新庄 勝美

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/09 15:43
 
アバター
研究者氏名
新庄 勝美
 
シンジョウ カツミ
所属
苫小牧駒澤大学
部署
国際文化学部キャリア創造学科
職名
教授
学位
政治学修士(早稲田大学), 博士(政治学)(明治大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
明治大学 政治経済学研究科 政治学
 

論文

 
隘路に立つ日本国憲法の改正-緊急権制度に焦点を当てて
新庄 勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (第40号) 19-32   2015年3月
憲法改正を問い直す-憲法審査会は日本国憲法の改正作業に着手したのか
新庄 勝美
道都大学紀要社会福祉学部   (第39号) 15-30   2014年3月
憲法改正について再検討する-日本国憲法の根本的変革は必要なのか
新庄 勝美
道都大学紀要社会福祉学部   (第38号) 15-30   2013年3月
「統帥権」への謂れなき誤解との訣別-日本の国内政治におけるこの言葉の政治的および法的役割について
新庄 勝美
道都大学紀要社会福祉学部   (第37号) 29-42   2012年3月
1889年帝国憲法の公布-立憲主義時代の開幕に向けて
新庄 勝美
道都大学紀要社会福祉学部   (第36号) 1-16   2011年3月
幻想に彩られた明治憲法の来歴(Ⅶ)-憲法草案起草過程における西欧立憲主義の受容(3)
新庄 勝美
道都大学紀要社会福祉学部   (第35号) 1-11   2010年3月
立憲主義の再構築に向けて-現代リベラリズムの吟味のために-
新庄勝美
憲法研究   (41) 75-95   2009年   [査読有り]
幻想に彩られた明治憲法の来歴(Ⅵ) -憲法草案起草過程における西欧立憲主義の受容(その2)-
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (34) 1-10   2009年3月
幻想に彩られた明治憲法の来歴(Ⅴ) -憲法草案起草過程における西欧立憲主義の受容(その1)-
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (33) 1-13   2008年3月
幻想に彩られた明治憲法の来歴(Ⅳ) -政府による制憲作業に向けて-
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (32) 1-13   2007年3月
幻想に採られた明治憲法の来歴(Ⅲ)―時代の「大勢」と新政府の制度機構の整備―
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (31) 1-15   2006年3月
幻想に採られた明治憲法の来歴(Ⅱ)―「将軍」の能力とクーデターによる王政復古―
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (30) 1-16   2004年12月
幻想に彩られた明治憲法の来歴(序説)-日本における立憲政体の創設に関して-
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (29) 1-11   2003年12月
「権利言説」再検討-「自己決定」概念の幻想をめぐって-
新庄勝美
憲法研究   (34) 1-11   2002年5月   [査読有り]
20世紀における国民国家の危機と争点-現代日本政治体制研究試論-
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (19) 25-41   1996年12月
リベラリズムのイデオロギー的展望
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (16) 61-73   1993年
現代国家の倫理と「社会的正義」
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (14) 85-102   1991年12月
リベラリズムの試みと現代の国家状況
新庄勝美
明治大学『政経論叢』   58(3-4) 207-230   1989年9月
リベラリズムの諸相と現代国家
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (11) 97-114   1988年12月
共産党の組織構造とその起源
新庄勝美
道都大学紀要 社会福祉学部   (9) 41-57   1986年

書籍等出版物

 
明治憲法への「謂れなき」誤解と訣別するために-賢しらな憲法アプローチ批判序説
新庄 勝美 (担当:分担執筆)
成文堂   2010年10月   
現代リベラルデモクラシー批判序説-現代民主政国家の構造上の特性とリベラリズムの隘路-
新庄勝美
信山社   2001年6月   
ミッテラン大統領在任下における「政権交代」の来歴とその意味
新庄勝美 (担当:分担執筆)
成蹊堂   1999年7月   

Works

 
行政課課としての軽費老人ホームA型-芦別市軽費老人ホームA型建設計画に関する調査報告-
1984年

競争的資金等の研究課題

 
立憲主義ないしリベラリズムに関する研究
フランス第五共和制の政治体制について
人権と民主政の相克に関する研究
研究期間: 2000年   
明治憲法制定過程論
研究期間: 2004年 - 2008年