古川 安

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/02 03:09
 
アバター
研究者氏名
古川 安
 
フルカワ ヤス
eメール
furukawa.yasunihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生物資源科学部一般教養
職名
教授
学位
Ph.D.
科研費研究者番号
60181450

研究分野

 
 

経歴

 
1971年4月
 - 
1977年6月
帝人株式会社
 
1978年1月
 - 
1983年7月
オクラホマ大学助手
 
1985年4月
 - 
1988年3月
横浜商科大学助教授
 
1988年4月
 - 
1991年9月
東京電機大学工学部助教授
 
1991年10月
 - 
2004年3月
東京電機大学工学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
オクラホマ大学大学院 科学史課程 科学史
 

委員歴

 
2011年1月
   
 
化学史学会  会長
 
2003年9月
 - 
2007年7月
日本科学史学会  欧文誌編集委員長
 
1999年6月
   
 
化学史学会  副会長
 
1999年1月
 - 
2004年12月
化学史学会  編集委員長
 

受賞

 
2013年7月
化学史学会 化学史学会論文賞 喜多源逸と京都学派の形成
 
2005年3月
日本大学生物資源科学部学部長賞
 
2004年6月
化学史学会学術賞
 
2001年6月
日本産業技術史学会賞
 
1994年
東京電機大学論文賞
 

論文

 
燃料化学から量子化学へ:福井謙一と京都学派のもう一つの展開
古川安
化学史研究   第41(第4) 181-233   2014年12月   [査読有り]
フィッシャー・トロプシュ法による人造石油製造に関わる資料
第7回化学遺産市民公開講座講演資料   11-14   2013年3月
化学大家422 喜多源逸
和光純薬時報   80(3) 24-27   2012年7月
福井謙一に見る「逆方向の学び」と創造性
化学   67(7) 11   2012年7月   [査読有り]
繊維化学から高分子化学へ:桜田一郎と京都学派の展開
化学史研究   39(1) 1-40   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
現代科学史研究と史料探しの記
古川安
科学史研究   53(270) 161-167   2014年7月
フィッシャートロプシュ法による人造石油製造に関わる資料
化学と工業   66(7) 544−546   2013年7月   [査読有り]
福井謙一と日本の量子化学
古川安
化学史研究   40(2) 98-99   2013年6月   [査読有り][依頼有り]
エピソードでたどる科学の歴史
古川安
平成25年科学技術公開講座   1-9   2013年4月   [依頼有り]
フライブルク学派から京都学派へー稲垣博先生と私の科学史研究ー
古川安
稲垣博先生業績集   5-10   2013年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Inventing Polymer Science: Staudinger, Carothers, and theEmergence of Macromolecular Chemistry
Yasu Furukawa
1998年3月   
科学の社会史:ルネサンスから20世紀まで:増訂版
古川安
南窓社   2000年3月   
Chemical Sciences in the 20th Century: Bridging Boundaries
Yasu Furukawa/ Carsten Reinhardt et al.
2001年   
Cambridge History of Science 5: Modern Physical and Mathematical Sciences
Yasu Furukawa/ Mary Jo Nye et al.
2003年   
Science in the Twentieth Century
Yasu Furukawa/John Krige, Dominique Pestre et al. (担当:共著)
1997年10月   

講演・口頭発表等

 
分子科学への道ーー物理学と化学の界面ーー [招待有り]
古川安
2015年度化学史研究発表会   2015年7月5日   化学史学会
From Fuel Chemistry to Quantum Chemistry: Kenichi Fukui and the Rise of the Kyoto School
Yasu Furukawa
2015年3月4日   国際化学史ワークショップ委員会、化学史学会
Mary Jo Nye, A Career at the Center: Linus Pauling and the Transformation of the Chemical Science in the Twentieth Century [招待有り]
2015年3月3日   国際化学史ワークショップ委員会、化学史学会
Opening Address [招待有り]
Yasu Furukawa
2015年3月2日   国際化学史ワークショップ委員会、化学史学会
津田梅子と生物学 [招待有り]
古川安
津田梅子生誕150周年記念シンポジウム「海を航ってー梅子、捨松の先進性ー」   2014年10月12日   津田塾大学

担当経験のある科目