中出 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/12 15:47
 
アバター
研究者氏名
中出 哲也
 
ナカデ テツヤ
所属
酪農学園大学
部署
獣医学群 獣医学類 伴侶動物医療学分野 画像診断学ユニット
職名
教授
学位
獣医学修士(酪農学園大学), 博士(獣医学)(酪農学園大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1981年4月
 - 
1986年3月
酪農学園大学 助手
 
1986年4月
 - 
1997年3月
酪農学園大学 講師
 
1997年4月
 - 
2007年3月
- 酪農学園大学 助教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
酪農学園大学  学生部次長
 
2007年4月
 - 
現在
-酪農学園大学 教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
酪農学園大学 学生部長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
酪農学園大学 動物医療センター長
 
2015年4月
 - 
2015年10月
酪農学園大学 獣医学類長、獣医学科長
 
2015年11月
 - 
2016年3月
酪農学園大学 教育センター長、教務担当部長、学生部長
 
2016年4月
 - 
現在
酪農学園大学 教育センター長
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
酪農学園大学 獣医学研究科 獣医学専攻修士課程
 
1975年4月
 - 
1979年3月
酪農学園大学 酪農学部 獣医学科
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
動物臨床医学会  副会長
 
2015年6月
 - 
2017年6月
獣医事審議会専門委員
 
2013年6月
 - 
現在
日本獣医画像診断学会  理事
 
2009年4月
 - 
現在
日本獣医神経病学会  理事・評議員
 
2002年
 - 
現在
日本獣医画像診断学会  理事
 
1997年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
1996年
 - 
現在
日本獣医循環器学会  評議員
 
1992年
 - 
現在
動物臨床医学会  理事
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本獣医神経病学会  監事
 
