橋本 修

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/02 02:59
 
アバター
研究者氏名
橋本 修
 
ハシモト シュウ
所属
日本大学
部署
医学部医学科呼吸器内科学
職名
教授
学位
医学博士
科研費研究者番号
30159090

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
日本大学 医学部 医学
 
 
 - 
1981年
日本大学 大学院 医学研究科 内科系
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
日本呼吸器内視鏡学会  評議員
 
2010年4月
   
 
日本呼吸器学会  関東支部長
 
2006年5月
   
 
日本呼吸器学会  代議員
 

受賞

 
2001年1月
日本呼吸器学会熊谷賞 気道炎症の分子機構
 

論文

 
Apoptosis signal-regulating kinase 1-mediated signaling pathway regulates nitric oxide-nduced activator protein-1 activation in human bronchial epithelial cells.
Jibiki I, Hashimoto S, Maruoka S, Gon Y, Matsuzawa A, Nishitoh H, Ichijo H, and Horie T
167(6) 856-861   2003年3月
Transforming growth Factor-beta1 induces phenotypic modulation of human lung fibroblasts to myofibroblast through a c-Jun-NH2-terminal kinase-dependent pathway.
Hashimoto S, Gon Y, Takeshita I, Matsumoto K, Maruoka S, Horie T
163(1) 152-157   2001年1月
PAF-induced RANTES production by human airway smooth muscle cells requires both p38 MAP kinase and Erk.
Maruoka S, Hashimoto S, Gon Y, Takeshita I, Horie T
161(3 Pt 1) 922-929   2000年3月
Diesel exhaust particles activate p38 MAP kinase to produce interleukin 8 and RANTES by human bronchial epithelial cells and N-acetylcysteine attenuates p38 MAP kinase activation.
Hashimoto S, Gon Y, Takeshita I, Matsumoto K, Jibiki I, Takizawa H, Kudoh S, Horie T
161(1) 280-285   2000年1月
Hyperosmolarity-induced interleukin-8 expression in human bronchial epithelial cells through p38 mitogen-activated protein kinase.
Hashimoto S, Matsumoto K, Gon Y, Nakayama T, Takeshita I, Horie T
159(2) 634-640   1999年2月

Misc

 
喘息・COPDオーバーラップ症候群(ACOS)
日本医師会雑誌      2016年
診断のコツ—COPDから考える
橋本 修、水村賢司、伊藤玲子、服部知洋、丸岡秀一郎、権寧博
呼吸器内科   28(4) 289-296   2015年
気管支喘息診察の進歩2014 合併症
服部知洋、権寧博、橋本修
日本呼吸器学会誌   3(2)    2014年3月
オランダ仮説を分子レベルから探る
橋本修、伊藤玲子、丸岡秀一郎、権寧博
呼吸と循環   62(2) 108-113   2014年2月
COPDの病態と治療
橋本修
Pharma Medica   32(2) 184-187   2014年2月

書籍等出版物

 
人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論 改訂第2版
南江堂   2013年9月   
慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント改訂3版
医薬ジャーナル社   2013年8月   
内科学第10版
朝倉書店   2013年6月   
喘息予防・管理ガイドライン2012
協和企画   2012年11月   
医薬品副作用学第2版—薬剤の安全使用アップデート—
小林朋子 (担当:共著, 範囲:p543-7)
日本臨床社   2012年8月   

講演・口頭発表等

 
喘息,COPDの吸入療法とその課題
第65回日本アレルギー学会学術大会   2016年6月19日   
「知の基盤と未来を築く」基礎研究から得られる
第56回日本呼吸器学会学術講演会   2016年4月9日   
Early life event からみた喘息とCOPDの発症起源
第56回日本呼吸器学会学術講演会   2016年4月8日   
経過観察中にMeigs症候群を発症した縦隔アミロイドーシスの一例
林健太郎、永田弥人、関山忠孝、山口賢二、清水哲男、伊藤玲子、林伸一、高橋典明、橋本修
第207回日本呼吸器学会関東地方会   2013年11月16日   
気管支結核を認めた3症例
永田弥人遠藤大介、伊藝孔明、関山忠孝、山口賢二、清水哲男、林伸一、高橋典明、橋本修、
第164回日本結核病学会関東支部学会第206回日本呼吸器学会関東地方会   2013年9月21日