矢永 誠人

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/30 02:53
 
アバター
研究者氏名
矢永 誠人
 
ヤナガ マコト
eメール
srmyanaipc.shizuoka.ac.jp
所属
静岡大学
部署
理学部 - 放射科学教育研究推進センター
職名
准教授
学位
理学博士(東京都立)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京都立大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1983年
東京都立大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2006年
 - 
2007年
日本放射線安全管理学会  学会誌編集委員
 

Misc

 
YANAGA M, ENDO K, NAKAHARA H, IKUTA S, MIURA T, TAKAHASHI M, TAKEDA M
Hyperfine Interactions   62(4) 359-372   1990年
121Sb M(]E88D8[)ssbauer Spectroscopic Study of a Series of Organoantimony(III) Compounds(共著)
Hyperfine Interactions   68 197-200   1991年
MIURA T, HATSUKAWA Y, YANAGA M, ENDO K, NAKAHARA H, FUJIOKA M, TANAKA E, HASHIZUME A
Hyperfine Interactions   30(4) 371-386   1986年
SUZUKI M, OSHIO H, UEHARA A, ENDO K, YANAGA M, KIDA S, SAITO K
Bulletin of the Chemical Society of Japan   61(11) 3907-3913   1988年

書籍等出版物

 
ラジオアイソトープの取扱いと放射線計測
矢永誠人,瓜谷眞裕,大矢恭久,大吉崇文,奥野健二 (担当:共著)
静岡学術出版   2012年12月   
静岡県における防災・減災と原子力
矢永誠人,東 侍郎,内ノ倉真吾,大矢恭久,奥野健二 (担当:共著)
静岡学術出版   2013年2月   
放射化学の事典
矢永 誠人,日本放射化学会編集 (担当:共著)
朝倉出版   2015年9月   
放射線計測と安全取扱
矢永誠人,瓜谷眞裕,大矢恭久,岡田利晴,大吉崇文 (担当:共著)
静岡学術出版   2016年8月   

講演・口頭発表等

 
PIXE法およびINAAによる亜鉛欠乏マウス臓器中の微量元素の分析
矢永誠人,下山弘高,田中宏宗,池田裕亮,秋葉慎一郎,世良耕一郎
第17&18回NMCC共同利用研究成果発表会   2012年5月   
亜鉛欠乏マウス精巣中における微量元素の定量およびタンパク質の変化
田中宏宗,下山弘高,秋葉慎一郎,池田裕亮,矢永誠人
2011日本放射化学会年会・第55回放射化学討論会   2011年9月   
福島第一原発から放出された放射性セシウムの形態
矢永誠人
日本放射線安全管理学会 第10回学術大会   2011年12月   
さまざまな汚染物からの除染例
矢永 誠人
日本放射線安全管理学会 6月シンポジウム「福島の早期復興に向けて」・日本放射線安全管理学会誌11巻2号(2012)   2012年6月   
土壌からの放射性セシウムの除去に関する試み
大石歩実,矢永誠人
2012日本放射化学会年会・第56回放射化学討論会   2012年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
食餌中の亜鉛不足による生体内金属タンパク質の変化
基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
生体内における亜鉛代用金属としてのコバルトの挙動
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
生体抽出液を用いた田畑の土壌からの放射性セシウムの除去と微量元素の損失防止
基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
レニウム錯体の配位子置換反応
基盤研究(C)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月