松冨 達夫

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
松冨 達夫
 
マツトミ タツオ
所属
近畿大学
部署
工学部 情報工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(広島大学), 工学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1977年
同志社大学 工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1975年
同志社大学 工学部 機械工学科
 

委員歴

 
2001年
 - 
2002年
日本経営工学会  副支部長
 

受賞

 
 
(社)日本経営工学会貢献賞(2009年)
 

論文

 
分岐限定法を用いる大規模フレキシブル混合品種ラインの分割設計法
天田 三郎, 松冨 達夫, 津田 榮一
日本経営工学会論文誌   52(4) 192-201   2001年
大規模なフレキシブル混合品種ラインを分割設計する方法を提示した。 この方法は設計問題を分割する方法と分岐限定法とによって構成されている。
車椅子駆動時の腰背部における筋負荷の定量的評価
中村 一美, 奥本 泰久, 梶本洋平, 松冨 達夫
近畿大学工学部研究報告   41    2007年12月
Multi Objective Hierarchical Service Facility Location Problem With Fuzzy Constraint
松冨 達夫, 木村 有寿, 中村 一美
Review of Business Research   8(5) 1-7   2008年10月
A Redesign Method for Flexible Mixed-product Lines Adapted to the Change of the Production Ratio
木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇
International Journal of Business Research   9(5) 45-53   2009年10月
A Design Method To Extend Stations To The Existing Flexible Mixed-Product Line
木村 有寿, 松冨 達夫, 大谷 崇
International Journal of Business Research   10(4) 45-51   2010年10月

Misc

 
交通流モデルの再生論的研究
近畿大学工学部研究報告   15    1981年
交通流モデルの待ち行列論的研究
近畿大学工学部研究報告   16    1982年
購買者行動の再帰的モデルに関する研究
日本経営工学会誌   36(6)    1986年
方向制約を伴う施設配置問題
   1992年
確率的スパニングツリー問題の信頼領域法による解法
工学,技術および管理における確率モデル   190-195    1993年

書籍等出版物

 
A距離によるファジィ施設配置問題
APORS'94   1995年   

講演・口頭発表等

 
THE ASESSMENT OF EQUILIBRIUM SENSE USING FORWARD TRANSLATION.
中村 一美, 松冨 達夫, 中馬 孝容, 魚住 超
Third Cairo International Biomedical Engineering Conference   2006年12月   Third Cairo International Biomedical Engineering Conference
ファジー性を含む複数施設配置問題の解法
松冨 達夫, 中村 一美, 木村 有寿, 新田 信雄
第17回インテリジェント・システム・シンポジウム   2007年8月   第17回インテリジェント・システム・シンポジウム
配置コストを考慮した複数施設配置問題の解法
木村 有寿, 松冨 達夫, 中村 一美
平成19年度日本経営工学会秋季研究大会   2007年10月   平成19年度日本経営工学会秋季研究大会
個体生存条件を変更する個体分裂アルゴリズムを用いるフレキシブル混合品種ライン設計法
木村 有寿, 松冨 達夫
日本経営工学会平成20年度春季大会   2008年5月   日本経営工学会平成20年度春季大会
多目的施設配置問題へのGAの適用に関する研究
松冨 達夫, 木村 有寿, 中村 一美
日本経営システム学会全国研究発表大会   2008年6月   日本経営システム学会全国研究発表大会

競争的資金等の研究課題

 
競合状態にある施設の配置問題
生産計画ジェネレータの設計
距離にあいまいさを含む施設配置
施設最適配置に関する研究