巻田 和男

J-GLOBALへ         更新日: 05/10/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
巻田 和男
 
マキタ カズオ
所属
拓殖大学
部署
工学部 共通教養系 基礎教育系列
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

受賞

 
1989年
田中館賞
 

Misc

 
ポーラーキャップ城における降下電子
拓殖大学研究年報   14    1988年
ゴッドハーブンで観測された高降変オーロラの特徴
拓殖大学工学部研究報告   3(4) 215   1992年
ウペルナビークにおけるポーラーキャップ・オーロラ観測
拓殖大学理工学研究報告   4(1) 80   1993年
南極・あすか観測拠点に於けるオーロラ観測
拓殖大学論集(202)人文・自然科学   1(1) 89   1993年
夕方側ディフューズオーロラの大きな波動に関する粒子シミレーション
地球物理学会誌(アメリカ)   98(4) 5785   1993年

Works

 
文部省・海外学術調査 グリーンランドにおけるオーロラ観測
1988年
第32次南極地域観測隊副隊長としてあすか観測拠点の隊長を1年間つとめる
1991年 - 1991年
国立極地研究所超高層部門客員教授
1993年 - 1994年
文部省・国際学術調査の助成によるブラジル磁気異常帯域での超高層現象の観測
1993年
文部省・国際学術調査の助成によるグリーンランドにおけるポーラーキャップオーロラ観測
1993年 - 1994年

競争的資金等の研究課題

 
極冠域オーロラの研究
研究期間: 1984年 - 1995年
ブラジル磁気異常帯域での超高層観測
研究期間: 1996年