塩田 清二

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/16 14:42
 
アバター
研究者氏名
塩田 清二
 
シオダ セイジ
所属
星薬科大学
部署
先端生命科学研究所 生命科学先導研究センター ペプチド創薬研究室
職名
特任教授
学位
医学博士(昭和大学), 理学修士(新潟大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
星薬科大学 先端生命科学研究所 生命科学先導研究センター ペプチド創薬研究室 特任教授
 
2012年4月
 - 
2015年3月
昭和大学 医学部顕微解剖学部門 教授
 
1983年4月
 - 
1997年3月
昭和大学 医学部第一解剖教室 専任講師
 
2006年4月
 - 
2015年3月
昭和大学 富士吉田教育部 兼任教授
 
2001年9月
 - 
2015年3月
チューレン大学 医学部 兼任教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年5月
昭和大学 医学部 (医学博士) 
 
1974年4月
 - 
1976年3月
新潟大学 理学研究科 生物学 (理学修士)
 
1970年4月
 - 
1974年4月
早稲田大学 教育学部 生物学 (理学士)
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
日本糖尿病肥満動物学会  名誉会員
 
2015年
 - 
現在
日本統合医療学会  執行理事
 
2007年
 - 
現在
日本アロマセラピー学会  理事長
 
2006年
 - 
現在
Regulatory Peptides  国際学会理事
 
2000年
 - 
現在
日本アロマセラピー学会  評議員・理事
 
1999年
 - 
現在
日本肥満学会  評議員
 
1999年
 - 
現在
VIP/PACAP  国際学会理事
 
1997年
 - 
現在
日本組織細胞化学会  評議員
 
2014年
 - 
2015年
日本統合医療学会  副理事長
 
2009年
 - 
2015年
日本解剖学会  解剖学会誌編集委員
 
2007年
 - 
2015年
日本糖尿病肥満動物学会  評議員・常務理事
 
2005年
 - 
2015年
日本臨床分子形態学会  評議員
 
2000年
 - 
2015年
昭和医学会  評議員
 
1998年
 - 
2015年
日本解剖学会  評議員
 
2007年
 - 
2009年
日本解剖学会  海外交流委員会委員
 
2001年
 - 
2006年
日本解剖学会  教育委員会委員
 
2002年
 - 
2005年
日本臨床電子顕微鏡学会  評議員
 

受賞

 
2014年
日本糖尿病・肥満動物学会 米田賞
 

論文

 
2016 PACAP suppresses dry eye symptoms through stimulation of tear production.
Nakamachi T, Aizawa Y, Ohtaki H, Yofu S, Seki T, Endo K, Wada Y, Kagami N, Dohi K, Arata S, Hashimoto H, Shintani N, Baba A, Mark L, Kiss P, Farkas J, Reglodi D, Shioda S
Nature Commun      [査読有り]
Autonomic nervous system-mediated effects of galanin-like peptide on lipid metabolism in liver and adipose tissue.
Hirako S, Wada N, Takenoya F, Izumida Y, Kim HK, Matsumoto A, Okabe M, Suzuki M, Yamanaka S, Shioda S
2016 Scientific Reports   (6)    [査読有り]
2016Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) contributes to the proliferation of hematopoietic projenitor cells in murine bone marrow via PACAP-specific receptor.
Xu Z, Ohtaki H, Watanabe J, Miyamoto K, Murai N, Sasaki S, Matsumoto M, Hashimoto H, Hiraizumi Y, Numazawa S, Shioda S
Scientific Reports      [査読有り]
2016 AMPK-fatty acid oxidation in PVH neurons controls food selection behavior.
Okamoto S, Shiuchi T, Maejima Y, Kageyama H, Matsuo T, Kamijo M, Kyaw S, Lee S, Toda C, Saito K, Suzuki A, Foufelle F, Ferre P, Shioda S, Yada T, Minokoshi Y
Cell      [査読有り]
2013 Glycogen shortage during fasting triggers liver-brain-adipose neurocircurity to facilitate fat utilization.
Izumida Y, Yahagi N, Takeuchi Y, Nishi M, Shikama A, Takarada A, Masuda Y, Kubota M, Matsuzaka T, Nakagawa Y, Iizuka Y, Itaka K, Kataoka K, Shioda S, Niijima A, Yamada T, Katagiri H, Nagai R, Yamada N, Kadowaki T, Shimano H.
Nature Commun      [査読有り]
2011 Nonmyelinating Schwan cells in the mouse bone marrow niche maintain hematopoietic stem cell hibernation through TGF-beta signaling.
Yamazaki S, Ema H, Karlsson G, Yamaguchi T, Miyoshi H, Shioda S, Taketo MK, Karlsson S, Iwama A, Nakauchi H.
Cell   (147) 1146-1158   [査読有り]
