重岡 成

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 13:16
 
アバター
研究者氏名
重岡 成
 
シゲオカ シゲル
URL
http://nara-kindai.unv.jp/02gakka/06bio/syokubun/index.html
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科 バイオサイエンス
職名
教授
学位
農学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
大阪府立大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1975年
大阪府立大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
 
   
 
大阪工研協会バイオテクノロジー部会 幹事
 
 
   
 
ユーグレナ研究会 会長
 
 
   
 
日本植物生理学会  評議委員
 
 
   
 
日本栄養食糧学会  評議委員
 
 
   
 
日本生化学会  評議委員
 
 
   
 
日本ビタミン学会  会長,常任理事,評議委員,編集委員
 
 
   
 
日本農芸化学会  評議委員
 
 
   
 
ビタミンC委員会 委員長
 

受賞

 
2013年7月
近畿大学 近畿大学研究奨励褒賞
 
2013年
日本農芸化学会学会賞
 
2004年
日本ビタミン学会賞
 
2003年
バイオビジネスコンペJAPAN最優秀賞
 
1992年
日本農芸化学会奨励賞
 
1981年
日本ビタミン学会奨励賞
 

論文

 
Otori K, Tanabe N, Maruyama T, Sato S, Yanagisawa S, Tamoi M, Shigeoka S
Journal of plant research   130(5) 909-927   2017年9月   [査読有り]
Otori K, Tamoi M, Tanabe N, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(8) 1470-1477   2017年8月   [査読有り]
Biochemistry and Physiology of Vitamins in Euglena
Watanabe F, Yoshimura K, Shigeoka S
Adv Exp Med Biol.   979 65-90   2017年5月
Noshi M, Yamada H, Hatanaka R, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(3) 523-533   2017年3月   [査読有り]
Shimakawa G, Matsuda Y, Nakajima K, Tamoi M, Shigeoka S, Miyake C
Scientific reports   7 41022   2017年1月   [査読有り]
Ishikawa T, Tamaki S, Maruta T, Shigeoka S
Advances in experimental medicine and biology   979 47-64   2017年   [査読有り]
植物栽培用LED“プラントフレック”照射下でのシロイヌナズナおよびタバコの生育および光合成特性
田茂井政宏, 石田健太, 江口雄巳, 原田京一, 雉鼻一郎, 重岡 成
植物環境工学      2017年   [査読有り]
Noshi M, Mori D, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   252 12-21   2016年11月   [査読有り]
Maruta T, Ogawa T, Tsujimura M, Ikemoto K, Yoshida T, Takahashi H, Yoshimura K, Shigeoka S
Scientific reports   6 37432   2016年11月   [査読有り]
Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T
Plant & cell physiology   57(7) 1377-1386   2016年7月   [査読有り]
Ogawa T, Muramoto K, Takada R, Nakagawa S, Shigeoka S, Yoshimura K
Plant & cell physiology   57(6) 1295-1308   2016年6月   [査読有り]
Noshi M, Hatanaka R, Tanabe N, Terai Y, Maruta T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80(5) 870-877   2016年5月   [査読有り]
Corpas FJ, Aguayo-Trinidad S, Ogawa T, Yoshimura K, Shigeoka S
Journal of plant physiology   192 81-89   2016年3月   [査読有り]
Redox Balance in Chloroplasts as a Modulator of Enviromental Stress Responses: The Role of Ascorbate Peroxidase and Nudix Hydrolase in Arabidopsis
Ishikawa, T., Maruta, T., Ogawa, T., Yoshimura, K. and Shigeoka, S
Redox State as a Central Regulator of Plant-Cell Stress Responses   65-90   2016年
Tamaki S, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T
Plant science : an international journal of experimental plant biology   236 29-36   2015年7月   [査読有り]
Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79(12) 1-8   2015年7月   [査読有り]
Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Archives of biochemistry and biophysics   575 61-68   2015年6月   [査読有り]
Tanaka H, Maruta T, Ogawa T, Tanabe N, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S
Journal of experimental botany   66(19) 5797-5808   2015年6月   [査読有り]
Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79(6) 1-7   2015年3月   [査読有り]
Yoshimura K, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79 354-366   2015年3月   [査読有り]
Katoh A, Ashida H, Kasajima I, Shigeoka S, Yokota A
Breeding science   65(1) 77-84   2015年3月   [査読有り]
Tanaka H, Maruta T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   231 20-29   2015年2月   [査読有り]
Maruta T, Miyazaki N, Nosaka R, Tanaka H, Padilla-Chacon D, Otori K, Kimura A, Tanabe N, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S