1999年
 - 
2003年
日本獣医麻酔外科学会  評議員
 
1989年
 - 
1990年
日本獣医針灸学研究会  常任幹事,事務局長,幹事
 

受賞

 
2014年1月
日本小動物歯科研究会 学術奨励賞
 
2011年6月
日本獣医麻酔外科学会 優秀論文賞
受賞者: 井尻篤木 中出 哲也
 
2007年
北海道獣医師会 平成19年度日本小動物獣医学会北海道・地区学会賞
 
2005年
平成17年度日本小動物獣医学会北海道・北海道獣医師会会長賞
 

論文

 
Hayashi M, Maehara S, Ito Y, Yamashita K, Kubo A, Nakade T
Veterinary ophthalmology      2016年8月   [査読有り]
Hori A, Hanazono K, Miyoshi K, Nakade T
The Journal of veterinary medical science   77(7) 889-892   2015年7月   [査読有り]
Surgical resection of twenty-three cases of brain meningioma.
Ijiri A, Yoshiki K, Tsuboi S, Shimazaki H, Akiyoshi H, Nakade T
The Journal of veterinary medical science   76(3) 331-338   2014年3月   [査読有り]
Yonetomi D, Kadosawa T, Miyoshi K, Nakao Y, Homma E, Hanazono K, Yamada E, Nakamura K, Ijiri A, Minegishi N, Maetani S, Hirayama K, Taniyama H, Nakade T
Veterinary radiology & ultrasound : the official journal of the American College of Veterinary Radiology and the International Veterinary Radiology Association   53(4) 371-380   2012年7月   [査読有り]
Proteome analysis of cerebrospinal fluid in healthy beagles and canine encephalitis.
Nakamura K, Miyasho T, Nomura S, Yokota H, Nakade T
The Journal of veterinary medical science   74(6) 751-756   2012年6月   [査読有り]
High mobility group box 1 (HMGB1) protein is present in the cerebrospinal fluid of dogs with encephalitis.
Miyasho T, Nakamura K, Nomura S, Kawasako K, Nakade T, Yamada S, Yokota H
The Journal of veterinary medical science   73(7) 917-922   2011年7月   [査読有り]
Computed tomographic findings in a calf with actinomycosis: a case report
T,Mohamed, F. Al-Sobayil, T.Kurosawa, T. Nakade, M. Floeck
Veterinarni Medicina   56(5) 255-259   2011年
米富大祐、山田恵理子、華園 究、中村晃三、山根由久、前谷茂樹、井尻篤木、峯岸則之、中出哲也
動物臨床医学   19(1) 9-13   2010年3月
井尻篤木 吉木 健 根本洋明 田中浩二 嶋崎 等 前谷茂樹 峯岸則之 中村晃三 中出哲也
日本獣医麻酔外科学雑誌   41(2) 53-57   2010年
井尻篤木、去来川 肇、根本洋明、山城徳之、中村嘉宏、嶋崎 等、前谷茂樹、峯岸則之、中出哲也
日本獣医麻酔外科学雑誌   41(1) 17-22   2010年
牧野恵美、米富大祐、山田恵理子、山根由久、中村晃三、前谷茂樹、井尻篤木、峯岸則之、中出哲也
獣医麻酔外科学雑誌   39(3/4) 45-50   2009年1月
左前胸部にLevine IV/VIの連続性雑音を認めた1歳4ヵ月齢、雄のパピヨンが来院し、超音波検査にて大動脈起始レベル短軸像で肺動脈領域に4.84m/sの短絡血流が認められ、動脈管開存症と診断された。大腿動脈にシースを留置し、ピッグカテーテルを挿入し造影検査を行ったところ動脈管の肺動脈側最小径は約2.1mmであった。直径3mmのAmplatz Canine Duct Occluder(ACDO)を動脈管に留置した。留置直後、短絡血流はわずかに残存したが、15分後、術後1日、7日目には短絡...
運動後の馬蹄冠部に対する電気刺激の影響について
山中喜照、本名敦夫、谷山弘行、中出哲也
日本物理療法学会会誌   15 33-36   2008年6月
Intranuclear paracrystals observed in striated muscle specific LIM protein-deficient mouse cardiomyocytes.
Muto, M., Sargeant, A.,Tangkawattana, P., Takeyasu, Nishijima, Y., Bonagura, J., Hoshijima, M., Nakade, T., Hosaka, Y., Faulkner, G., Tomono, K., Yamaguchi, M.
Microsc. Res. Tech.   70(1) 50-54   2007年
Nakade, T., Inoue, A., Shimazaki, H., Miyoshi, K., Takeuchi, N., Kadosawa, T., Akihara, Y., Taniyama, H. and Ishida, O.
J. Vet. Med. Sci.   68(12) 1383-1385   2006年
富樫美里 中出哲也 中西 遵 谷山弘行 廉澤 剛
獣医麻酔外科学雑誌   36(3) 63-68   2005年7月
Enzootic intranasal tumour virus infection in apparently healthy sheep in Japan.
