西山 豊

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/11 03:26
 
アバター
研究者氏名
西山 豊
所属
関西大学
部署
化学・物質工学科 化学生命工学部 化学・物質工学科
職名
教授

学歴

 
 
 - 
1985年
大阪大学 工学研究科 応用精密化学
 
 
 - 
1983年
大阪大学 工学部 石油化学
 

論文

 
Reductive Selenation of Aliphatic Ketones and Aldehydes by Selenium, Carbon Monoxide, and Water Leading to Symmetrical Diselenides
NISHIYAMA Yutaka
Synthetic Communications   16巻9号1059頁    1986年
1986/
Selenium, Carbon Monoxide, and Water As a New Reduction System : Reductive Cleavage ofDisulfides and Diselenides to Thiols and Selenols
NISHIYAMA Yutaka
Tetrahedron Letters   28巻28号3271頁    1987年
1987/
一酸化炭素-硫黄-水による芳香族カルボニル化合物の還元 チオール化反応
NISHIYAMA Yutaka
日本化学会誌   7号1502頁    1987年
1987/
Carbonyl to Methylene Conversion : Selenium- Assisted Reduction of Aromatic Ketones withCarbon Monoxide and Water
NISHIYAMA Yutaka
The Journal of Organic Chmistry   53巻6号1326頁    1988年
1988/
Selective Reduction of ■,■- Unsaturated Carbonyl Compounds with CarbonMonoxide and Water Assisted by Selenuium
NISHIYAMA Yutaka
Bulletin of the Chemical Society of Japan   62巻5号1682頁    1989年
1989/

書籍等出版物

 
4族メタロセン錯体を用いた不斉合成
Organometallic News   1992年   
New Generation Method for a Samarium(II) Equivalent : Me3SiX (X=Br andI)/Sm-Assisted Intermolecular Carbon-Carbon BondForming Reactions for Carbonyl Compounds
The Journal of Organic Chemistry   1994年   
混合配位型ヘテロポリ酸塩を触媒とする酸素酸化反応
関西大学工業技術研究所 技苑   1995年   
Development of New Synthetic Reactions Using Samarium Compounds As Catalysts
Reviews on Heteroatom Chemistry   1997年   
Reductions with Selenium Reagents
Organoselenium Chemistry: A Practical Approach, Oxford University Press   1999年   

講演・口頭発表等

 
相間移動型ヘテロポリ酸触媒を用いる酸化反応
1993年   
Selenium-Catalyzed Synthesis of Carbonothioates
International Symposium on Integrated Synthesis 2004 (ISIS2004)   2004年   
A New Method for the Synthesis of 1, 3-Oxathiolan-2-ones by the Reaction of Epoxides with Carbon Monoxide and Sulfur
International Symposium on Integrated Synthesis 2004 (ISIS2004)   2004年   
エポキシと一酸化炭素,硫黄の反応
石油学会第53回研究発表会   2004年   
二酸化炭素雰囲気下,ジアリールケトンと金属ランタンの反応
第21回希土類討論会   2004年   

Works

 
二連結置換テトラヒドロフラン誘導体の立体選択的合成
その他   
セレンを触媒とする還元的N-ヘテロ環化反応
その他   
1、2、3-セレナジアゾールとオレフィンの反応
その他   
ジフェニルジセレニドとオレフィン類の反応
その他   
金属サマリウムとBu3SnIの反応に基づく新規サマリウム(II)種発生法
その他   

競争的資金等の研究課題

 
有機セレン化合物の利用
(選択しない)
一酸化炭素の利用
(選択しない)
ランタノイド化合物の有機合成反応への利用
(選択しない)