田中 直英

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 19:29
 
アバター
研究者氏名
田中 直英
 
タナカ ナオヒデ
学位
医学博士
科研費研究者番号
40197455

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
日本大学 医学部 医学科
 

論文

 
Antiviral therapy for cirrhotic hepatitis C: association with reduced hepatocellular carcinoma development and improved survival.
Shiratori Y, Ito Y, Yokosuka O, Imazeki F, Nakata R, Tanaka N, Arakawa Y, Hashimoto E, Hirota K, Yoshida H, Ohashi Y, Omata M; Tokyo-Chiba Hepatitis Research Group.
142(2)    2005年1月   [査読有り]
HCV慢性感染症における血中IgG型JCC-2抗体測定とその評価
目でみる病理〜老年者の消化器〜
医薬ジャーナル社   
Interferon therapy improves the irregular regeneration of hepatocytes in liver in patients with C-viralchronic hepatitis and liver cirrhosis. : .
Moriyama M. Matsumura H, Oshiro S, Nakamura H. Arakawa Y, Nirei K, Aoki H, Yamagami H, Kaneko M, Tanaka N, Arakawa Y.
50 138-149   2007年
Factors Influencing Treatment Efficacy of 24-Week Combination Therapy with Interferon alpha -2b Plus Ribavirin for Chronic Hepatitis C .
Moriyama M, Matsumura H, Nirei K, Arakawa Y, Yamagami H, Ogawa M, Kaneko M, Matsuoka S, Amaki S, Tanaka N, Arakawa Y.
52 8-26   2007年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
C型肝炎でさらにSVRを上げるには「難治例対策-既治療例(RBV併用療法無効・再燃例)への再治療」,,東京,2008.9
第2回C型慢性肝炎治療学術集会   2008年9月20日   
診断に苦慮した自己免疫性肝炎の一症例
益岡晋也,山本敏樹,大城 周,松岡千花子,竜崎仁美,小川眞広,天木秀一,椿浩司,田中直英,森山光彦,絹川典子,杉谷雅彦:
第62回腹腔鏡懇話会   2008年9月16日   
瀉血およぴ低鉄食後にウイルスが消失した慢性C型活動性肝炎例
高橋利実,松岡俊一,大平俊一郎,稲見真木子,福島暁子,荒川泰雄,樋口晃久,中村仁美,関根直樹,楡井和重,松村寛,山上裕晃,小川眞広,天木秀一,田中直英,森山光彦,小林槙雄:
第45回臨床肝臓懇話会   2008年9月13日   
大腸内視鏡にて摘出しえた義歯(冠橋補綴物)誤飲の一例,東京,2008.7
伊藤潔,宇野昭毅,横田 崇,安倍久子,太田壮一郎,西山 竜,大谷 豪,荻原章文,中島典子,田中直英,森山光彦:
第484回日大医学会例会プログラム(第191回駿河台日大病院院内集談会),   2008年7月   
テガフル・ギメラシル・オテラシルKが有効であった高齢者早期胃癌の一症例,東京,2008.7
益岡晋也,竜崎仁美,大城 周,細井亜希子,川島志布子,田中洋子,遠藤怜未,中西美紗子,山本敏樹,西山 竜,大谷 豪,田中直英,森山光彦,桂義久,絹川典子:
第484回日大医学会例会プログラム(第191回駿河台日大病院院内集談会),   2008年7月   

その他

 
日本大学 医学部医学科 教授(研究所)
1998年
C型および非A-E型肝疾患と供血者におけるHGV E2抗体の検出,第34回日本肝臓学会総会(DDW-JAPAN 1998),横浜
1998年
インターフェロン療法無効C型慢性肝炎におけるUDCAの長期投与の効果に関する検討,第34回日本肝臓学会総会(DDW-JAPAN 1998),横浜
1998年
A型肝炎の重症化例の検討,第34回日本肝臓学会総会(DDW-JAPAN 1998),横浜
1998年
肝細胞癌におけるTelomerase活性およびTelomeraseRNA測定の有用性,第34回日本肝臓学会総会(DDW-JAPAN 1998),横浜