Kawasako K, Okamoto M, Kurosawa T, Nakade T, Kirisawa R, Miyashou T, Komine M, Go T, Imazu S, Takeuchi N, Tomonaga K, Ikuta K, Akihara Y, Shimoyama Y, Hirayama K, Taniyama H.
Vet Rec.   157(4) 118-120   2005年
Neuroendocrine carcinomas in the nasal cavity of ten dogs.
Sako T, Yamashita K, Nakade T., Uchida E, Takehana K, Okamoto M, Kagawa Y, Yamamoto E, Yoshino T, Hirayama K, Taniyama H.
J Comp Pathol.   133. 155-163.   2005年
Lead poisoning in Whooper and whistling(tundra) swans.
Nakade T., Tomura,Y., Jin,K., Taniyama,H., Yamamoto,M., Kikkawa, K., Miyagi, K., Uchida, E., Asakawa, M., Mukai,T., Shirasawa, M., Yamaguchi
Journal of Wildlife Diseases   41(1) 256-259   2005年
Mohamed T., Sato H., Kurosawa T., Oikawa S., Nakade T., Koiwa M.
J Vet Med Sci.   66(1) 73-76   2004年
犬の脳CT像のとらえ方ービーグル犬における正常脳CTアトラス像:断層標本との比較解剖ー
中出 哲也, 市川 崇, 内田 佳子, 田口 清, 谷山 弘行
動物臨床医学   12巻2号109-116.(2) 109-116   2003年9月
Salivary secretory IgA concentrations in beagle dogs.
Kikkawa A, Uchida Y, Nakade T, Taguchi K
The Journal of veterinary medical science   65(6) 689-693   2003年6月   [査読有り]
Immunohistochemical detection of apolipoprotein A-I and B-100 in canine atherosclerotic lesions.
Sako, T., Uchida, E., Kagawa, Y., Hirayama, K., Nakade T., Taniyama
Vet Pathol.   40(3) 328-331.   2003年
Complex Vertebral Malformation in a Stillborn Holstein Calf in Japan
Nagahata H, Oota H, Nitanai A, Oikawa S, Higuchi K, Nakade T, Kurosawa T, Morita M, Ogawa H
The Journal of Veterinary Medical Science   64(12) 1107-1112   2002年12月
High expression of 92kDa type IV collagenase (matirix metalloproteinase 9) in canine mammary adenocarcinoma
Yokota H., Kumata T., Taketaba S., Kobayashi T., Moue H., Taniyama H., Hirayama K., Kagawa Y., Itoh N., Fujita O., Nakade T. and Yuasa A.
Biochimica et Biophysica Acta   1568 7-12.   2001年
Immunohistochemical detection of inhibin-α, -βB, -βA Chains and 3β-hydroxysteroid dehydorogenase in canine testicular tumors and normal testes
Taniyama H., Hirayama K., Nakada K., Numagami K., Yaosaka N., Kagawa Y., Izumisawa Y., Nakade T., Tanaka Y., Watanabe G. and Taya K.
Veterinary Pathlogy   38(6) 661-666.   2001年
Imunohistochemical detection of apolipoprotein B-100 and immunogloblins (IgA, IgM, IgG) I the splenic arteries of aging dogs
Sako T., Uchida E., Kagawa Y., Hirayama K., Takahashi T., Nakade T., Niiyama M., Izumisawa Y., and Taniyama H.
Veterinary Pathlogy   38(4) 407-413.   2001年
Tubular aggregrates observed in spindle muscle fiber of horse lumbrical muscle
Klomkleaw W., Kasashima Y., Kobayashi A., Fuller G., Morimoto M., Nakade T., Muto M., Oba T., Hamirin L., and Yamaguchi M.
Acta Neuropathol   101 509-517.   2001年
Nakade, T., Yokota, H., Taniyama, H. Hori, Y., Agata, N., Ikeda, T., Furusaki, H. Yamada, Y., Uchida, Y., Yuasa, A. Yamaguchi , M. and Otomo, K.
Carbohydrate Polymers   41(4) 327-329   2000年
Babesia canis infection in canine-red blood cell-substituted SCID mice
