清宮 義博

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/11 13:02
 
アバター
研究者氏名
清宮 義博
 
セイミヤ ヨシヒロ
所属
明星大学
部署
教育学部 教育学科(理科コース)
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2012年
教育学部 教授
 
1999年
 - 
2010年
明星大学一般教育 自然分野 准教授
 
1991年
 - 
1999年
明星大学一般教育 自然分野 専任講師
 
1985年
 - 
1991年
明星大学(明星大学) 助手
 

受賞

 
1981年
日本金属学会論文賞
 

Misc

 
廣崎龍児、小澤孝好、上田豊甫、篠田哲守、<清宮義博>
日本金属学会誌   73(4) 275-282   2009年
200900
水野愛、篠田哲守、大塚寛治、<清宮義博>
日本金属学会誌   72(4) 295-298   2008年
200800
水野愛、廣崎龍児、篠田哲守、大塚寛治、<清宮義博>
日本金属学会誌   72(9) 733-738   2008年
200800
<清宮義博>、小野寺健二、山口俊久、篠田哲守
軽金属学会誌   57(9) 405-410   2007年
200700
複合材料中の粒子の体積率と面積率の関係
明星大学理工学部研究紀要   (42) 21-24
200600

書籍等出版物

 
花々の花粉の形態<野草編>
(株)千代田永田書房   1997年2月   
花々の花粉の形態(高山植物編)
出版/株式会社エーアンドイーコミュニケーションズ   1995年4月   

講演・口頭発表等

 
繰り返し変形中の塑性変形領域への不活性ガスの侵入
日本金属学会   1998年   
Nb3Al超伝導材料における臨界温度(Tc)に及ぼすB添加の影響
日本金属学会   1998年   
熱拡散を利用したNb3Al超伝導線材の作製
Advanced Material Science and Technology   1999年   
遠心力を付加した傾斜機能材料の凝固シミレーション
日本機械学会   1999年   
遠心鋳造による傾斜機能材料の傾斜組織と作製条件
日本金属学会   1999年   

Works

 
窒化アルミ複合材料
2007年8月 - 2011年9月

競争的資金等の研究課題

 
アルミニウム基傾斜材料における傾斜組成と強度変化
研究期間: 1997年   
Al/AlN複合材料のロータス金属への可能性
研究期間: 2008年   
AlNにおける単結晶育成技術に関する基礎研究
研究期間: 2009年   
高熱伝導率及び低熱膨張率を有するハイパワー半導体デバイス材料の開発
JST: 
研究期間: 2011年9月 - 2013年9月

特許

 
窒化アルミニウムの含有物
2005025-MU
窒化アルミニウムの製造方法
2004079-MU
窒化アルミニウム含有物の製造方法
GP33/2005
窒化アルミニウム含有物
GP34/2005
窒化アルミニウム含有組成物の製造方法
2005040-MU