螺良 愛郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/01 02:44
 
アバター
研究者氏名
螺良 愛郎
 
ツブラ アイロウ
URL
http://www3.kmu.ac.jp/pathol2/
所属
関西医科大学
部署
医学部
職名
教授
学位
医学(関西医科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1979年
関西医科大学 医学部 附属香里病院中央検査部 助手
 
1976年
 - 
1977年
米国 シカゴ大学 ベンメイ癌研究所 助手
 
1981年
 - 
1983年
関西医科大学 医学部 病理学第二講座 講師
 
1988年
 - 
1993年
関西医科大学 医学部 病理学第二講座 助教授
 
1993年
 - 
2014年
関西医科大学 医学部 病理学第二講座 教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
関西医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2001年
   
 
- 大阪対がん協会奨励金選考委員
 
1985年
   
 
日本病理学会  評議員
 
2010年
 - 
2012年
日本病理学会  診断病理支部編集委員
 
1996年
   
 
Int . Assoc. Breast Cancer Res.  理事
 
2008年
   
 
Int . Assoc. Breast Cancer Res.  名誉会長
 

受賞

 
1981年
大阪対がん協会研究奨励賞
 
1986年
大阪対がん協会研究奨励賞
 
1987年
大阪対がん協会研究奨励賞
 
1988年
加多乃賞
 
1990年
安田記念医学賞
 

Misc

 
Breast carcinoma in patients receiving neuroleptic therapy: Morphologic and clinicopathologic features of thirteen cases.
Tsubura A, Hatano T, Murata A, Shoji T, Shikata N, Morii S.
Acta Pathol Jpn   42(7) 494-499   1992年
Influence of strain and sex on the local development of mammary tumors induced by direct application of DMBA powder to rat mammary glands.
Tsubura A, Izuno Y, Shoji T, Kusunose N, Morii S.
Acta Pathol Jpn   40(1) 9-13   1990年
Histological distribution of MTV antigen in mice detected by immuno-peroxidase staining.
Tsubura Y, Imai S, Morimoto J, Tsubura A.
Acta Pathol Jpn   36(4) 481-488   1986年
Immunohistochemical expression of mammary tumor virus antigens in mammary glands of virgin mice, in relation to Mtv genes.
Tsubura A, Ueda S, Shikata N, Morii S, Tanaka H.
Acta Pathol Jpn   36(1) 15-22   1986年
Immunohistochemical studies on carcinoembryonic antigen in adenocarcinomas of the uterus.
Ueda S, Tsubura A, Izumi H, Sasaki M, Morii S.
Acta Pathol Jpn   33(1) 59-69   1983年

書籍等出版物

 
X-ray microimaging of cisplatin distribution in ovarian cancer cells,「AIP Conference proceedings (X-ray microscopy, Proceedings of the Sixth International Conference)」
American Institute of physics   2000年   
N-Methyl-N-nitrosourea animal models for retinitis pigmentosa, In: Animal Models for the Study of Human Disease.「Animal Models for the Study of Human Disease」
Academic Press / Elsevier   2013年   
Inhibitory effects of pregnancy and lactation against N-methyl-N-nitrosourea-induced mammary carcinoma in female Lewis rats「Breast Cancer Research」
Monduzzi Editore   1998年   
Methylnitrosourea. In: Encyclopedia of Toxicology, 3rd Ed.「Elsevier, Acadenuc Press」
Elsevier, Acadenuc Press   2014年   
Effect of eicosapentaenoic acid on the suppression of growth and metastasis of human breast cancer cells in vivo and in vitro.「Fatty Acids and Lipids-New Findings.」
Karger   2001年   ISBN:3805571828

講演・口頭発表等

 
LBCを用いた術中診断の検討. (O-3)
第26回大阪病理研究会   2014年   
LC-MS/MSによる茶葉抽出液投与ラットにおける網膜中エピガロカテキンガレート(EGCG)含量の測定.
第39回日本医用マススペクトル学会   2014年   
A spontaneously occurring malignant ovarian Sertoli cell tumor in a young Sprague-dawley rat.
第3回日本獣医病理専門家協会学術集会   2016年   
CD5 expression in thymic carcinoma: possible mechanism for interaction with CD5+ lymphoid stroma (microenvironment).
第74回日本癌学会   2015年   
K19 positive cutaneous squamous cell carcinoma with elevated CYFRA 21-1 in serum. ,
The 23rd World Cong of Dermatol   2015年   

Works

 
MMTV抗原の組織内検出
198000
妊娠依存性乳腺腫瘍をめぐる宿主因子の解析
198100
MMTVの免疫組織学的研究
198200
マウス乳癌ウイルス抗原の組織・細胞内局在部位の検出と伝達機構の解析
198500
CB154投与時のマウスPRL産生細胞の超微形態像およびPRL抗原量の変動-電顕免疫組織化学的手法による
198600

競争的資金等の研究課題

 
乳癌抑制化学物質の探索
研究期間: 1996年   
網膜変性モデルの開発と病態制御
研究期間: 1996年   
経産を介する乳癌制御の機序解明
研究期間: 1999年