高橋 宗一

J-GLOBALへ         更新日: 15/02/06 16:17
 
アバター
研究者氏名
高橋 宗一
 
タカハシ ソウイチ
所属
東京音楽大学
部署
音楽学部 音楽 一般教育
職名
准教授
学位
文学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
早稲田大学第一文学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1990年
早稲田大学 文学研究科 芸術学(美術史)
 
 
 - 
1982年
早稲田大学 文学部 美術
 

受賞

 
1990年
早稲田大学美術史学会賞
 

論文

 
高橋 宗一
研究紀要   15 A23-A39   1991年12月

書籍等出版物

 
東塔(]J3735[)銘
里文出版『薬師寺』   1990年   

Works

 
八千代市文化財総合調査
1986年
中国四川省石窟摩崖造像群に関する記録手法およびデジタルアーカイブ構築
2001年

競争的資金等の研究課題

 
中国四川省石窟摩崖造像群に関する記録手法の研究及びデジタルアーカイヴ構築
科学研究費補助金(基盤研究A(海外学術調査)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 代表:早稲田大学文学部助教授肥田路美)
【概要】四川盆地中西部に位置する蒲江県及びキョウライ市に分布する石窟摩崖において、撮影・拓本・調書作成・法量計測・実測図作成・3Dデジタル撮影の現地調査を行い、取得資料のデータ化をした。とくに、中国の摩崖造像では初めての導入である光遮断式レンジファインダーによる3Dデジタル撮影は、立地・規模・岩の材質・壁面構成・法量・主題内容などに応じて、計測精度や計測範囲をどのように決定するかについて検討するとともに、従来にないこの種の資料を美術史的研究にどう活用するか模索し、取得データをいかに有用なア...
中国文様史の研究

その他

 
2013年2月   中国仏教美術
甘粛省、河南省、山東省における仏像表現について、現地のある作例を観察並びに考察・検討する。
2005年7月   現地視察・資料収集など
中華人民共和国 河南省・陝西省・甘粛省にて都城遺跡・石窟寺院など各地の遺跡視察、博物館見学、ならびに現地最新情報及び資料収集 (今年度は2012年2月下旬から3月上旬にかけて2週間程度の現地視察・調査・情報及び資料収集を予定している。場所は中国)