東 光太郎

J-GLOBALへ         更新日: 09/01/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
東 光太郎
 
ヒガシ コウタロウ
所属
旧所属 金沢医科大学 医学部 医学科
職名
教授
学位
医学博士(金沢医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2006年
   
 
日本医学放射線学会  代議員
 
2006年
   
 
日本核医学会中部地方会  世話人
 
2006年
   
 
日本医学放射線学会中部地方会  世話人
 

受賞

 
1993年
北米放射線学会 Cum laude
 
1994年
Journal of Nuclear Medicine, most Significant Manuscript of 1993
 
1999年
The International PET Symposium in Hokkaido Poster Award
 

Misc

 
18F-FDG uptake by primary tumor as a predictor of intratumoral lymphatic vessel invasion and lymph node involvement in non-small cell lung cancer : analysis of a multicenter study
   2005年
In vitro proton magnetic resonance spectroscopic lactate and choline measurements,18F-FDG uptake, and prognosis in patients with lung adenocarcinoma
J Nucl Med.      2004年
11C-acetate PET imaging of lung cancer:comparison with 18F-FDG PET and 99mTc-MIBI SPET
Eur J Nucl Med Mol Imaging      2004年
18F-FDG uptake as a biologic prognostic factor for recurrence in patients with surgically resected non- small cell lung cancer
J. Nucl. Med.      2002年
Tc-99m-methylene diphospho骨スキャンにより検出できた胃の石灰沈着の1例
核医学画像診断   1(1)    1986年

書籍等出版物

 
(北村諭,福地義之助,石川芳樹編), FDG PETによる肺癌診断医学のあゆみ(別冊)呼吸器疾患ーState of arts 2003-2005ー
医歯薬出版   2003年   
核医学画像診断ハンドブック (中嶋憲一 編), 18F-FDGの正常パターン,18F-FDG定量:SUVの計算法と利用法,18F-FDGがよく集積する疾患,偽陰性となりやすい悪性腫瘍,偽陰性となりやすい良性疾患
エルゼビアジャパン   2003年   
Positron Emission Tomography in the Millemium (N. Tamaki, E. Tsukamoto, Y. Kuge, C. Katoh and K. Morita), FDG uptake of bronchioloalvear lung carcinoma
Elsevier Science   2001年   
呼吸器疾患・最新医療と21世紀への展望 (居石克夫編), FDG PETによる肺癌診断
先端医療技術研究所   2001年   
臨床医のためのクリニカルPET (伊藤正敏編), 肺癌
先端医療技術研究所   2001年   

Works

 
肺癌の新しい機能的および形態的診断法の確立と分子標的治療法を指向した標的遺伝子の特定に関する研究

競争的資金等の研究課題

 
腫瘍におけるPETに関する研究
研究期間: 1992年