Arai, S., Tsuji, M., Kim, S., Nakade, T., Kanno, Y., Ishihara, C
International Journal for Parasitology   28 1429-1435.-1435   1998年
First record of the cyclocoelid, Hyptiasmus sp. , from whooper Swan in Japan
Jpn. J. Ornithol.   46 133-135   1997年
Ultrastructure and protein composition of trout adductor mandibulae and dorsal muscle.
J. Electr. Micros. Soc. Thailand.   11 1-12   1997年
犬および猫の問題行動
内田 佳子, 山田 弘司, 中出 哲也
日本獣医師会雑誌   49(5) 337-341   1996年5月
天然多糖β-キチンの犬の創傷治癒促進効果
中出 哲也, 内田 佳子, 大友 勘十郎
日本獣医師会雑誌   49(4) 249-252   1996年4月
Ultrastructure of trout cardiac muscle.
J. Electr. Micros. Soc. Thailand.   10 61-72   1996年
Myocardial bridge muscle on left anterior descending coronary artery differs from subepicardium of left ventricle in dogs.
Acta Anatomica   157 238-247   1996年
Calcifying epithelial odontogenic tumours in small domesticated carnivores : Histological, immunohistochemical, and electron microscopical studies.
J. Comp. Path.   114 305-314   1996年
YAMAGUCHI M, MUGURUMA M, SAKO T, NAKAYAMA T, YAMAMOTO S, TAKEHANA K, MUTO M, NAKADE T, YAMANO S
Meat Science   42(2) 225-233   1996年
Proximal paraconal interventricular mycardial bridge in dog : Ultrastructural characterization.
Acta. Anat.   153 226-235   1996年
犬と猫の問題行動.
日本獣医師会雑誌   49 337-341   1996年
天然多糖β-キチンの犬の創傷治療促進効果.
日本獣医師会雑誌   49 249-252   1996年
実験的僧帽弁閉鎖不全犬におけるニトログリセリン軟膏の口腔粘膜塗布効果.
森 崇, 中出 哲也, 内田 佳子
日本獣医師会雑誌   48(6) 415-418   1995年6月
犬の真菌性外耳炎に対するピマリシン点耳液の治療効果.
内田 佳子, 山根 義久, 中出 哲也
日本獣医師会雑誌   47(10) 762-764   1994年10月
Efficacy of a pimaricin suspension for treating otitis externa associated with M. pachydermatis.
Journal of Small Animal Practice   35 521-523   1994年
Sterol composition in polyene antibiotic-sensitive and resistant strains of Malassezia pachydermatis.
Vet. Research Communications   18 183-187   1994年
NAKADE T, UCHIDA Y, OTOMO K
Journal of Veterinary Medical Science   55(1) 161-167   1993年
若齢犬における損傷坐骨神経の再生
日本獣医師会雑誌   46(9) 775-779   1993年
馬の蹄葉炎における蹄の光顕および走査電顕像
中出 哲也, 小谷 忠生, 安藤 由章
日本獣医師会雑誌   45(5) 305-311   1992年5月
内田 佳子, 水谷 真奈美, 久保 拓也, 中出 哲也, 大友 勘十郎
The Journal of Veterinary Medical Science   54(4) 611-614   1992年
中出 哲也, 内田 佳子, 大友 勘十郎, 北澤 馨, 安藤 正彦, 白川 潤
The Journal of Veterinary Medical Science   54(5) 837-843   1992年
牛の蹄底真皮および表皮の走査電顕所見
日本獣医師会雑誌   44(10)    1991年
Malassezia pachydermatisの抗真菌剤薬剤感受性試験成績
内田 佳子, 中出 哲也, 北沢 馨
The Japanese Journal of Veterinary Science   52(4) 851-853   1990年8月
内田 佳子, 中出 哲也, 北澤 馨
The Japanese Journal of Veterinary Science   52(4) 851-853   1990年
UCHIDA Y, NAKADE T, KITAZAWA K
The Japanese Journal of Veterimary Science   52(2) 415-417   1990年
内田 佳子, 井出 治, 渡辺 良巳, 中出 哲也, 北澤 馨, 大友 勘十郎
獣医麻酔外科学雑誌   21(4) 79-83   1990年
TAKAHASHI K, MIYAGAWA K, ABE S, KUROSAWA T, SONODA M, NAKADE T, NAGAHATA H, NODA H, ISOGAI E
The Japanese Journal of Veterinary Science   49(4) 733-736   1987年
福島 慎治, 青砥 幸代, 河田 啓一郎, 中尾 敏彦, 森好 政晴, 黒沢 隆, 中出 哲也
家畜繁殖学雑誌   31(2) 57-62   1985年
犬のBabesia gibsoni感染性に対する数種の抗原虫剤の治療効果
日本獣医師会雑誌   37(4) 203-207   1984年

