丹野 孝一

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/30 14:52
 
アバター
研究者氏名
丹野 孝一
 
タンノ コウイチ
URL
http://www.tohoku-pharm.ac.jp/laboinf/lab_yakuri.html
所属
東北薬科大学
部署
薬学部 薬学科 薬理学教室
職名
教授
学位
博士(薬学)(東北薬科大学), 薬学修士(東北薬科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
2001年
東北薬科大学 助手
 
2001年
 - 
2005年
東北薬科大学 講師
 
2005年
 - 
2007年
東北薬科大学 助教授
 
2007年
 - 
2011年3月
- 東北薬科大学 准教授
 
2011年4月
 - 
現在
東北薬科大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東北薬科大学 薬学研究科 薬理学
 
 
 - 
1985年
東北薬科大学 薬学部 製薬
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本薬理学会  学術評議員
 

受賞

 
1995年
平成7年度日本薬学会東北支部奨励賞
 

Misc

 
Long-term feeding on powdered food causes hyperglycemia and signs of systemic illness in mice.
Life Sci.   103 8-14   2014年5月
Angiotensin (1-7) prevents angiotensin II-induced nociceptive behaviour via inhibition of p38 MAPK phosphorylation mediated through spinal Mas receptors in mice.
Eur. J. Pain   in press    2014年
Liver hydrolysate assists in the recovery from physical fatigue in a mouse model.
J. Pharmacol. Sci.   123 328-335   2013年11月
Influence of a long-term powdered diet on the social interaction test and dopaminergic systems in mice.
Neurochem. Int.   63 309-315   2013年10月
Angiotensin II produces nociceptive behavior through spinal AT1 receptor-mediated p38 mitogen-activated protein kinase activation in mice.
Mol. Pain   9 38   2013年7月

書籍等出版物

 
Aversive Response Produced by Intrathecal Injection of NMDA in Mice ; Effects of Substance P and 5-HT Antagonists
NPP Books, Michigan   1991年   
Spantide-Induced Antinociception in the Mouse Formalin Test
Elsevier Science Publishers B. V. , Amsterdam   1992年   

競争的資金等の研究課題

 
慢性疼痛における脊髄アンジオテンシン系の役割の解明:新規治療法の開発を目指して
日本学術振興会: 基盤研究 (C)
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 丹野 孝一
脊髄疼痛伝達機構におけるアンジオテンシンⅡの役割の解明
日本学術振興会: 基盤研究 (C)
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 中川西 修
慢性疼痛下におけるモルヒネ鎮痛耐性不形成メカニズムの解明
日本学術振興会: 基盤研究 (C)
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 丹野 孝一
慢性疼痛機構の解明:脊髄ダイノルフィン系と転写因子p53との相互連関からの検討
日本学術振興会: 基盤研究 (C)
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 丹野 孝一
ビッグダイノルフィンの痛覚異状に関する行動薬理学的および細胞・分子生物学的研究
日本学術振興会: 基盤研究 (C)
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 丹野孝一