佐野 充

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 02:56
 
アバター
研究者氏名
佐野 充
 
サノ ミツル
eメール
sano2677chs.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
文理学部地理学科
職名
教授
学位
理学博士(日本大学), 理学修士(日本大学)
科研費研究者番号
00130518

プロフィール

人間と自然が関わりあったまちづくり 「歴史と文化を活かしたまちづくり」「快適な生活環境整備と地域資産としての景観形成」を調査・研究の主要テーマに、自然と人間が関わり合うことの大切さをまちづくりに活かす研究の実践を推進している。現在,富士学会理事長,(公財)国際交通安全学会顧問,(公財)東京地学協会アドバイザー,災害危機対応研究所理事長,(公社)神奈川県地方自治研究センター理事,藤沢地方自治研究センター副理事長。(公社)日本地理学会理事,日本地域政策学会理事,日本大学地理学会会長,NPOセイラビリティ江の島副理事長,NPO沼津まちづくりセンター副理事長,NPO法人参加型システム研究所理事,(一社)江の島ヨットクラブ監事,NPO法人江の島ヨットハーバー監事,日本中央国際温泉研究院理事長など歴任。

研究分野

 
 

経歴

 
1979年4月
 - 
1986年3月
日本大学 文理学部地理学科 助手
 
1986年4月
 - 
1991年3月
日本大学 文理学部地理学科 専任講師
 
1991年4月
 - 
1997年3月
日本大学    文理学部地理学科 助教授 
 
1997年4月
   
 
日本大学  文理学部地理学科 教授
 
1999年4月
   
 
日本大学大学院 理工学研究科地理学専攻 教授
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1974年3月
日本大学 文理学部(理科系) 地理学科
 
1974年4月
 - 
1976年3月
日本大学大学院 理工学研究科 地理学専攻
 
1976年4月
 - 
1979年3月
日本大学大学院 理工学研究科 地理学専攻
 

委員歴

 
2009年6月
 - 
2015年5月
富士学会  副理事長,事務局長災害危機対応研究所理事長
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本地域政策学会  理事
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本大学地理学会  常任委員長
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本地理学会  常務理事,総務専門委員会委員長,代議員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本地域政策学会  理事
 

受賞

 
2015年3月
公益社団法人日本地理がかき 永年会員功労賞
 
永年にわたる学会活動と会務運営に対する表彰
2013年6月
富士学会 富士学会学術賞
 
富士がかきでの研究活動と研究業績に対する表彰。
2011年2月
日本国際地図学会賞(功労賞)
 
2008年3月
特定非営利活動法人セイラビリティ江の島功労賞
 

論文

 
富士山観光登山における災害遭遇の危険性認識
加藤幸真、佐野充
富士学研究   12(2) 36-40   2015年3月   [査読有り]
夏の2ヶ月に30万人以上が登頂する富士山の観光登山で危険性を明らかにした。
日本における世界遺産の現状と富士山登録への関心
加藤幸真、佐野充
富士学研究   10(2) 39-44   2013年3月   [査読有り]
中国における温泉観光開発に伴う地域社会変容
佐野充、陳 晶
日本大学文理学部自然科学研究紀要   (46) 75-84   2011年3月   [査読有り]
中国における地域開発の主たる開発手法になっている温泉リゾート開発の実態と全国に分布する温泉の状況を明らかにした。
日本人の歩きと快適空間
CE建設業界   (60)    2011年1月
富士山の自然環境破壊と観光登山との関係
富士学研究   7(1) 69-75   2010年3月   [査読有り]

Misc

 
海はバリアフリー支え合いの地域社会づくりにNPOでチャレンジ
佐野 充
地理   58(9) 34-43   2013年9月   [依頼有り]
特集 NPOで地域づくり 

書籍等出版物

 
Tourism,Environment and Sustainability
2015年   ISBN:978-954-07-4012-8
日本の国立公園の歴史と現在の管理状況についての共同研究のまとめ。
都市と都市化
佐野充、加藤幸真
2014年   ISBN:978-954-07-3772-0
2000年代の世界の都市とその都市化の研究
富士山を知る事典
共編者;渡邊定元 (担当:共著, 範囲:406-409,466-468,481-495,501--510,517-521,535-538)
日外アソシエーツ   2012年5月   ISBN:978-4-8169-2166-7
富士山を総合的に研究・調査した結果に基づき、100のテーマによって、富士学会会員を中心に67名の研究者がわかりやすさを基本に解説した事典。写真・図表250点。富士山関連参考文献掲載。
日本の地誌5 首都圏Ⅰ (全10巻・別巻地図集)
編集 菅野峰明 佐野 充 谷内 達 (担当:共著, 範囲:5(巻) 8-21,151-155,177-212,291-387,470-475)
朝倉書店   2009年4月   
現代日本の都市化
青木栄一、白坂蕃、永野征男、福原正弘、高橋伸夫、戸所隆、山鹿誠次、今野修平、佐藤俊雄、佐野充のほか17名。計27名。(総頁数391頁) (担当:共著, 範囲:55-70)
古今書院   1979年4月   
日本地理学会の都市地理研究グループ(昭和43年~昭和53年)の20数回に及ぶ研究例会の成果をまとめて刊行したものである。「巨大都市内部の変容」の章の「漸移地帯の構成要素としてのブライト地域」の節を分担執筆する。            

講演・口頭発表等

 
Case study of Urban Renewal in tha Jing' an District of Shanghai:From a Small Area Analysess Perspective [招待有り]
任海、佐野充
第33回国際地理学会議 北京大会   2016年8月24日   第33回国際地理学会議 北京大会
富士山の信仰と観光 [招待有り]
佐野 充
日本大学佐野充教授特別講演会   2016年8月27日   中国 靑海師範大学
訪日観光の現状と今後 [招待有り]
佐野 充
特別講演:日本の観光の現状(日本大学佐野充教授)   2016年9月5日   中国 上海師範大学旅游学院
地理・観光系の専任教員及び大学院生を対象にした講演。
富士学:霊峰富士信仰と富士山観光 [招待有り]
佐野充
第33回国際地理学会議北京大会   2016年8月22日   第33回国際地理学会議北京大会実行委員会
富士学:日本の文化・歴史・暮らしの基盤になっている富士山信仰と富士研究 [招待有り]
佐野 充
中日韓地方学の理論と実践学の検討会   2016年8月20日   北京学研究所

その他

 
2008年
交通安全文化の認識と醸成に関する国際比較研究
2007年
中国長江中流域の地域開発に伴う地域環境の変化
2007年
タイのおける交通安全施策推進の展開
2007年
社会人の高度教育研究機関における教育・研究のニーズに関する調査研究
1992年
都市発展における外国人居留地の存在意義