坂井 建雄

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/01 15:27
 
アバター
研究者氏名
坂井 建雄
 
サカイ タツオ
所属
順天堂大学大学院 医学研究科
部署
解剖学・生体構造科学
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)

プロフィール

解剖学を原点として、①腎臓と血管・間質の細胞生物学、②人体解剖と献体の普及と啓発、③解剖学と医学の歴史、の3つの方向で研究と著作の執筆を行っています。人体内部のミクロの構造でも、人体という肉眼的な構造でも、社会という空間的な広がりや歴史という時間的な広がりの中でも、多くの事物を観察して情報を集め、その中から事実をよりよく理解できる視点と表現を見つけ出すことが、解剖学の真髄だと思っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1978年4月
 - 
1986年6月
東京大学医学部解剖学教室 助手
 
1986年7月
 - 
1990年4月
東京大学医学部解剖学教室 助教授
 
1990年5月
 - 
現在
順天堂大学医学部解剖学・生体構造科学(解剖学第1講座) 教授
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1978年3月
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2012年6月
 - 
現在
日本医学教育学会  基礎医学生命科学委員会副委員長
 
2006年5月
 - 
現在
日本医史学会  編集委員長
 
2004年4月
 - 
現在
日本解剖学会  用語委員会委員長
 
2002年4月
 - 
現在
日本医学会  医学用語管理委員会委員
 
2011年10月
 - 
2013年10月
厚生労働省  医道審議会専門委員
 

受賞

 
2004年5月
日本医史学会 学術奨励賞 ガレノス『神経の解剖について』
受賞者: 坂井建雄、池田黎太郎、月澤美代子
 
2009年6月
日本医史学会 矢数医史学賞 人体観の歴史
 

論文

 
Fukuda H, Hidaka T, Takagi-Akiba M, Ichimura K, Oliva Trejo JA, Sasaki Y, Wang J, Sakai T, Asanuma K, Tomino Y
Cell and tissue research   360(2) 391-400   2015年5月   [査読有り]
Ichimura K, Miyazaki N, Sadayama S, Murata K, Koike M, Nakamura K, Ohta K, Sakai T
Scientific reports   5 8993   2015年3月   [査読有り]
Hayashi A, Labbé D, Natori Y, Yoshizawa H, Kudo H, Sakai T, Mizuno H
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS   68(1) 63-70   2015年1月   [査読有り]
ニコラウス・ステノによる筋の幾何学的記述─17世紀における筋運動の探求
安西なつめ; 澤井直; 坂井建雄
日本医史学雑誌   60 21-35   2014年   [査読有り]
進化した哺乳類の腎
坂井建雄
医学のあゆみ   249 1003-1009   2014年   [招待有り]
医学史における腎臓観の変遷
坂井建雄
腎臓   37 182-186   2014年   [招待有り]
Nakamura T, Takagi S, Matsumoto M, Tashiro F, Sakai T, Ichimura K
Acta histochemica et cytochemica   47(6) 303-310   2014年   [査読有り]
Sakai T, Hosoyamada Y
The journal of physiological sciences : JPS   63(5) 319-331   2013年9月   [査読有り]
Ichimura K, Powell R, Nakamura T, Kurihara H, Sakai T, Obara T
Physiological reports   1(3)    2013年8月   [査読有り]
Ichimura K, Fukuyo Y, Nakamura T, Powell R, Sakai T, Janknecht R, Obara T
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   61(4) 313-324   2013年4月   [査読有り]

Misc

 
ダニエル・ゼンネルト(1572-1637)の書誌
坂井建雄; 澤井直
日本医史学雑誌   59 587-610   2013年   [査読有り]
尿細管・間質の構造と機能.
坂井建雄
腎と透析   71 13-16   2011年   [依頼有り]
木口木版画による解剖図.
坂井建雄
図書   720 26-29   2009年   [依頼有り]
魯迅が「藤野先生」に書かなかったこと.
坂井建雄
図書   707 6-12   2008年   [依頼有り]
魯迅医学筆記から読み解く『藤野先生』.
坂井建雄
季刊中国   35 54   2007年   [依頼有り]
腎臓の老化とは何か―形態学的にみた腎臓の加齢変化―.
市村浩一郎; 坂井建雄
腎と透析   60 971-975   2006年   [依頼有り]
糸球体基底膜.
坂井建雄
日本臨床   64 suppl 2 79-83   2006年   [依頼有り]
臓器重量.
坂井建雄; 小泉憲司
小児科   46別冊 42-44   2005年   [依頼有り]
糸球体上皮細胞の構造――足の裏からみた形態学的変化.
坂井建雄
日本臨床   62 1770-1772   2004年   [依頼有り]
医学と解剖学の歴史をめぐって.
坂井建雄
しののめ医学会誌   27 47-53   2003年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
MRI断層解剖アトラス. 第2版
坂井建雄; 新津守 (担当:共著)
日本医事新報社   2014年12月   
やさしくわかる子供の医学 人体のおはなし365
坂井建雄 (担当:監修)
ナツメ社   2014年4月   
人体(ポプラディア大図鑑WONDA)
坂井建雄 (担当:監修)
ポプラ社   2014年3月   
図説 人体イメージの変遷
坂井 建雄
岩波書店   2014年3月   
系統看護学講座 専門基礎分野 人体の構造と機能[1] 解剖生理学. 第9版
坂井建雄; 岡田隆夫 (担当:共著)
医学書院   2014年1月   
プロメテウス解剖学アトラス 頭頸部/神経解剖. 第2版
坂井建雄; 河田光博 (監訳) (担当:監修)
医学書院   2014年1月   
図解 解剖学事典 第3版
山田英智 (監訳); 石川春律; 廣澤一成; 坂井建雄 (訳) (担当:共訳)
医学書院   2013年11月   
腎臓のはなし―130グラムの臓器の大きな役割
坂井建雄
中央公論新社   2013年4月   ISBN:978-4121022141
解剖実習カラーテキスト
坂井建雄
医学書院   2013年3月   ISBN:978-4260017022
解剖学はじめの一歩
坂井建雄
日本医事新報社   2013年2月   ISBN:978-4784932153

競争的資金等の研究課題

 
近代臨床医学成立過程における疾病概念の再構築に関する研究
文部科学省: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月       代表者: 坂井 建雄
日本の近代医学教育の独自性について歴史的視点からの研究
文部科学省: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 坂井 建雄
ネフローゼ発症に関わる糸球体構成細胞間シグナル伝達機構の解明
文部科学省: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 栗原 秀剛
魯迅『解剖学ノート』の解読に基づく、20世紀初頭の留学生教育に関する事例研究
文部科学省: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 島途 健一
ネフローゼの原因となる糸球体足細胞の機能不全を解析する新たなアプローチの開発
文部科学省: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 栗原 秀剛