The New phytologist   206(3) 1013-1023   2015年1月   [査読有り]
Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K
FEBS letters   589(1) 131-137   2015年1月   [査読有り]
Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K
The FEBS journal   282(1) 54-64   2015年1月   [査読有り]
Ogawa T, Tamoi M, Kimura A, Mine A, Sakuyama H, Yoshida E, Maruta T, Suzuki K, Ishikawa T, Shigeoka S
Biotechnology for biofuels   8(80) 80   2015年   [査読有り]
Generation of transgenic tobacco plants with enhanced tocotrienoll levels through the ectopic expression of rice homogentisate geranylgeranyl transferase
Tanaka H., Yabuta Y., Tamoi M., Tanabe N, and Shigeoka S
Plant Biotechnol   32 233-238   2015年   [査読有り]
Yoshimura K, Ogawa T, Tsujimura M, Ishikawa K, Shigeoka S
Plant & cell physiology   55(9) 1534-1543   2014年9月   [査読有り]
Maruta T, Noshi M, Nakamura M, Matsuda S, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   219-220 61-68   2014年4月   [査読有り]
Kamachi S, Wada K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications   70(Pt 3) 288-293   2014年3月   [査読有り]
Shigeoka S, Maruta T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78 1457-1470   2014年   [査読有り]
Tamaki S, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(4) 593-601   2014年   [査読有り]
Yoshimura K, Nakane T, Kume S, Shiomi Y, Maruta T, Ishikawa T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(1) 60-66   2014年   [査読有り]
Kobayashi M, Hoshinaga Y, Miura N, Tokuda Y, Shigeoka S, Murai A, Horio F
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(6) 1060-1066   2014年   [査読有り]
Yabuta Y, Tanaka H, Yoshimura S, Suzuki A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S
Transgenic research   22(2) 391-402   2013年4月   [査読有り]
Maruta T, Ojiri M, Noshi M, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   77(2) 422-425   2013年   [査読有り]
Maruta T, Inoue T, Noshi M, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
Biochimica et biophysica acta   1820(12) 1901-1907   2012年12月   [査読有り]
Gaber A, Ogata T, Maruta T, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S
Plant & cell physiology   53(9) 1596-1606   2012年9月   [査読有り]
Noshi M, Maruta T, Shigeoka S
Plant signaling & behavior   7(8) 944-946   2012年8月   [査読有り]
Maruta T, Yoshimoto T, Ito D, Ogawa T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S
Plant & cell physiology   53(6) 1106-1116   2012年6月   [査読有り]
Maruta T, Noshi M, Tanouchi A, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
The Journal of biological chemistry   287(15) 11717-11729   2012年4月   [査読有り]
Badejo AA, Wada K, Gao Y, Maruta T, Sawa Y, Shigeoka S, Ishikawa T
Journal of experimental botany   63(1) 229-239   2012年1月   [査読有り]
Ito D, Yoshimura K, Ishikawa K, Ogawa T, Maruta T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(1) 139-147   2012年   [査読有り]
Mori T, Yoshimura K, Nosaka R, Sakuyama H, Koike Y, Tanabe N, Maruta T, Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(11) 2075-2081   2012年   [査読有り]
Ito D, Kato T, Maruta T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(12) 2236-2241   2012年   [査読有り]
Matsumura H, Kai A, Maeda T, Tamoi M, Satoh A, Tamura H, Hirose M, Ogawa T, Kizu N, Wadano A, Inoue T, Shigeoka S
Structure (London, England : 1993)   19(12) 1846-1854   2011年12月   [査読有り]
Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Shioi Y, Suzuki Y, Tamoi M, Takeda T, Shigeoka S, Harada K, Hirata K
Journal of bioscience and bioengineering   112(5) 462-468   2011年11月   [査読有り]
Yabuta Y, Osada R, Morishita T, Nishizawa-Yokoi A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   181(4) 421-427   2011年10月   [査読有り]
Yoshimura K, Mori T, Yokoyama K, Koike Y, Tanabe N, Sato N, Takahashi H, Maruta T, Shigeoka S
Plant & cell physiology   52(10) 1786-1805   2011年10月   [査読有り]

