和田 直久

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/22 19:45
 
アバター
研究者氏名
和田 直久
 
ワダ ナオヒサ
URL
http://www2.toyo.ac.jp/~bhwada/
所属
東洋大学
部署
食環境科学部 食環境科学科
職名
教授
学位
理学博士(早稲田大学)

研究分野

 
 

論文

 
Time-resolved chemiluminescence of firefly luciferin generated by dissolving oxygen in deoxygenated dimethyl sulfoxide containing potassium t-butoxide
和田 直久 他4名
Biophysics and Physicobiology   12 69-78   2015年11月   [査読有り]
Full-Quantum Chemical Calculations of the Absorption Maxima of Oxyluciferin in the Catalytic Center of Firefly Luciferase Containing Adenosine Monophosphate
H. Sakai, N. Wada
Comput. Theoret. Chem.      2014年7月   [査読有り]
Emission Properties of Firefly Bioluminescence Studied by the Methods with Usual ATP Injection and Photolysis of Caged-ATP
Y. Yanagisawa, T. Kageyama, N. Wada, M. Tanaka and S. Ohno
LUMINESCENCE   29(Sup. 1) 103-103   2014年6月
Time Courses and Time-resolved Spectra of Firefly Bioluminescence Initiated by Two Methods of ATP Injection and Photolysis of Caged-ATP
和田 直久、横浜国立大学大学院 工学府 物理情報工学専攻 柳沢 他4名
Photochemistry and Photobiology      2013年8月
Extraction and purification of a luminiferous substance from the luminous mushroom Mycena chlorophos
N. Wada、S. Hayashi, R. Fukushima
BIOPHYSICS   8 111-114   2012年7月

書籍等出版物

 
基礎物理2
和田 直久、金原 矢口 馬場 江馬
実教出版   2006年10月   
レーヴン/ジョンソン 生物学〔上〕
和田 直久、R/J Biology 翻訳委員会
培風館   2006年4月   
The formation mechanism of the electronically excited substrate in firefly bioluminescence: Conversion of chemical energy into photons
和田 直久
In Recent progress of bio/ chemiluminescence and fluorescence analysis in photosynthesis, Naohisa Wada & Mamoru Mimuro(eds.)   2006年1月   

講演・口頭発表等

 
ルシフェラーゼの全原子を考慮したオキシルシフェリンの吸収ピークのpH依存性の研究
和田 直久 他2名
第54回日本生物物理学会年会   2016年11月26日   
Study of specific interactions of oxyluciferin with catalytic center of firefly luciferase by computational analysis of titration curves of its some amino acid residues
和田 直久 他2名
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月16日   
ホタルの発光に関与する酵素ルシフェラーゼの荷電性アミノ酸残基に対する滴定曲線の導出
和田 直久 他3名
第53回日本生物物理学会年会   2015年9月14日   
ATPのショット及びATPケージド化合物によるホタル発光スペクトル特性の研究
和田 直久
ISBC2014   2014年6月24日   
Quantum chemical calculation of the absorption spectra of oxyluciferin interacting with firefly luciferase
和田 直久、東北大流体研 酒井 博則
日本生物物理学会   2013年10月   

競争的資金等の研究課題

 
バイオ光デバイスを目指した発光関連タンパク質の荷電チューニング方式の開発
科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 田中 正俊
Si表面酸化層によるタンパク質の荷電チューニングとバイオデバイスへの応用
池谷科学技術振興財団
研究期間: 2008年 - 2008年
Caged化合物を用いた生物発光のリアルタイムバイオセンサーへの応用
科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 田中 正俊
呼吸/発光時間分解スペクトルの同時測定によるホタルの生物発光反応初期過程の解明
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 和田直久
ナノバイオエレクトロニクス教育研究の推進
横浜国立大学学長裁量経費
研究期間: 2005年 - 2005年

その他

 
2012年
食環境科学科の物理実験教材の開発
新たに食環境科学科向けの実験テーマを開発し実施している。
2009年
FD委員会
2009年
板倉図書館副館長
2008年
生物物理学会シンポジュウム(於福岡)
オーガナイザー
2007年
校友会学術研究奨励基金運営委員会