壇辻 正剛

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/07 02:55
 
アバター
研究者氏名
壇辻 正剛
 
ダンツジ マサタケ
URL
http://www.al.media.kyoto-u.ac.jp/members/dantsuji/dantsuji.htm
所属
京都大学
部署
学術情報メディアセンター 学術情報メディアセンター 教育支援システム研究部門
職名
教授,教授
学位
文学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1986年
京都大学・文学部・研修員/大阪外国語大学非常勤講師
 
1986年
 - 
1990年
京都大学・文学部・助手
 
1990年
 - 
1997年
関西大学・文学部・助教授
 
1997年
   
 
-   京都大学・総合情報メディアセンター・教授
 
 
   
 
     大学院・情報学研究科・知能情報学専攻・教授(兼担)
 

学歴

 
 
 - 
1984年
京都大学 文学研究科 言語学
 
 
 - 
1981年
京都大学 文学研究科 言語学
 
 
 - 
1979年
京都大学 文学部 文学科 言語学専攻
 

論文

 
英語両義構文の音響音声学的考察
壇辻, 正剛
言語学研究   2 1-25   1983年12月   [査読有り]
弁別素性の音響的側面に関する一考察
壇辻 正剛
関西大学視聴覚教育,15, pp.42-74      1992年   [査読有り]
音声データベースの階層的ラベリングの研究
壇辻 正剛
電気通信普及財団研究調査報告書,7, pp.376-384      1993年   [査読有り]
日本語の音声表記について
壇辻 正剛
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   93(427) 53-60   1994年1月   [査読有り]
音声分析と語学教育に関する一考察
壇辻 正剛
関西大学視聴覚教育,19,pp.1-21      1996年   [査読有り]

Misc

 
音声指導上の試みと問題点
壇辻正剛
大阪言語研究会第162 回例会( 大阪大学・街兼山会館).      [査読有り]
ICT 支援の外国語教育の展開
壇辻正剛
平成20 年度メディア科学リサーチセンター研究発表会(豊橋技術科学大学)      [査読有り]
音声対話形式による日本語教育支援(CAI)システムの研究
壇辻 正剛
音声対話研究成果報告書,2, pp.271-274      1995年   [査読有り]
音声対話方式に重点を置いたマルチメディア対応CALLシステムの研究
壇辻 正剛
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集,S3-2      2000年   [査読有り]
正解を動的に作成する英作文支援システムの提案
壇辻 正剛
『シンポジウム報告集 電子環境と語学教育』, 「電子環境と語学教育」研究会,      2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
音声学と音韻論
壇辻 正剛
『講座日本語と日本語教育 第11巻 言語学要説(上)』崎山理編、明治書院,pp.21-59   1989年   
『言語学要説講座日本語と日本語教育第1 巻』
壇辻正剛, 他 (担当:共著)
崎山理編 \n明治書院, 全388頁   1989年   
シンハラ語の半鼻音(half-nasals)に関する音響音声学的研究
壇辻 正剛
『アジアの諸言語と一般言語学』崎山理、佐藤昭裕編、三省堂,pp.525-534   1990年   
音声データベース-実験音声学の立場から-
壇辻 正剛
『日本語学』第10巻、第8号、明治書院,pp.13-24   1991年   
音韻・韻律
壇辻 正剛
『日本語学を学ぶ人のために』第5版、玉村文郎編、世界思想社,pp.123-148   1992年   

Works

 
国際会議座長,第12回国際音声会議
1991年
音声データベース編集
1990年 - 1992年
国際会議座長,第3回国際音声言語処理学会
1994年
Introduction to the Beauties of Kyoto 葵祭-斎王代-
2000年
Introduction to the Beauties of Kyoto 時代祭り-安土桃山時代-
2000年

競争的資金等の研究課題

 
弁別素性の音響的側面
コンピュータ支援型語学教育(CALL)の研究
言語音の音声表記に関する研究