2010 Identification of a new circuit involved in leptin signal
Date Y, Shimbara T, Koda S, Toshinai K, Ida T, Murakami N, Takenoya F, Kageyama H, Ueta Y, Cone R, Shioda S, Nakazato M.
Endocrinology   (151) 2200-2210   [査読有り]
2009 Hypothalamic orexin regulates muscle glucose via the sympathetic nervous system.
Shiuchi T, Haque MS, Suzuki A, Inoue T, Kageyama H, Bacman ES, Okamoto S, Lee-Inoue S, Toda C, Sakurai T, Kim YB, Shioda S, Imoto K, Minokoshi Y
Cell Metabolism   (10) 466-480   [査読有り]
2009 Ethanol induces holoprosencephaly by targeting sonic hedgehog in the prechordal plate.
Aoto K, Imai H, Tokunaga T, Shioda S, Motoyama J.
Develop Biol   (327) 106-120   [査読有り]
2009 Delivery of the neuroprotectant Pituitary adenylate cyclase- activating polypeptide to brain: identification and inhibition of brain-to blood efflux transporter.
J Cereb Blood Flow Metab   (25) 411-422   [査読有り]
2008 Human stem/progenitor cells from bone marrow (hMSCs) decrease neuronal death in global ischemia by modulation of the immune responses.
Ohtaki H, Ylostalo J, Foraker JE, Robinson AP, Reger RL, Shioda S, Prockop D.
Proc Natl Acad Sci   (105) 14638-14643   [査読有り]
2008 Neural correlates of noncanonical syntactic processing revealed by a picture-sentence matching task.
Kinno R, Kawamura M, Shioda S, Sakai KL.
Hum Brain Mapp   (29) 1015-1027   [査読有り]
2007 Novel neuroendocrine regulatory peptides, NERPs, discovered by secretopeptidome mining.
Yamaguchi H, Sasaki K, Satomi Y, Shimbara T, Saito T, Kageyama H, Mondal MS, Toshinai K, Date Y, Gonzalez LJ, Ueta Y, Shioda S, Takao T, Nakazato M, Minamino N
J Biol Chem   (4) 323-331   [査読有り]
2006 Peripheral ghrelin transmits starvation signals through the noradrenergic pathway from the hindbrain to the hypothalamus.
Date Y, Shimbara T, Koda S, Toshinai K, Ida T, Murakami N, Miyazato M, Kokame K, Ishizuka Y, Ishida Y, Guan JL, Kageyama H, Shioda S, Kangawa K, Nakazato M
Cell Metabolism   (4) 323-331   [査読有り]
2006 Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) decreases neuronal cell death after focal ischemia associated with interlerukin-6 (IL-6).
Ohtaki H, Nakamachi T, Aizawa Y, Dohi K, Hodoyama K, Yofu S, Takaki A, Hashimoto H, Shintani N, Baba A, Kopf M, Iwakura Y, Arimura A, Shioda S.
Proc Natl Acad Sci   (103) 7486-7493   [査読有り]
2006 Direct involvement of orexinergic system in the activation of mesolimbic dopamine pathway and its related behavior induced by morphine.
Narita M, Nagano Y, Hashimoto S, Narita M, Khotib J, Miyake M, Sakurai T, Nakamachi T, Shioda S, Suzuki T
J Neurosci   (26) 398-405   [査読有り]
2006 Neuronal damage in rat brain and spinal cord after cardiac arrest with massive hemorrhagic shock.
Kudo Y, Ohtaki H, Dohi K, Yin L, Nakamachi T, Endo S, Yofu S, Miyaoka H, Shioda S.
Crit Care Med   (34) 2820-2826   [査読有り]
2005 Neuronal inputs to orexin neurons revealed by genetically encoded tracer in mice.
Sakurai T, Nagata R, Yamanaka A, Mukai Y, Tsujino N, Kageyama H, Kawamura H, Koyama Y, Kunita S, Takahashi S, Shioda S, Yanagisawa M.
Neuron   (46) 297-308   [査読有り]

