荒川 泰行

J-GLOBALへ         更新日: 07/12/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
荒川 泰行
 
アラカワ ヤスユキ
所属
旧所属 日本大学 医学部 医学科
職名
教授
学位
医学博士(日本大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1967年
日本大学 医学部 医学
 

委員歴

 
 
   
 
日本消化器内視鏡学会  評議員
 
 
   
 
日本微量元素学会  幹事・評議員
 
 
   
 
日本消化器吸収学会  理事
 
 
   
 
日本消化器集団検診学会  理事
 
 
   
 
日本肝臓学会  評議員
 

Misc

 
Phylogenic analysis of hepatitis delta virus-RNA in an endemic area. Miyako island, Okinawa.
Nihon Univ. J. Med.   (42) 229-242
ESUMI M, HAYASHI N, TAKAHASHI H, SHIKATA T, MORIYAMA M, ARAKAWA Y, ETO T, NISHIHARA T, MIZUNO K
Journal of Virological Methods   59(1/2) 91-98   1996年
Inactivation of hepatitis C virus cDNA transgene by hypermethylation in transgenic mice
24 1537-1543
経口用トロンビン細粒の使用経験
消化器科   29(5) 618-620
胃静脈瘤のIVR治療
綜合臨床   58(8) 425-429

書籍等出版物

 
生化学検査/金属 銅
臨床検査ガイド 1999-2000(Medical Practice編集委員会)   1999年   
消化性潰瘍除薗療法におけるペブシノゲン法の意義(三木一正編)
ペプシノゲン法、医学書院   1998年   
代謝性肝疾患
消化器疾患再新の治療1999-2000(戸田剛太郎、杉町圭蔵、中村孝司 編)   1998年   
放射線性十二指腸炎
臨牀消化器内科   1996年   
胆道ジスキネジー、胆嚢摘出後症候群(荒川泰行他編)
標準処方ガイド'96   1996年   

Works

 
ウイルス性肝炎の予防と治療 C型肝炎の治療
1994年
ウイルス性肝炎の予防と治療-B型肝炎の治療
1994年
ウイルス性肝炎の予防と治療-ウイルス性肝炎の予防
1994年
ウイルス性肝炎の予防と治療-ウイルス性肝炎とは
1994年
肝炎ウイルス感染症とその予防対策
1994年

競争的資金等の研究課題

 
消化器疾患における微量元素の病態生理学的研究
ウイルス性肝炎・肝癌の臨床病理学的研究