宮田 繁春

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/14 10:43
 
アバター
研究者氏名
宮田 繁春
 
ミヤタ シゲハル
ハンドル
handle0033972
eメール
miyatahiro.kindai.ac.jp
所属
近畿大学
部署
工学部 ロボティクス学科
職名
准教授
学位
工学博士(広島大学)
科研費研究者番号
60190790

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
広島大学 工学研究科 システム工学
 
 
 - 
1981年
広島大学 工学部 電気工学
 

論文

 
Recognition of Speed Limits on Speed-Limit Signs by Using Machine Learning
宮田 繁春
Proc. of 24th International Conference Mechatronics and Machine Vision in Practice   381-389   2017年11月   [査読有り]
Automatic Recognition of Speed Limits on Speed-Limit Signs by Using Machine Learning
宮田 繁春
J. Imaging   3(25) 1-18   2017年7月   [査読有り]
Automated License Plate Detection using a Support Vector Machine
宮田 繁春
Proceeding of 2016 The 14th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision      2016年11月   [査読有り]
機械学習に基づく速度規制標識の検出と認識
岡兼治、宮田 繁春
第15回情報科学技術フォーラム概要集      2016年9月
サポートベクターマシンを利用したナンバープレートの自動検出
岡 兼治、宮田 繁春
近畿大学工学部研究報告   49 47-52   2015年12月

書籍等出版物

 
Image Processing(ISBN 978-953-307-026-1)
宮田 繁春
In-Tech   2009年12月   
Digital Signal Processing for Communication Systems
宮田 繁春
Kluwer AcademicPublishers   1997年5月   

講演・口頭発表等

 
仮想物体操作のための指先軌跡の実時間追跡
宮田 繁春, 街道建太
日本機械学会2003 年度次大会講演論文集Vol. Ⅶ(徳島)   2003年12月   日本機械学会2003 年度次大会講演論文集Vol. Ⅶ(徳島)
カメラで捕えた指先の位置情報は机上の投影物体を移動させたりするための入力として直接利用することができるため、指先の追跡処理をどのようにしたらよいのかについて考え、そのソフトウェアルゴリズムについて検討している。
運転時のインパネ操作における視認性評価
中村 一美, 樹野 淳也, 田中 一基, 宮田 繁春, 竹原 伸
日本人間工学会第51回大会   2010年6月   日本人間工学会第51回大会
揺れを伴う動画像に対する道路標識の特徴抽出と認識
宮田 繁春
日本機械学会中国四国支部   2011年3月   日本機械学会中国四国支部
道路標識の認識を行う場合、搭載カメラが揺れたときに認識に及ぼす影響について論じている。
自動車運転時の情報提示方法の検討 - タッチパネルのボタンの明度・色相について 
中村 一美, 西原 健太, 樹野 淳也, 米原 牧子, 宮田 繁春, 竹原 伸
日本人間工学会第52回大会   2011年6月   日本人間工学会第52回大会
Traffic Sign Recognition Utilizing an Eigen Space Method Based on the KL Transform
宮田 繁春, 中村一美, 竹原 伸
2011 International Conference on Management Manufacturing and Materials Engineering   2011年12月   2011 International Conference on Management Manufacturing and Materials Engineering
道路標識を認識する新たな方法論について論述している。

競争的資金等の研究課題

 
画像解析
画像解析