書籍等出版物

 
香りで脳活(ふくふく2016年3月号)
塩田 清二
いきいき株式会社   2016年3月   
13.摂食調整ペプチドによるエネルギー代謝調整の研究(生理学研究所年報第36巻)
自然科学研究機構   2016年1月   
心の病に向き合い85年 藤沢病院の庭づくり(BISES (No.99)  ガーデンセラピー
芸文社   2015年12月   
レモングラスで集中力・記憶力がアップ(安心 第33巻 第10号)
マキノ出版   2015年10月   
信州木曽路 セラピーの旅(BISES (No.98)  ガーデンセラピー)
芸文社   2015年10月   
アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版
株式会社メジカルビュー社   2015年9月   
世界をリードする日本のアロマ研究(BISES (No.97)  ガーデンセラピー)
芸文社   2015年8月   
Neuroanesthesia and Cerebrospinal Protection
Springer   2015年8月   
脳も体も元気にし認知症さえ寄せつけない香りの不思議な力(わかさ 第26巻 第9号)
わかさ出版   2015年7月   
世界初の桜の天然アロマ(BISES (No.96) ガーデンセラピー)
芸文社   2015年6月   
脳は「香り」で改善できる!(ふくふく 2015年4月号)
いきいき株式会社   2015年4月   
昆布水断食(からだにいいこと 2015年4月号 通巻122号)
祥伝社   2015年4月   
香りが早く効くメカニズム・女性に役立つ香りの5大効果(日経ヘルス 2015年4月号 No.205 (通巻217号))
日経BP社   2015年4月   
日本の森が秘める香りの力(BISES (No.95) ガーデンセラピー)
芸文社   2015年4月   
科学が証明する知られざる庭の効用(BISES (No.100) ガーデンセラピー)
芸文社   2015年2月   
Chapter 1 Anatomy of Adult Central Nervous Systems: structure, function of the brain and spinal cord
Springer Japan KK   2014年   
Chapter 119 – PACAP
Academic Press   2013年   
Morphological analysis of ghrelin neurons in the hypothalamus
2012年   
メディカルアロマセラピーの可能性と将来
2011年   
若さと健康は遺伝子から:Part4 核酸栄養研究のこれまでとこれから
産經新聞出版   2011年   
Brain Proteomics: Sample Preparation Techniques for the Analysis of Rat Brain Samples Using Mass Spectrometry
Springer   2011年   
Galanin-like peptide and the regulation of feeding behavior and energy metabolism
FEBS J   2010年   
Neuropeptide W: a key player in the homeostatic regulation of feeding and energy metabolism?
2010年   
Neuronal circuits involving ghrelin in the hypothalamus-mediated regulation of feeding
Neuropeptides   2010年   
治療の歴史
2010年   
神経ペプチドによる食欲・エネルギー代謝調節
日本顎口腔機能学会雑誌   2010年   
Expression and localization of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide(PACAP)specific receptor(PAC1R)after traumatic brain injury in mice
Springer   2009年   
Increased behavioral activity with regular circadian rhythm in PACAP specific receptor (PAC1) transgenic mice
Springer   2009年   
Activation of microglia induced learning and memory deficits
Springer   2009年   
The search for a fetal origin for autism: evidence of aberrant brain development in a rat model of autism produced by prenatal exposure to valproate
Springer   2009年   
Feeding regulation in the brain: role of Galanin-like peptide (GALP)
Springer   2009年   
Feeding regulation in the brain: Involvement of Neuropeptide W
Springer   2009年   
Regulation of energy homeostasis by GALP
Springer   2008年   
Functional analysis of GALP in feeding regulation
Springer   2008年   
Distribution and localization of Galanin-like peptide (GALP) in brain
Springer   2008年   
アロマセラピー標準テキスト 基礎編
丸善株式会社   2008年   
第4部 生物時計
塩田 清二 (担当:分担執筆, 範囲:56. 視床下部の神経接合- SCN との関係-)
朝倉書店   2008年   
神経細胞
実業之日本社   2008年   
リウマチ様関節炎
実業之日本社   2008年   
小児の摂食・嚥下リハビリテーション
医歯薬出版   2007年   
The surgical procedures of hippocampal ischemia models for the study of regeneration in rats
