須貝 威

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
須貝 威
 
スガイ タケシ
eメール
sugaipha.keio.ac.jp
URL
http://www.pha.keio.ac.jp/laboratory/laboratory01.html
所属
慶應義塾大学
部署
薬学部薬科学科
職名
教授
学位
農学 (東京大学)
科研費研究者番号
60171120

研究分野

 
 

経歴

 
1984年4月
 - 
1988年3月
東京大学農学部文部教官助手
 
1988年4月
 - 
1993年3月
慶應義塾大学(理工学部)、助手
 
1991年8月
 - 
1992年9月
Scripps研究所、研究員を兼務
 
1993年4月
 - 
1997年3月
慶應義塾大学(理工学部)、専任講師
 
1994年10月
 - 
1995年3月
茨城大学大学院(生物化学工学特別講義)、非常勤講師
 

委員歴

 
2004年4月
   
 
日本化学会  化学教育協議会大学入試21WG委員
 
2001年3月
   
 
日本農芸化学会  日本農芸化学会誌編集幹事
 
1999年4月
   
 
日本糖質学会  評議員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
日本農芸化学会  2003年大会(東京)化学と生物国際シンポジウム世話人
 
2002年3月
 - 
2002年10月
日本農芸化学会  関東支部大会・シンポジウム実行委員長
 

受賞

 
2000年6月
Department of Environmental Protection, USA, Presidential 2000 Green Chemistry Challenge Award, as a co-recipient of the honoring C.-H. Wong
受賞者: Takeshi Sugai
 
1994年4月
日本農芸化学会 農芸化学奨励賞 生体触媒を利用する不斉合成と物質生産への応用
 

論文

 
Synthesis of linezolid metabolites PNU-142300 and PNU-142586 toward the exploration of metabolite-related events
K. Hanaya, K. Matsumoto, Y. Yokoyama, J. Kizu, M. Shoji, T. Sugai
Chem. Pharm. Bull.   65 194-199   2017年2月   [査読有り]
H. Okazaki, Y. Ueda, K. Hanaya, M. Shoji, T. Sugai
Heterocycles      2016年11月   [査読有り]
Simple Synthesis of Sakuranetin and Selinone via a Common Intermediate, Utilizing Complementary Regioselectivity in the Deacetylation of Naringenin Triacetate
Y. Yamashita, K. Hanaya, M. Shoji, and T. Sugai
Chem. Pharm. Bull.   64 961-965   2016年8月   [査読有り]
Ex Situ Enantioconvergent Approaches for the Effective Use of Undesired Isomers: Stereochemical Convergence of a Substrate with Multiple Chiral Centers and Recycling of a Decarboxylated Byproduct
Y. Yamashita, T. Kurihara, T. Horiguchi, A. Miki, M. Shoji, T. Sugai, and K. Hanaya
Synthesis   48 2191-2200   2016年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
“Comprehensive Organic Synthesis II (Second Edition) Volume 2: Additions to C–X Π-Bonds, Part 2”
T. Sugai, K. Fushuku (担当:共著, 範囲:512–522)
P. Knochel, G. A. Molander, eds., pp, 512–522, Elsevier   2014年1月   
Practical Methods for Biocatalysis and Biotransformations
T. Sugai, A. Fujino, H. Yamaguchi, M. Ikunaka (担当:共著, 範囲:190-198)
J. Whittal, P. W. Sutton, eds., Wiley   2009年12月   
Glycoscience: Chemistry and Chemical Biology
T. Sugai, T. Kajimoto (担当:共著, 範囲:907-1021)
Springer-Verlag GmbH, Berlin Heidelberg New York (B. O. Fraser-Reid, K. Tatsuta, J. Thiem eds.)   2001年12月   
単糖類の化学・酵素合成における最近の進歩について解説した。
Enzymes in Nonaqueous Solvents; Methods and Protocols, Methods in Biotechnology
Springer   2001年10月   
界面バイオリアクターを用いる、微生物物質変換反応について著者らの成果を中心に解説した。
Stereoselective Biocatalysis Handbook
H. Ohta, T. Sugai (担当:共著, 範囲:487-526)
Marcel Dekker, New York (Patel, R. A., ed.)   2000年1月   
酵素触媒を用いた脱炭酸反応の、有機合成化学における利用について解説した。

講演・口頭発表等

 
The Complementary and Integrated Chemo-enzymatic Processes for Fine Chemical Syntheses (Invited Lecture) [招待有り]
T. Sugai, Y. Yamashita, Y. Niitsu, M. Hamada, C. Hiraoka, T. Higashi, M. Shoji
The 14th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering   2012年2月23日   
カルバ糖およびDHMEQを題材に、リパーゼによる位置および立体選択的変換について最新の成果を報告した。
Chemo-enzymatic approaches towards both enatiomers of dehydroxymethylepoxy-quinomicin (DHMEQ) (Selected Oral Presentation)
T. Sugai, C. Hiraoka, M. Hamada, Y. Niitsu, R. Kobayashi, K. Nakagawara, T. Seki, M. Suzuki, Y. Yamashita, T. Higashi, M. Shoji, K. Umezawa
10th International Symposium on Biocatalysis and Biotransformations   2011年10月6日   
DHMEQを題材に、リパーゼによる位置および立体選択的変換について最新の成果を報告した。
Regio- and stereoselective lipase-catalyzed reactions on sugars and carbasugars (Invited Lecture) [招待有り]
M. Hamada, Y. Ueda, N. Chishima, J. Calveras, T. Higashi, M. Shoji, T. Sugai
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2010年12月19日   
glucal誘導体およびカルバ糖、さらにはDHMEQを題材に、リパーゼによる位置および立体選択的変換について最新の成果を報告した。
Recognition of Remote Chiral Centers in the Course of Lipase-Catalyzed Resolution and Its Application to Both Enantiomers of TBMB Acid (Invited Lecture) [招待有り]
T. Sugai
BIT's Inaugural Symposium on Enzymes & Biocatalysis   2010年4月24日   
TBMBカルボン酸を題材に、リパーゼによる遠隔不斉中心立体認識、微生物不斉還元と化学合成を組み合わせる手法について概説した。
Towards the bioactive substances based on B. subtilis epoxide hydrolase-catalyzed kinetic resolution (Invited Lecture) [招待有り]
T. Sugai
4th KEIO LCC - Yonsei CBMH Joint Symposium 2008   2008年9月17日   
エポキシドヒドロラーゼを基盤とするラセミ体エポキシドの光学分割、ニトリルヒドラターゼやリパーゼと組み合わせた、生物活性物質合成への展開について紹介した。