滝井 健二

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
滝井 健二
 
タキイ ケンジ
所属
近畿大学
部署
農学部 水産学科
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1986年
高知大学農学部 教務補佐員
 
1987年
 - 
1993年
近畿大学水産研究所 助手
 
1993年
 - 
1996年
近畿大学水産研究所 講師
 
1996年
 - 
2002年
近畿大学水産研究所 助教授
 
2002年
   
 
- 近畿大学水産研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
高知大学 農学研究科 栽培漁業学(水族栄養学)
 
 
 - 
1975年
近畿大学 農学部 水産学(海水増殖学)
 

論文

 
Gustarory receptor responses in marbled rockfish, Sebastiscus marmoratus
滝井 健二, 松田 外志朗, 熊井 英水
Fisheries Sci.   (68) 862-871   2003年3月
Evaluation of dietary yeast autolysates for red sea bream, Pagrus major
熊井 英水, 滝井 健二, 瀬岡 学
SUISANZOSHOKU   2004(52) 387-394   2004年
Evaluation of dietary yeast autolysates for red sea bream, Pagrus major
滝井 健二, 秋山 静太, 瀬岡 学, 熊井 英水
Suisanzoshoku   (52) 387-394   2005年5月
Anesthesia, fasting tolerance and nutrient requirement of juvenile northern bluefin tuna
滝井 健二
Fisheries Sci.   (71) 499-505   2005年
Improvement of the integumentary color and suppression of oxidative stress for cultured red sea bream by ferulic acid and γ-oryzanol
滝井 健二, 佐野 正典
Carotenoid Science   (8) 84-86   2005年

Misc

 
ウナギの摂餌促進物質とその配合飼料への応用に関する研究
近畿大学水産研究所報告   3    1989年
ふ化後におけるマダイ稚仔魚の核酸および一般成分の変化
水産増殖   30    1992年
ふ化後におけるマダイ稚仔魚の各種酵素活性の変化
30    1992年
ブリ幼魚における生餌および配合飼料の消化と血漿成分の経時変化
日本水産学会誌   59(3) 507-513   1993年
和歌山県浦神湾における海水中の従属栄養細菌群
近畿大学農学部紀要   27 15-24   1994年

書籍等出版物

 
アミノ酸,魚介類の摂餌刺激物質
恒星社厚生閣   1994年   
飼餌料,最新海産魚の養殖
湊文社   2000年   
シマアジ,最新海産魚の養殖
湊文社   2000年   

講演・口頭発表等

 
海水でインキュベートしたイシダイ過熟卵の外部形態および遊離オミノサン含量
熊井 英水, 瀬岡 学, 滝井 健二
2003年4月   
Comparison of apparent digestibility among different groups of fish on different days and different stocking densities in red sea bream Pagrus major
熊井 英水, ビッシャシュ アマル, 瀬岡 学, 滝井 健二
2004年9月   
Influence of photoperiod manipulation on growth and digestibility performance of red sea bream Pagrus major
熊井 英水, ビッシャシュ アマル, 瀬岡 学, 滝井 健二
2005年4月   
クロマグロの味覚器応答
熊井 英水, 滝井 健二, 神原 淳 宮崎 多喜子
2005年4月   
Physiological Responsen in Red sea bream,Pagrus major Exposed Different photoperiod Regimes
熊井 英水, ビッシャシュ アマル, 瀬岡 学, 滝井 健二
2005年4月   

Works

 
ヒラメの蛋白質要求量について
1989年

競争的資金等の研究課題

 
魚類の栄養要求に関する研究
魚類の化学感覚に関する研究
魚類の種苗生産に関する生化学的研究
クロマグロ配合飼料の開発
研究期間: 2001年   
クロマグロ稚魚および養成用配合飼料を開発し,養殖産業の発展と資源維持に貢献する。