Springer-Verlag   2007年   
Does PACAP have therapeutic potential in the field of neuroregenerative medicine?
Springer-Verlag   2007年   
Involvement of β-isoform of PKC in PACAP-induced differentiation of neural stem cells into astrocytes
Springer-Verlag   2007年   
TNF-α mobilizes bone marrow derived cells to vascular wall, resulting in neointima formation through its inflammatory effects
Springer-Verlag   2007年   
Neurogenesis is toxicologically heterogeneous: a case of BrdU-induced cell death
Springer-Verlag   2006年   
Differentiation of neural stem cells into astrocytes by low concentration of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide(PACAP)
Springer-Verlag   2006年   
Levels of the alkoxy radical in patients with brain death
Springer-Verlag   2006年   
Engagement of proinflammatory cytokines after cerebral ischemia
Springer-Verlag   2006年   
Ultrastructural study of the demyelination of the white matter in the rat spinal cord after cardiac arrest and massive hemorrhagic shock
Springer-Verlag   2006年   
Search for genes involved central respiratory failure using mice models
Springer-Verlag   2006年   
In situ ハイブリダイゼーションの原理とトラブルシューティング
学際企画   2006年   
栄養学、代謝および肥満研究における遺伝子操作
建帛社   2005年   
Leptin, insulin and blood-brain barrier relations in obesity
Elsevier   2005年   
Suppresses oxygen free radicals in patients with neuroemergency
Springer-Verlag   2004年   
ケリー MRI 解剖学
丸善   2004年   
レプチン
建帛社   2003年   
第2章 細胞.カラー人体解剖学
塩田 清二 (担当:共訳)
西村書店   2003年   
第一章 組織学入門および基本手技
西村書店   2003年   
PACAP Receptor Signaling
Kluwer Academic Publications   2002年   
VIP & PACAP Receptors.
Oxford University Press   2002年   
Distributions of PACAP and their relation to neuro- and adeno-hypophysial hormones in the hypothalamo-pituitary region of a teleost, the Stargazer
Monduzzi Editore   2001年   
Fine surface structure of unfixed and hydrated macrophages observed by laser-plasma X-ray contact microscopy
2000年   
Plasma IL-6 and its pyrogenicity during noninflammatory stress
Elsevier Science B.V   1999年   
Effect of focal cerebral ischemia on nitric oxide synthase expression in rats
1998年   
Nicotineamide adenine dinucleotide diaphorase histochemical activity in the rat cerebral cortex following focal ischemia
1998年   
Catecholaminergic interactions in the hypothalamus
1986年   
Ultrastructural studies on the catecholamine-opioid peptide interactions in the rat hypothalamus
1986年   
Electron microscopic cytochemistry of the relationship between catecholaminergic and peptidergic neurons in the rat hypothalamus
1985年   
Monoamine-TRH interactions by means of simultaneous autoradiography and immunocytochemistry
1983年   
Nasal smears in the diagnosis of food allergy
1979年   
S-100B expression in neonatal rat cortical "Barrels" and thalamic "Barreloids"
Springer-Verlag   2006年   
食べ物で体の中から若返る!-注目の成分 核酸・核タンパク-
塩田 清二 (担当:分担執筆, 範囲:Part 5 医療への可能性)
主婦の友SSC   2009年   

