荻野 弘之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/28 02:53
 
アバター
研究者氏名
荻野 弘之
 
オギノ ヒロユキ
eメール
h-oginosophia.ac.jp
所属
上智大学
部署
文学部哲学科
職名
教授
学位
文学士(東京大学), 文学修士(東京大学)
その他の所属
上智大学上智大学上智大学
科研費研究者番号
20177158

プロフィール

2000年4月-2001年3月:米国・カリフォルニア大学バークレー校古典学科 客員研究員(Visiting Scholar)
2003年8月-2003年9月:ドイツ・ボン大学欧州統合問題研究センター 上級所員(Senior Fellow)
2008年10月-2009年9月:英国・オクスフォード大学オリエル学寮 客員学寮員(Visiting Fellow)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
東京大学教養学部 助手
 
1986年4月
 - 
1987年3月
専修大学 非常勤講師
 
1988年4月
 - 
1991年3月
東京女子大学 専任講師
 
1991年4月
 - 
1992年3月
東京女子大学 助教授
 
1992年4月
 - 
2000年3月
東京女子大学 非常勤講師
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1985年3月
東京大学 人文科学研究科 哲学専門課程
 

論文

 
Augustine on the Christian Justification of Violence
OGINO HIROYUKI
Menschenrechte, Kulturen und Gewalt : Ansätze einer interkulturellen Ethik (Schriften des Zentrum für Europäische Integrationsforschung, Center for European Integration Studies der Rheinischen Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn ; Bd. 64)   474   2005年
プラトンと「文字の弱さ」
荻野弘之
哲学科紀要   (30) 1-25   2004年3月
「至福の生」の記憶--アウグスティヌスにおける「真理の倫理学」の可能性
荻野弘之
哲学雑誌   118(790) 49-65   2003年9月
詩人のいない国--「詩人追放論」その問題の再定位のための試論
荻野弘之
哲学科紀要   (29) 1-24   2003年3月
アトランティスの夢を見たのは誰か-理想国家とコスモロジーの間-
荻野弘之
聖徳大学総合研究所・論叢   (4) 9-43   1997年3月

Misc

 
テクストとしてのギリシア哲学
荻野弘之
月刊デジタル百科   6月   1999年
ギリシア哲学の光と影(シンポジウム) (特集・ヨ-ロッパ思想の源流とギリシア哲学)
植田康夫 ; 菅野カーリン ; 荻野弘之 ; 森一郎 ; 伊藤笏康
ソフィア   47(2) 131-170   1998年6月
心の科学(シンポジウム) (情報化時代の知と心<特集>)
西川泰夫 ; 荻野弘之 ; 矢吹道郎 ; 泉邦寿 ; 鈴木邦夫
ソフィア   44(2) 123-157   1995年6月
哲学と弁論のあいだ
荻野 弘之
書簡 : キケロー選集14 月報12      2001年10月
実践に活かせる知性
荻野弘之
人間会議   (冬)    2006年12月

書籍等出版物

 
『哲学の饗宴 : ソクラテス・プラトン・アリストテレス』(NHKライブラリー, 158)
荻野 弘之
日本放送出版協会   2003年2月   ISBN:4140841583
『哲学の原風景 : 古代ギリシアの知恵とことば』(NHKライブラリー, 106)
荻野 弘之
日本放送出版協会(NHK出版)   1999年11月   ISBN:4140841060
『古代ギリシアの知恵とことば 下』 (NHKシリーズ, . NHK文化セミナー. 心の探究)
荻野 弘之
NHK出版   1997年7月   ISBN:4149102759
『古代ギリシアの知恵とことば 上』(NHK ブンカ セミナー . 心の探究)
荻野 弘之
NHK出版   1997年4月   ISBN:4149102740
『神秘の前に立つ人間 : キリスト教東方の霊性を拓く』
荻野 弘之 (担当:編者, 範囲:225)
新世社   2005年8月   ISBN:4883820726

競争的資金等の研究課題

 
西洋古典古代における「幸福」論の系譜
日本学術振興会: 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 荻野弘之
アリストテレス倫理学書の成立史及びヘレニズム時代への影響史
学術振興会: 
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 荻野弘之
「意志」と「自由」の概念をめぐる系譜学的研究
文部省科学研究費: 
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 荻野弘之
意味論・行為論の手法にもとづく自然神学の現代的再構成
研究期間: 1997年 - 1999年

その他

 
2017年6月
番組制作監修
「しくじり先生」TV朝日放映「しくじり偉人伝 ピタゴラス」
6/4(日)21:58-放送 5/20(土)収録
2017年6月
「哲人・ソクラテスとその弟子たちに学ぶ」
月刊『致知』2017年7月号(致知出版社) p.34-37
2014年12月
「最後の番頭」日誌
『井上忠先生追悼集』井上忠先生追悼集刊行委員会(代表・加藤信朗)
p.35-37