Misc

 
【部位別の基本描出シリーズ】 腹部編 肝臓 MRI検査
中出 哲也, 堀 あい, 米富 大祐, 三好 健二郎
伴侶動物画像診断   1(1) 95-103   2016年10月
【X線で心臓を診る】 (Chapter2)透視X線検査・造影X線検査
中出 哲也
Veterinary Circulation   4(1) 46-51   2015年2月
髄膜腫と悪性組織球症
中出哲也
Small Animal Clinic   (162) 18-21   2011年
壊死性髄膜脳炎における脳脊髄液中の蛋白質解析
中村晃三,三好健二郎,森本陽美記,野村幸子,横田 博,中出哲也
JVM   63(9) 735-737   2010年9月
壊死性髄膜脳炎(NME)は小型犬が罹患する特発性炎症性疾患であり、近年の報告から自己免疫疾患の可能性が高いとされている。今回、NMEの病態把握を目的として臨床的にNMEを強く疑った症例の脳脊髄液を二次元電気泳動(2DE)とマトリクス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析器で分析し、健常犬との比較を行った。その結果、症例犬では健常犬と比較して全体的にスポットが明瞭にみられた。発現が多かったもののうち、今回同定できた4つの蛋白質は神経特異エノラーゼ、アポリポプロテインA-IV、アポリポプロ...
今さら人に聞けない 乳牛・肉牛のエコー診断とその実践 超音波の助けを借りたい症例 胸部で拍水音が聴取された子牛
黒澤 隆, 中出 哲也
臨床獣医   27(1) 31-36   2009年1月
Q&Aシリーズ 画像診断 胸部編 縦隔変位 気胸を疑う前に
華園 究, 中出 哲也
CLINIC NOTE   4(11) 65-71   2008年11月
Q&Aシリーズ 画像診断 胸部編 胸腔内の不透過性亢進陰影 どこに病変があるの?
華園 究, 中出 哲也
CLINIC NOTE   4(6) 39-45   2008年6月
画像診断 胸部編 注意すべき胸腔内の不透過性亢進像
華園 究, 中出 哲也
CLINIC NOTE   4(4) 41-49   2008年4月
画像診断 胸部編 胸部X線写真読影の基礎と胸腔外の異常所見
華園 究, 中出 哲也
CLINIC NOTE   4(1) 71-78   2008年1月
縦隔変位 気胸を疑う前に
華園 究、中出哲也
CLINIC NOTE   (40) 65-71   2008年
胸腔内の不透過性亢進陰影どこに病変があるの?
華園 究、中出哲也
CLINIC NOTE   (35) 39-45   2008年
注意すべき胸腔内の不透過性亢進像
華園 究、中出哲也
CLINIC NOTE   (33) 41-49   2008年
胸部X線写真読影の基礎と胸腔外の異常所見
華園 究、中出哲也
CLINIC NOTE   (30) 71-78   2008年
次世代の画像解析ソフトウェア 獣医臨床における3D-CTによる画像診断の有用性
中出 哲也, 嶋崎 等, 加藤 みづほ
INNERVISION   20(7付録) 10-11   2005年5月
人工ECMの幾何学:チタンウェブ3次元構造体とチタン球状粒子集合体への骨進入機構の比較
久保木芳徳、中出哲也、江頭奈々、神保達也、 吉本良太、河東秀貴、塩田博之、関康夫、董莉、尾坂明義、都留寛治
顎顔面バイオメカニクス学会誌   第11巻1号    2005年
次世代の画像解析ソフトウェア 獣医臨床における3D-CTによる画像診断の有用性
中出 哲也, 嶋崎 等, 加藤 みづほ
INNERVISION   19(9) 118-119   2004年8月
犬における歯周病に対する塩酸クリンダマイシン経口投与剤の臨床的効果
中出 哲也,横山 滋,網本 昭輝,幅田 功,藤田 桂一,安田英巳,花澤 豊次,松尾 直樹,山崎 剛,山下 時明,立花 徹,前谷茂樹,井関敦公,川名 友巳,小林 なぎさ,中台 共美,高井 光一,奥村 融,和田 直子,三高 正,藤井 武
動物用抗菌剤研究会会報   (26) 45-51.   2004年
獣医臨床における3D-CTによる画像診断の有用性
インナービジョン   19巻9号118-119.    2004年
牛の内科実習 子牛の中耳・内耳炎
初谷 敦, 小岩 政照, 坂田 貴洋, 田口 清, 中出 哲也
臨床獣医   20(8) 66-69   2002年7月
犬の水頭症と側脳室拡張は関連があるか?
宇塚 雄次, 紀井 幸恵, 中出 哲也
Small Animal Medicine   3, 71-76(2) 71-76   2001年4月
北海道宮島沼におけるマレック病感染マガン
Zoo and Wildlife News   No. 13, 28-29    2001年
酪農学園大学附属動物病院1998年度CT使用状況
泉澤 康晴, 山下 和人, 中出 哲也, 内田 英二, 小池 政紀, 賀川 由美子, 都築 圭子, 三好 健二郎, 岩崎 健, 内田 佳子, 新山 雅美, 小谷 忠生
北海道獣医師会雑誌   43(4) 88-91   1999年4月
Pathological Study on Idiopathic Acinar Atrophy of the Pancreas in a Dog
Journal of Rakuno Gakuen University   11(2) 419-422   1986年
ホルスタイン種雌育成牛群に集団発生した乾草による硝酸塩中毒例
酪農学園大学紀要   11(2) 361-370   1986年
ホルスタイン雌子牛にみられた完全大血管転位の一症例
中出 哲也, 其田 三夫, 高橋 清志
酪農学園大学紀要   10(1) 121-128   1983年10月
牛の特発性うっ血型心筋症1例の臨床学的観察 強心・利尿薬による治療経験
黒沢 隆, 菅井 竜, 中出 哲也
臨床獣医   1(2) 67-71   1983年9月