講演・口頭発表等

 
東洋医学とアロマセラピー ー統合医療における役割ー
塩田 清二
予防医学医療臨床研究会   2015年12月13日   
香りはなぜ脳に効くのか~アロマセラピーと先端医療~
塩田 清二
昭和薬科大学 特別講義   2015年12月2日   
アロマセラピー学会から治療と予防医学
塩田 清二
日本アロマセラピー学会学術総会   2015年11月8日   
芳香療法による認知症の予防・改善について
塩田 清二
応用脳科学アカデミー   2015年10月5日   
アロマセラピーで生き生き健康
塩田 清二
日本緩和医療薬学会年会   2015年10月2日   
〈香り〉はなぜ脳に効くのか
塩田 清二
うつ病セミナー   2015年7月24日   
統合医療と健康長寿
塩田 清二
山梨ICT地産地消フォーラム   2015年7月17日   
神経ペプチドGALPによる摂食•エネルギー
塩田 清二
生活習慣病予防のための機能性食品開発に関する研究会   2015年6月26日   
芳香療法による認知症の予防・改善について
塩田 清二
アロマセラピーと認知症介護   2015年3月28日   
Autonomic nervous system-mediated effects of GALP on energy metabolism in liver
塩田 清二
日本薬理学会年会   2015年3月18日   
メディカル・アロマセラピーの現状と将来展望
塩田 清二
勉哲塾   2015年2月18日   
精油で女性ホルモンの分泌改善・医療現場の実際
塩田 清二
生活の木セミナー   

競争的資金等の研究課題

 
神経ペプチドによる脊髄損傷治療法の新戦略
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
ペプチド・タンパクの点鼻投与による神経疾患の予防・治療法の新戦略
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
神経損傷防御の基盤研究とトランスレーショナルリサーチ
基盤研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月
摂食・エネルギー代謝調節に関わる摂食調節ペプチドの機能形態学的解析
新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月
新規神経ペプチドGALPによる肥満克服の新戦略
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2009年 - 2011年
PACAPによる神経細胞死防御機構の解明と神経再生の分子基盤
基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年
遺伝子工学を用いた脳内摂食調節ニューロンネットワーク解析法の開発
萌芽研究
研究期間: 2007年 - 2008年
PACAPによる脳虚血障害保護機構
基盤研究(B)
研究期間: 2002年 - 2004年
遺伝子欠損マウスを用いた虚血性網膜神経細胞死におけるTNFαの機能解析
基盤研究(C)
研究期間: 1999年 - 2001年
PACAP受容体のバソプレシン分泌・合成制御機構
基盤研究(C)
研究期間: 1998年 - 1999年
遺伝子ターゲティング法を用いたPACAPによる神経細胞死抑制機構の解明
基盤研究(B)
研究期間: 1997年 - 1999年
In Situ PCR 法によるPACAPレセプターサブタイプの機能形態学的解析
萌芽研究
研究期間: 1996年 - 1996年
神経細胞死抑制因子としてのPACAP
基盤研究(B)
研究期間: 1996年 - 1997年
精子細胞の分化・成熟過程におけるPACAPの機能的意義
基盤研究(C)
研究期間: 1995年 - 1995年
三重免疫電顕法によるTRHニュ-ロンのNPY・カテコ-ルアミン共存性神経支配
基盤研究(C)
研究期間: 1990年 - 1990年

特許

 
特願2014-107962 : VPAC 1 受容体活性化剤及びドライマウスの予防薬または治療薬
塩田清二
特願2011-32506 : アミロイド線維の形成を伴う神経変性疾患の予防・改善薬
塩田 清二
特願2006-225219 : PACAPペプチドを含む眼科用剤
塩田 清二
特願2005-315166 : 関節リウマチ症予防のための栄養補助食品
塩田 清二
特願2005-130609 : 眼疾患治療剤
塩田 清二
特願2004-360255 : 遅発性神経細胞死を防御または救済するための薬剤および方法
塩田 清二
特願2003-77304 : NOラジカル消去剤
塩田 清二
2002-78189
特願2002-366637 : 細胞死抑制剤
塩田 清二