富山 勝則

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 03:03
 
アバター
研究者氏名
富山 勝則
 
トミヤマ カツノリ
所属
日本大学
部署
歯学部歯学科薬理学
職名
准教授
学位
博士(歯学)(日本大学)
科研費研究者番号
40197942

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
日本大学歯学部 助手
 
1987年
 - 
1990年
日本大学 助手
 
1990年
 - 
2001年
日本大学講師
 
2001年12月
   
 
日本大学助教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
新潟大学 歯学部 歯学
 

論文

 
Differential involvement of cyclase- vs non-cyclase-coupled D1-like dopamine receptors in orofacial movement topography in mice: studies with SKF 83822
Yasuyuki Makihara, Yaeko Okuda, Chieko Kawada, Mitsuhiko Matsumoto, John L. Waddington, Noriaki Koshikawa, Katsunori Tomiyama
415(1) 6-10   2007年3月   [査読有り]
:実験技術 新規拘束器とチェックリスト法を用いたマウス顎運動観察記録法
富山勝則、John L. Waddington、越川憲明
日本薬理学雑誌   124(4) 224-249   2006年10月   [査読有り]
Disruption of orofacial movement topographies in congenic mutants with dopamine D5 but not D4 receptor or DARPP-32 transduction 'knockout'
Tomiyama K, Makihara Y, Yamamoto H, O'sullivan G, Nally RE, Tighe O, Kinsella A, Fienberg AA, Grandy DK, Sibley DR, Croke DT, Koshikawa N, Waddington JL.
   2006年1月   [査読有り]
Phenotypic studies on dopamine receptor subtype and associated signal transduction mutants: insights and challenges from 10 years at the psychopharmacology-molecular biology interface
Waddington JL, O'tuathaigh C, O'sullivan G, Tomiyama K, Koshikawa N, Croke DT
181(4) 611-638   2005年10月   [査読有り]
Topographical effects of D1-like dopamine receptor agonists on orofacial movements in mice and their differential regulation via oppositional vs synergistic D1-like:D2-like interactions: cautionary observations on SK&F 82958 as an anomalous agent
Yasuyuki Makihara, Hiroshi Yamamoto, Mai Inoue, Katsunori Tomiyama, Noriaki Koshikawa and John L. Waddington
18(4) 484-495   2004年12月   [査読有り]

Misc

 
大脳基底核の運動系に関する複雑な神経連絡経路の探索について、特に顔面領域の運動制御について
26(1-2) 18-32   2015年2月   [査読有り]
ドーパミン受容体サブタイプと顔面領域の運動:遺伝子改変マウスを用いた検討
52(4) 336-343   2010年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Neuromethods
2010年12月   ISBN:978-1-60761-473-9
The Dopamine Receptors
2010年9月   

講演・口頭発表等

 
MPTP慢性投与マウスの顎運動と移所運動
富山勝則 加藤梨紗子 青野悠里 三枝禎 ジョン・ワディントン 小林真之
2017年3月17日   日本薬理学会
細胞内情報伝達系の異なるドパミンD1-様受容体機能の行動薬理学的差異―D2-様受容体との相互作用からの検討.
川田智恵子, 牧原保之, 富山勝則, 奥田八重子 ,越川憲明, 松本光彦, ジョン ワディントン)
第35回日本神経精神薬理学会年会   2005年7月   日本神経精神薬理学会
アデニル酸シクラーゼ共役型ドパミンD1-様受容体機能の行動薬理学的検討
川田智恵子,奥田八重子,牧原保之,富山勝則, 松本光彦,越川憲明
第57回日大歯学会   2005年5月21日   
遺伝子ノックアウトマウスを用いたオーラルジスキネジア発現に関わるドパミン受容体の研究
富山勝則、越川憲明、ジョン ワディントン
日本歯科医学会総会   2004年10月29日   
Comparative study of D1-like dopamine receptor agonists acting via different transduction mechanisms in relation to orofacial movements in mice
Katsunori Tomiyama, Yasuyuki Makihara, Mai Inoue, Jun-ichirou Oka, John Waddington, Noriaki Koshikawa
2004年6月