書籍等出版物

 
Ducks, Habitat, Behavior and Diseases, Recent viral diseases of Japanese anatid with a fatal caseof Marek's disease in an endangered species, white-fronted goose (Anser albifrons). (Hambrick, J. and Gammon, L. T. Eds.)
中出 哲也 (担当:共著)
Nova Science Publishers   2010年9月   
犬と猫の腹部画像診断マニュアル
学窓社   2010年   
野生動物のレスキューマニュアル
文永堂出版   2006年   
ヒルズクリニカルケースレポート2004 歯周病
日本ヒルズ・コルゲート株式会社   2005年   
犬猫の内科・外科ブラッシュ・アップテスト
アニマル・メディア社   2002年   
牛の臨床
ディリーマン社   2002年   
小動物デンタルクリニック
文永堂出版   1993年   
小動物臨床の実際Ⅸ(下)
中出 哲也 (担当:共著)
医歯薬出版   1989年10月   
早わかり犬と猫の臨床
中出 哲也 (担当:共著)
文永堂   1986年5月   
猫の臨床
ディーリィマン社   1985年   

講演・口頭発表等

 
肝腫瘤性病変の画像診断
中出 哲也, 堀 あい, 米富 大祐, 三好 健二郎
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月   
1.5テスラMRI装置による拡散テンソルTractographyを用いた犬の頭蓋内病変に対する有用性
三好 健二郎, 堀 あい, 中出 哲也
北海道獣医師会雑誌   2016年8月   
1.5テスラMRIにおける犬の脳脊髄液動態評価の試み
堀 あい, 三好 健二郎, 前谷 茂樹, 井尻 篤木, 峯岸 則之, 中出 哲也
北海道獣医師会雑誌   2016年8月   
肺循環優位相を加えた犬の胸部造影CT検査(RGUプロトコール)に対する再評価
Kravitz Alexandra, 三好 健二郎, 堀 あい, 松山 洋, 中出 哲也
日本獣医麻酔外科学雑誌   2016年6月   
犬におけるComputed tomography(CT)を用いた肝動脈描出と解剖学的評価
堀 あい, 三好 健二郎, 玉本 隆司, 手塚 光, 中出 哲也
日本獣医麻酔外科学雑誌   2015年12月   
アメロイド・コンストリクター設置術を行った門脈体循環シャントの回顧的研究
手塚 光, 堀 あい, 三好 健二郎, 中出 哲也
日本獣医画像診断学会抄録   2015年9月   
犬の門脈欠損症の3例
前谷 茂樹, 賀川 由美子, 中出 哲也
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2014年11月   
犬の高分化型肝細胞癌の1例
中出 哲也, 堀 あい, 打出 毅, 三好 健二郎, 前谷 茂樹, 木村 真, 賀川 由美子
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2014年11月   
犬の胸部造影CT検査における肺循環優位相撮影のための至適造影条件の検討
松山 洋, 三好 健二郎, 堀 あい, 中出 哲也
日本獣医画像診断学会抄録   2014年9月   
寒天ファントムを用いた犬の低電圧腹部造影CT撮影における造影剤ヨード投与総量の検討
朽津 舞, 三好 健二郎, 中野 有希子, 堀 あい, 中出 哲也
日本獣医画像診断学会抄録   2014年9月   
CT脳Perfusion Imagingを用いた麻酔下の犬における心拍出変化に対する脳血流量変化の検討
平山 将貴, 三好 健二郎, 堀 あい, 中出 哲也
日本獣医画像診断学会抄録   2014年9月   
犬のCT脳Perfusion Imagingにおける至適造影剤量と速度の検討
三好 健二郎, 黒岡 雷蔵, 平山 将貴, 堀 あい, 中出 哲也
日本獣医画像診断学会抄録   2014年9月   
続発性中枢性尿崩症が疑われた犬の1例
熊澤 りえ, 玉本 隆司, 藤崎 雄介, 堀 あい, 福本 真也, 三好 健二郎, 中出 哲也, 打出 毅
