豊田 秀吉

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
豊田 秀吉
 
トヨダ ヒデヨシ
所属
近畿大学
部署
農学部 農業生産科学科
職名
教授
学位
農学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年
京都大学 農学 農林生物学
 
 
 - 
1973年
大阪教育大学 教育学部 理学
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 

論文

 
Rapid Detection of Phylloplane Bacterium Enterobacter cloacae Based on Chitinase Gene Transformation and Lytic Infection by Specific Bacteriophages
角谷 晃司, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学
Journal of Applied Microbiology Journal of Applied Microbiology   93 1042-1050   2002年
Direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in single trichome cells of plant leaves
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科
Recent Res. Devel. Cell Biol Recent Res. Devel. Cell Biol      2003年
Stable phylloplane colonization by entomopathogenic bacterium Pseudomonas fluorescens KPM-018P and biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Coleoptera: Coccinellidae)
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
Biocontrol Science and Technology   14 427-439   2004年8月
Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
J. Gen. Plant Pathol.   70 7-10   2004年
Powdery mildew pathogens can suppress the chitinase gene expression induced in detached inner epidermis of barley coleoptile
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
Plant Cell Rep   23 504-511   2004年

Misc

 
組織培養による病害抵抗性植物の作出
組織培養   19(5) 151-154   1993年
豊田 秀吉, 吉田 健二, 緒方 陽子, 森川 芳恵, 是枝 一春, 茶谷 和行, 大内 成志
植物組織培養   10(3) 293-297   1993年
松田 克礼, 豊田 秀吉, 池田 成志, 守田 昌弘, 玉井 隆行, 大内 成志
日本植物病理学会報   59(4) 428-431   1993年
豊田 秀吉, 森本 正幸, 角谷 晃司, 森川 正章, 深溝 慶, 後藤 幸男, 寺田 彦次郎, 大内 成志
日本植物病理学会報   59(4) 375-386   1993年
マイクロインジェクション法と┣DBin situ(/)-┫DBハイブリダイゼーション法による菌類細胞での遺伝子発現の検出
141(3) 133-142   1994年

書籍等出版物

 
植物病害と遺伝子工学
朝日出版社   1989年   
野菜の組織・細胞培養と育種
農業図書   1990年   
植物病理学実験マニユアル
養賢堂   1989年   
ハイテク農業情報
化学工業日報社   1988年   
病害防除の新戦略
全国農林教育協会   1992年   

講演・口頭発表等

 
ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高
第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)   2002年7月   第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
経口ガンワクチンの開発を目的とし、ガン細胞特異的タンパク質CD98遺伝子を植物へ導入した。その遺伝子発現をRT?PCRで検出し、さらにタンパク質の翻訳をウエスタンブロット分析で調べた。その結果、組換え植物はCD98タンパク質を生産しており経口ワクチンの可能性が示唆された。
トマトレトロトランスポゾンの発現解析
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 中川真樹, 笹尾真理
第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)   2002年7月   第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域で保存されているアミノ酸配列からプライマーを合成し、RT?PCR分析に用いた。トマト葉およびカルスにおいて、これらは発現しており、既知Ty1/copia型とは異なる断片がカルスより増幅した。
トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンのクローニング
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 玉井智子
日本育種学会第102回年会(帯広)   2002年8月   日本育種学会第102回年会(帯広)
トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 岩崎健太, 畑太一, 益子 高
日本農芸化学関西支部大会(奈良)   2002年10月   日本農芸化学関西支部大会(奈良)
ガン特異的タンパク質であるCD98の全長遺伝子を植物へ導入した。組み込まれたCD98遺伝子の発現をRT?PCR法で検出するとともに、発現タンパク質の生産をウエスタンブロット分析で調べた。
トマトにおけるレトロトランスポゾンの発現解析
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理
日本農芸化学関西支部大会(奈良)   2002年10月   日本農芸化学関西支部大会(奈良)
トマトのレトロトランスポゾンの発現をRT?PCR法により検出した。Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域は、葉ならびにカルス細胞で発現していた。

競争的資金等の研究課題

 
植物細胞工学による病害抵抗性植物の作出
遺伝子工学技術を利用した病害菌の標識と植物病害の生物防除
植物土壌病害の多面的防除に関する生物工学的研究

特許

 
特願2006-036509 : 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府
特願2006-014135 : 飛動生物除去装置及び植物保護装置
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府
特願2006-014136 : 植物病害の治療方法および治療装置
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府