北中 進

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/08 03:12
 
アバター
研究者氏名
北中 進
 
キタナカ ススム
eメール
kitanaka.susumunihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
薬学部薬学科
職名
教授
学位
薬学博士(富山医科薬科大学), 薬学修士(富山大学)
科研費研究者番号
40102553

研究分野

 

経歴

 
1974年4月
 - 
1976年3月
日本大学理工学部副手
 
1976年4月
 - 
1988年3月
日本大学理工学部助手
 
1988年4月
 - 
1993年3月
日本大学薬学部専任講師
 
1993年4月
 - 
1995年3月
日本大学助教授
 
1995年4月
   
 
日本大学教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年
日本大学 理工学部 薬学科
 
 
 - 
1974年
富山大学大学院 薬学研究科 生薬学専攻
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本生薬学会  財務幹事
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本生薬学会  財務幹事補佐
 
2002年4月
   
 
日本生薬学会  関東地区幹事
 
1995年4月
   
 
日本生薬学会  評議員
 
1997年4月
   
 
日本生薬学会  関東支部委員
 

受賞

 
2014年12月
文部科学省 社会教育功労者表彰
 

論文

 
ラン科Dendrobium属のrDNA-ITSデータベースを用いた生薬「石斛」の基原植物の同定
高宮知子、塩田奈央、飯島 博、北中 進、Pheravut Wongsawad、但馬奈津子、半田 高、湯川知久
DNA多型   19 67-70   2011年5月   [査読有り]
Two Sulfated Triterpenoidal Saponin from the Barks of Zygophyllum fabagoi L.
Yu-Lin Feng, He-Ran Li, Yi Rao, Xiao-Jian Luo, Li-Zhen Xu, Yue-Sheng Wang, Shin-Lin Yang, Susumu Kitanaka
57   57(6) 612-614   2009年6月   [査読有り]
Analysis of Bioactive Triterpens in Eriobotrya japonica LINDL. By Higi-Performance Liquid Chromatography
Hui-Ya Ho, Wen-Chuan Lin, Susumu Kitanaka, Chwen-Tzuei Chang, Jin-Bin Wu
16(6) 41-45   2008年12月   [査読有り]
Biotransformation of zerumbone by Caragana chamlagu
Hirosi Sakamaki, Ken-ichi Itoh, Susumu Kitanaka, Seiji Sawada, C. Akira Horiuchi
30 2025-2029   2008年7月   [査読有り]
Inhibitory effect of the rhizomes of Alpinia officinarumon TPA-induced inflammation and tumor promotion in two-stage carcinogenesis in mouse skin. Motofumi Miura, Shigeyasu Motohashi
Ken Yasukawa, Yi Sun, Susumu Kitanaka, Naoyuki Tomizawa
62(3) 374-378   2008年7月   [査読有り]

Misc

 
ラン科セッコク族(Dendrobium)の分子系統情報とHPLCプロファイル情報を統合した潜在薬用資源の探索I
高宮知子、鈴木俊一郎、貴大麻早希、北中 進、飯島 洋、遊川知久
DNA多型   21 55-60   2013年   [査読有り]
マスト細胞の多彩な役割
布村 聡、下川敏文、高橋京子、鈴木良弘、松本千幸、福田 昇、北中 進、上野川修一、羅 智靖
アレルギー科   20(2) 173-178   2005年2月

書籍等出版物

 
カラーグラフィック薬用植物第4版
北中 進他 (担当:共編者)
廣川書店   2015年2月   
薬草ガイドブック 野外編
南雲清二、北中 進 他
日本植物園協会   2014年3月   
台所の薬草ガイドブック
北中 進、南雲清二、木下武司、磯田 進、御影雅幸、田中稔幸、酒井英二、田中俊弘、渡辺 斉、邑田裕子、大野友道、矢原正治、指田 豊 (担当:共著)
(社)日本植物園協会   2011年6月   
医療を指向する天然物医薬品化学第2版
大川雅史、大塚 功、片川和明、川口基一郎、北中 進、高松 智、平井康昭、平野裕之、船山信次、安田高明 (担当:共編者, 範囲:3-22, 58-68, 158-162)
廣川書店   2011年3月   ISBN:978-4-567-43111-8
現代医療における漢方薬
南江堂   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
抗炎症フラボノイドの合成と構造活性相関
蒋文君、飯島洋、北中進
日本薬学会 第135年会   2015年3月27日   日本薬学会
Saussurea amara. (L.) DC.のマクロファージ活性化抑制成分の探索研究 (3)
矢作忠弘、吉田裕樹、米山達朗、高松智、榊原巌、北中進
日本薬学会 第135年会   2015年3月27日   日本薬学会
小美石斛の成分研究
石内勘一郎、森田智子、高橋依子、Jue Wang、北中進
日本薬学会 第135年会   2015年3月27日   日本薬学会
運動神経保護作用物質の探索研究
松崎桂一、川本広明、牧野三津子、古川めぐみ、周彪、廣瀬大、飯田隆、北中進、草間國子
日本薬学会 第135年会   2015年3月26日   日本薬学会
台湾産オニトウゲシバ由来リコポジウムアルカロイドの構造とマクロファージ泡沫化阻害活性
石内勘一郎、姜文平、藤原章雄、呉金濱、北中進
日本生薬学会 第61回年会   2014年9月13日   日本生薬学会

競争的資金等の研究課題

 
霊芝の脂溶性成分の分画(その4)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 北中 進
霊芝の脂溶性成分の分画(その3)
日産化学工業(株): 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 北中 進
血管・神経の老化・機能低下を抑制する治療薬に関する研究
日本大学: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 草間國子
霊芝の脂溶性成分の分画(その2)
日産化学工業(株): 
研究期間: 2012年10月 - 2013年3月    代表者: 北中 進
老化に関わる難治性疾患の予防・改善を目指した天然薬物の研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 北中 進

特許

 
20480043764.3 : 石仙桃からの新規フェナンスレン誘導体
2007-501095 : 描眼草抽出物およびそのい調整方法と用途
2007-501094 : 沙棘種子抽出物
2007-501093 : 石豆蘭抽出物およびその調製方法と用途
2009-048626 : 抗肥満剤及び糖尿病改善剤