青山 治城

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/26 18:12
 
アバター
研究者氏名
青山 治城
 
アオヤマ ハルキ
所属
神田外語大学
部署
外国語学部 一般教育科
職名
教授
学位
法学博士, 法学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1982年
筑波大学 社会科学研究科 法哲学
 
 
 - 
1977年
静岡大学 人文学部 法学
 

委員歴

 
1990年
   
 
日本現象学・社会科学会  委員
 

論文

 
「人間」と「尊厳」のパラドクス
青山 治城
ドイツ応用倫理学の総合的研究      2011年3月   [招待有り]
立憲主義と民主主義
青山 治城
法の理論   (27)    2008年10月
Die Selbstbeobachtung und Selbstbeschreibung bei Luhmann
青山 治城
フッサール研究   (第6号)    [招待有り]
憲法の最高法規性
青山 治城
法の理論   (28)    [招待有り]

Misc

 
現象学的法哲学の道-N.ルーマンのシステム理論に寄せて-
法哲学年報      1982年
社会・システム・理論
静岡大学哲学会研究紀要『文化と哲学』   3    1984年
正義と慈悲
モラロジー研究   17    1984年
女と男
モラロジー研究   22    1987年
「法の現象学」とは何か
情況   (9月)    1992年

書籍等出版物

 
理念の進化
N.ルーマン (担当:共訳)
新泉社   2017年4月   
デリダ、ルーマン後の正義論
G.トイプナー編 (担当:共訳)
新泉社   2014年4月   
なぜ人を殺してはいけないのか
青山 治城
法律文化社   2013年4月   
社会理論入門
N.luhmann (担当:共訳)
新泉社   2009年10月   
国際社会とは何か
『グローカリゼーション』 (担当:共著)
2009年4月   

競争的資金等の研究課題

 
法哲学方法論
個人と共同体(人間の社会性)
グローバル・エシックス確立のための理論的研究
新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業
研究期間: 2003年 - 2007年
ジェンダーと法 グローバル・エシックスと国際法