 島田一男賞(共編「被服と化粧の社会心理学」に対して)
 
1997年
日本社会心理学会第一回島田賞
 

Misc

 
顔の形態特徴からのパーソナリティ特徴の認知
日本顔学会誌   2 97-110   2002年
あいさつ行動と非言語的コミュニケーション
国文学   44(6) 28-33   1999年
コミュニケーションとしての化粧
フレグランス ジャーナル   9 57-61   1998年
魅力の心理学-化粧、美のコミュニケーション(8)
化粧文化   (34) 102-110   1996年
顔と魅力
繊維製品消費科学   36(11) 661-666   1995年

書籍等出版物

 
化粧行動の社会心理学
北大路書房   2001年   
しぐさのコミュニケーション
サイエンス社   1998年   
魅力の心理学
ポーラ文化研究所   1997年   
被服と化粧の社会心理学 編著
北大路書店   1996年   
現代心理学の基礎と応用 共著
培風館   1995年   

Works

 
顔の美意識の国際比較
2001年
顔のもつコミュニケーション性についての文化的・社会心理学的研究
2005年
顔のもつコミュニケーション性についての文化的・社会心理学的研究
2004年
言語的・非言語的コミュニケーションを活用する社会的スキル向上の研究
2003年
対人魅力情報源としての顔の構造と表情についての社会心理学的研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
対人関係の親密化過程
対人コミュニケーションの展開
顔のもたらす魅力についての国際比較
化粧行動の社会心理学的適用
社会的スキルの実践的活用