山下 富美代

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
山下 富美代
 
ヤマシタ フミヨ
所属
旧所属 立正大学 心理学部 臨床心理学科
職名
教授
学位
文学修士(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1959年
 - 
1964年
警視庁科学捜査研究所 研究技師
 

学歴

 
 
 - 
1963年
早稲田大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1958年
早稲田大学 第一文学部 心理学
 

委員歴

 
1992年
 - 
2000年
日本心理学会  地域別議員
 
1986年
   
 
日本催眠学会  理事、編集委員
 
1968年
 - 
2001年
立正大学哲学・心理学会  理事
 
1995年
   
 
日本生理人類学会  評議員
 

Misc

 
快適性の心理的メカニズム(1)〜快適性のイメージについて
立正大学教養部紀要   (28) 103-115   1995年
快適性の心理的メカニズム(2)〜香りの快適感とその測定
立正大学文学部論叢   (102) 31-47   1995年
快適性の心理的メカニズム(3)〜温熱環境の快適感とその測定
立正大学文学部紀要   (13) 71-88   1997年
快適性の心理的メカニズム(4)〜自動車運転時の快適性について
立正大学文学部論叢   (106) 47-60   1997年
高齢者の潜在的危険認知と対処行動
立正大学大学院人文科学研究所紀要   (15) 1-15   1999年

書籍等出版物

 
集中力
講談社   1988年   
マインド・パワー
同文書院   1993年   
記憶力をつける
日本経済新聞社   1997年   
発達心理学
ナツメ社   2002年   
こころの科学
前野書店   1999年   

Works

 
幼児のパタン識別能力に関する研究
1991年
購買動機の深層面接による調査
1990年
広告効果に関する研究
1985年 - 1986年
生活価値観に関する研究
1992年
学習パフォーマンスに及ぼす誘導の効果
1993年

競争的資金等の研究課題

 
快適性の心理的メカニズムに関する研究
研究期間: 1994年 - 2000年
危険認知に関する研究
共同研究
研究期間: 1997年 - 2004年
高齢者の認知機能に関する研究
共同研究
研究期間: 1998年 - 2005年
注意機能とヒューマンエラー
受託研究
研究期間: 2001年 - 2004年
感性情報処理に関する研究
共同研究
研究期間: 2003年 - 2005年