楠本 健司

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/01 02:44
 
アバター
研究者氏名
楠本 健司
 
クスモト ケンジ
URL
http://www5.kmu.ac.jp/prs/
所属
関西医科大学
部署
医学部
職名
教授

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
鳥取大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2014年
   
 
日本熱傷学会近畿地方会  監事
 
2016年
   
 
日本熱傷学会近畿地方会  代表世話人
 
2008年
 - 
2011年
日本形成外科学会  学術委員会ガイドライン作成部会委員
 
2009年
 - 
2011年
日本形成外科学会  倫理委員会委員長
 
2009年
 - 
2013年
日本形成外科学会  理事(1,2期)
 

Misc

 
Kushida S, Kakudo N, Suzuki K, Kusumoto K.
Annals of plastic surgery   71(2) 219-224   2013年
Ogawa Y, Takemoto T, Suzuki K, Kusumoto K
Annals of plastic surgery   66(4) 360-363   2011年
Kakudo N, Ogawa Y, Suzuki K, Kushida S, Kusumoto K
Annals of plastic surgery   65(5) 531-535   2009年
The effect of blood supply in muscle and an elevated muscle flap on endogenous tissue-engineered bone by rhBMP-2 in the rat
Kusumoto K, Bessho K, Fujimura K, Akioka J, Okubo Y, Ogawa Y, Iizuka T
Annals of plastic surgery   45(4) 408-414   2000年
The effect of fibroblast growth factor-2 on the osteoinductive activity of recombinant human bone morphogenetic protein-2 in rat muscle.
Fujimura K, Bessho K, Okubo Y, Kusumoto K, Segami N, Iizuka T
Archives of oral biology   47(8) 577-584   2002年

書籍等出版物

 
Quantitative Evaluation of Facial Pigentation, Wrinkles, and Pores Using Robo Skin Analyzer「Advances in Image Analysis Research」
Nova Science Publishers   2014年   
Evaluation of the Effect of Glycolic Acid Chemical Peeling on Facial Skin by Computer Analysis of Digital Camera-Captured Images「Advances in Medicine and Biology」
Nova Science Publishers   2012年   
Jaw reconstruction with BMP, collagen and hydroxyapatite.「Advances in Skeletal Reconstruction Using Bone Morphogenetic Proteins.」
World Scientific Publishing Co., Pte., Ltd   2002年   ISBN:981024729X
Heterotopic osteoinduction by bone morphogenetic protein (BMP); the basic aspects to the application to tissue engineering.「Current Topics in Biochemical Research 3」
Research Trends   2000年   
Bone morphogenetic protein and vascular endothelial growth factor in bone formation.「Recent research developments in biophysics & biochemistry 3.」
Research Signpost Trivandrum-695 023   2003年   ISBN:8127100145

講演・口頭発表等

 
Treatment of Scars with a Fractional Carbon Dioxide Laser
The 13th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery   2016年   
The Surgical Approaches To Intraorbital Tumors Applying Orbitotomy
The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery (ISCFS), 2015   2015年   
Augmentation for Maxillofacial Deformities using Porous Hydroxyapatite Blocks
The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery (ISCFS), 2015   2015年   
Principles of PRP and the PRP therapy
The 12th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery   2014年   
Combination of PRP and Biodegradable Gelatin Hydrogel Promotes Angiogenesis and Wound Healing
第22回日本形成外科学会基礎学術集会   2013年   

Works

 
purified bone morphogenetic protein とrecombinant human bone morphogenetic protein-2 による骨誘導の比較検討
1995年4月 - 1996年3月
骨形成因子(BMP)による骨・軟骨誘導の担体に関する実験的検討
1995年4月 - 1998年3月
purified BMP とrecombinant BMP-2 によるprefabricated muscle flap の実験的研究
1996年4月 - 1997年3月
骨形成因子(BMP)による異所性骨誘導の促進因子に関する実験的検討
1998年4月 - 2000年3月
骨形成タンパク(BMP)による異所性骨誘導と骨髄誘導に関する実験的検討
2000年4月 - 2003年3月

競争的資金等の研究課題

 
骨形成タンパク(BMP)による骨誘導および骨新生
研究期間: 1994年   
脂肪組織由来幹細胞(ASCs)による骨、軟骨、脂肪の再生
研究期間: 2004年   
多血小板血漿(PRP)による創傷治癒および組織・細胞活性化
研究期間: 2006年