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
犬人工透析におけるメシル酸ナファモスタットの有用性
福本 真也, 坂口 鷹子, 熊澤 りえ, 藤崎 雄介, 田村 純, 堀 あい, 中出 哲也, 山下 和人, 打出 毅
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
ネコ肝内動脈門脈瘻の1例
服部 花奈子, 三好 健二郎, 堀 あい, 藤崎 雄介, 打出 毅, 棚田 敦司, 中出 哲也
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
MRIによる孔脳症と海馬萎縮との関連
堀 あい, 三好 健二郎, 華園 究, 前谷 茂樹, 井尻 篤木, 峯岸 則之, 中出 哲也
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
Computed tomography(CT)検査による馬の口蓋破裂診断
齋藤 由美子, 三好 健二郎, 川本 哲, 鈴木 一由, 堀 あい, 山中 俊嗣, 中出 哲也
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
ポリアクシャルスクリューを用いて腫瘍脊椎骨全切除術(TES)を行った、ミニチュアダックスの1例
井尻 篤木, 吉木 健, 坪井 穏佳, 柴崎 彩美, 杉江 勇二, 藤林 俊介, 中出 哲也
獣医麻酔外科学雑誌   2014年6月   
頸椎の多発性疾患に対する減圧術において、既成型Fusion spacerを用いた症例の検討
井尻 篤木, 吉木 健, 坪井 穏佳, 柴橋 彩美, 杉江 勇二, 秋吉 秀保, 大橋 文人, 中出 哲也
獣医麻酔外科学雑誌   2013年12月   
無線LANを活用した画像診断教育システム
中出 哲也, 三好 健二郎, 堀 あい, 島田 隆正
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2013年11月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
家畜疾病の統計学的解析:遺伝病が疑われる疾病の血統ならびに分子生物学的研究
1998年 - 2000年
ラジオ波を用いた肝臓腫瘍の治療に関する基礎研究
2003年
犬の歯周病に対するアンチローブの効果および安全性
2003年
伴侶動物に対する電気刺激に関する研究
2004年 - 2005年
塩酸クリンダマイシンによる犬の歯槽膿漏に対する効果
1994年

競争的資金等の研究課題

 
BSE血液中に逸脱する神経蛋白質と重金属の病態発症過程での役割と生前診断
科学研究費: 基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 横田 博
小動物のIVR(インターベンショナルラジオロジー)
受託研究
研究期間: 2004年   
性腺腫瘍におけるインヒビンの分泌と機能発現の解明
科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 谷山弘行
家畜疾病の統計学的解析:遺伝病が疑われる疾病の血統ならびに分子生物学的研究
畜産技術協会: 
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 中出 哲也
牛の先天性心奇形に関する研究
北海道科学研究費: 
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 中出 哲也
小動物のCT.MRI,超音波の画像診断
共同研究
研究期間: 1999年   
小動物の心不全に関する研究
北海道科学研究費: 
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 中出 哲也
栗林育英学術財団
栗林育英学術財団: 
研究期間: 1991年4月 - 1992年3月    代表者: 中出 哲也
牛の先天的心奇形の臨床ならびに病理学的研究
科学研究費: 奨励研究A
研究期間: 1990年4月 - 1991年3月    代表者: 中出 哲也
獣医画像診断に関する研究
共同研究
研究期間: 1983年   
動物の心臓疾患に関する研究
共同研究
研究期間: 1983年