羽石 祐一

J-GLOBALへ         更新日: 15/02/06 15:52
 
アバター
研究者氏名
羽石 祐一
 
ハネイシ ユウイチ
所属
東京音楽大学
部署
音楽学部 音楽 一般教育
職名
准教授
学位
理学博士(日本大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
日本大学 物理学研究科 物理学
 
 
 - 
1981年
東海大学 理学部 物理学
 

論文

 
Backward production of protons in proton−nucleus collisinos at Iow and intermediate energy
Y,Haneishi and T,Fujita
   1987年   [査読有り]
Phys,Rev・C35
Problem of backward proton productions
Y・Haneishi and T,Fujita
   1986年   [査読有り]
Phys・Rev・C33
博士学位論文;Energetic nucleon production at Iarge angles in proton−nucleus colIisions
   1986年   [査読有り]
Coincidence spectra of backward forward protonns
Y,Haneishi and T,Fujita
   1983年   [査読有り]
Proceedings of the6th Balaton on NucIear Physics l983ed by J,Ero
修士論文;高エネルギーハドロンー原子核反応における二粒子相関
   1983年   [査読有り]

Misc

 
羽石 祐一
研究紀要   21 79-90   1997年12月
陽子-原子核反応からの反陽子生成に対して, 核子-核子反応からの反陽子生成の微分断面積に1体の Fermi 運動量分布と原子核内で相関しあっている2核子から成る2体の Fermi 運動量分布を考慮して反陽子生成の反応機構を研究した。さらに原子核-原子核反応からの反陽子生成のときは, 入射原子核と標的原子核ともに1体と2体の Fermi 運動量分布を考慮して反陽子生成の反応機構を研究した。入射エネルギーがしきい値に近いときには2体の Fermi 運動量分布からの寄与は1体の Fermi 運動...
羽石 祐一
研究紀要   18 37-62   1994年12月
羽石 祐一, 藤田 丈久
年会講演予稿集   37(1)    1982年9月

講演・口頭発表等

 
J/妙生成に於けるJ/1‘Iの 〃T分布
日本物理学会:   1992年10月5日   
 陽子後方散乱と運動量分布
核物理研究次期計画ワークショップ:   1986年11月4日   
Backword production of protons in proton−nucleus collisinos at Iow and intermediate energy
1986Sapporo symposium on four-body system and related problems:   1986年9月2日   
The probIem of backward proton productions
日本物理学会:   1984年4月   
 陽子一原子核後方散乱に於ける二粒子相関
日本大学理工学部学術講演会:   1982年11月13日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
陽子-原子核、原子核-原子核衝突におけるJ/ψ粒子の抑制
研究期間: 1991年   
高エネルギーでの弾性ハドロン-ハドロン散乱
研究期間: 1994年   
陽子-原子核、原子核-原子核反応におけるしきい値近辺での反陽子生成
研究期間: 1997年