菊地 麗子

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/24 10:18
 
アバター
研究者氏名
菊地 麗子
 
キクチ レイコ
所属
東京音楽大学
部署
音楽学部 音楽 ピアノ
職名
教授
学位
芸術学士(桐朋学園大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
シックスティ・レッド・ローズ菊地麗子~60本の赤いバラ記念
アイエムシー音楽出版   2007年   
モーツァルト:ソナタ K.330/シューマン:アベッグ変奏曲/ショパン:バラードOp.47/リスト:水の上を歩く聖フランチェスコ/入野義朗:三つのピアノ曲/有馬礼子:失われた三章/遠藤雅夫:シックスティ・レッド・ローズ(委嘱作品)
2台のピアノによるコンチェルト
共演:岸邉眞知子
アイエムシー音楽出版   2005年   
モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲/プーランク:2台のピアノと管弦楽のための協奏曲
ピアノデュオリサイタル
共演:岸邉眞知子
東京アイエムシー   2003年   
モーツァルト/ブゾーニ:「魔笛」序曲K.620/モーツァルト:2台のピアノのためのソナタK.448/リスト:「ドン・ジョバンニ」の回想/レーガー:モーツアルトの主題による変奏曲とフーガOp.132-a
チェルニー 100番 指導書(ムジカ・ノーヴァ・レッスン・シリーズ)
音楽之友社   1983年   

Works

 
ピアノジョイントリサイタル 賛助出演/
芸術活動   2012年8月
バッハ・トッカータ他
ヤングアーティストコンクール/審査
芸術活動   2012年8月
本選
全日本指導者協会/審査
審査   芸術活動   2010年8月
ビッグジョイントリサイタル 賛助出演/
共演:林智之(VL)窪田亮(VC)   芸術活動   2009年10月
メンデルスゾーン:ピアノトリオ 第1番
アジア国際コンクール/審査
芸術活動   2009年8月
本選

社会貢献活動

 
ショパン国際ピアノコンクールinASIA/全国・アジア大会実行委員長
【企画, 運営参加・支援】  ショパン国際ピアノコンクールinASIA組織委員会  2012年 - 2013年
コンクールを通じて海外審査員との国際交流を深めている。
ショパン国際ピアノコンクールinASIA/全国・アジア大会実行委員長
【企画, 運営参加・支援】  ショパン国際ピアノコンクールinASIA組織委員会  2011年 - 2012年
コンクールを通じて海外審査員との国際交流を深めている。
ショパン国際ピアノコンクールinASIA/全国・アジア大会実行委員長
【企画, 運営参加・支援】  ショパン国際ピアノコンクールinASIA組織委員会  2010年 - 2011年
コンクールを通じて海外審査員との国際交流を深めている。
ショパン国際ピアノコンクールinASIA/全国・アジア大会実行委員長
【企画, 運営参加・支援】  ショパン国際ピアノコンクールinASIA組織委員会  2009年 - 2010年
コンクールを通じて海外審査員との国際交流を深めている。
ショパン国際ピアノコンクールinASIA/全国・アジア大会実行委員長
【企画, 運営参加・支援】  ショパン国際ピアノコンクールinASIA組織委員会  2008年 - 2009年
コンクールを通じて海外審査員との国際交流を深めている。

その他

 
2012年3月   大学主催ピアノ科研修旅行
ブダペスト・ウィーン・パリ/ブダペスト・リスト音楽院・ウィーン音楽大学/参加者を募集しヨーロッパの音楽院を訪問し大学生にセミナー受講や交歓演奏会に出演させる研修旅行の引率
2011年3月   大学主催ピアノ科研修旅行
/ブダペスト・イタリア/ブダペスト・リスト音楽院/参加者を募集しヨーロッパの音楽院を訪問し大学生にセミナー受講や交歓演奏会に出演させる研修旅行の引率
2010年3月   大学主催ピアノ科研修旅行
/ブダペスト・ウィーン・パリ/ブダペスト・リスト音楽院・ウィーン音楽大学/参加者を募集しヨーロッパの音楽院を訪問し大学生にセミナー受講や交歓演奏会に出演させる研修旅行の引率
2010年   ポーランド・ワルシャワ ショパンコンクール見学及びセミナー受講、カトビツエでオーケストラと共演
10/10-21//ワルシャワ音楽院教授カヴァラ氏/門下生(高校・大学)を引率しカトビツエで演奏会(オーケストラとの共演)、ワルシャワでカヴァラ教授のレッスンを受講させる。学生にヨーロッパの雰囲気に触れさせ、音楽を実感させる。
2009年3月   大学主催ピアノ科研修旅行
/プラハ・ブダペスト・ウィーン/ブダペスト・リスト音楽院/参加者を募集し、大学のオーケストラヨーロッパ公演を応援。又ヨーロッパの音楽院を訪問し大学生にセミナー受講させる研修旅行の引率