Misc

 
Biochemistry, Cell and Molecular Biology, Springer
edited by Shigeru Shigeoka and Steven D. Schwartzbach.
   2017年5月
ソースおよびシンク能力の改変による植物バイオマス生産能強化
田部記章、田茂井政宏、菊池彰、横田明穂、重岡成
光合成研究   27(2) 103-109   2017年   [査読有り]
植物のNudix hydrolaseファミリーの機能解析の進展ー細胞内GDP-D-マンノースおよびNADH代謝制御の新たな役割ー
小川貴央、重岡 成、吉村和也
生化学   88 752-755   2016年   [査読有り]
シンク・ソース強化によるスーパー植物の開発
横田明穂、重岡 成.
BIO INDUSTRY (バイオインダストリー)   31 20-29   2014年
植物のゲノム科学とバイオテクノロジー:バイオテクノロジーの現状と課題
田茂井政宏、重岡 成
光合成生物の進化と生命科学   139-160   2014年
シロイヌナズナグルタチオンペルオキシダーゼ8の核および細胞質での酸化傷害の抑制への関与.
Ahmed Gaber、尾形知哉、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成.
ビタミン   87 271-273   2013年
Nudix hydrolaseファミリーによるビタミン補酵素型の代謝制御.
吉村和也、伊藤大輔、丸田隆典、重岡 成
ビタミン   87 1-12   2013年
ビタミン
石川孝博、重岡 成
藻類ハンドブック   218-222   2012年
硫黄同化
重岡 成、田茂井政宏
藻類ハンドブック   171-173   2012年
活性酸素種の持つ毒性作用とシグナルとしての機能 ~アスコルビン酸ペルオキシダーゼによるレドックス制御~
丸田隆典、重岡 成
ビタミン   85 31-33   2011年
天然変性タンパク質による光合成調節の新規分子メカニズム:複合体形成によるCP12立体構造の安定化
松村浩由、田茂井政宏、重岡 成
化学と生物   85 31-33   2011年
葉緑体ゲノムへの遺伝子導入による有用物質高含有植物の作出
重岡 成、横田明穂
BIO INDUSTRY (バイオインダストリー)   28(8) 36-41   2011年
微細藻類ユーグレナ(Euglena)が持つ可能性
重岡成、田茂井政宏
電気協会報   (5) 20-25   2011年
高等植物におけるNudix hydrolaseファミリーの多様な生理機能 -ヌクレオシド2-リン酸類縁体の代謝を介した細胞応答制御-
重岡 成, 吉村和也, 石川和也
化学と生物   48 305-308   2010年
畑でつくるサプリメント
重岡 成, 薮田 行哲
化学同人   25-44   2009年
カルビン回路の酵素
重岡 成, 田茂井 政宏
光合成研究法   209-214   2009年
植物の環境ストレスに対する熱ショック転写因子HsfA2を介した応答・適応機構
西澤(横井)彩子、薮田 行哲、重岡 成
農林水産技術 研究ジャーナル   32(7) 10-14   2009年
レドックス制御に関わるアスコルビン酸およびヌクレオシド二リン酸類縁体(Nudix)
吉村和也、薮田哲行、石川孝博、重岡成
ビタミン   81 83-93   2007年
植物のレドックス制御機構と環境ストレス応答への関与
薮田 行哲、小川 貴央、吉村 和也、重岡 成
蛋白質 核酸 酵素   52 578-584   2007年
「プラントミメティックスー植物に学ぶー」 第2編 植物の制御と代謝 ―第2章・エネルギーと代謝 第3節・カルビンサイクルの制御
重岡 成, 田茂井 政宏
NTS出版   231-239   2006年
原生動物ユーグレナ
石川 孝博、重岡 成
光合成微生物の機能と応用 第2章光合成微生物の基礎5   126-137   2006年
アスコルビン酸による光・酸素毒防御系の分子機構の解明
重岡成
ビタミン   79(3) 133-141   2005年
植物のビタミンE生合成経路の全容〜ビタミンE抗含有作物の分子育種を目指して〜
薮田 行哲、重岡 成
ビタミン   79 395-398   2005年
カルビンサイクルの新たな調節機構—小タンパク質CP-12は光合成炭素代謝を制御するー
田茂井 政宏、深溝慶、重岡成
化学と生物   43 770-772   2005年
Engineering of photosynthetic pathways.
Advances in Plant Biochemistry and Molecular Biology, Vol. 1.      2004年
酸化ストレス防御の環境適応機構
石川孝博、重岡成
遺伝   58(6) 49-55   2004年
ビタミンはどれだけ摂ればよいか?-水溶性ビタミンの必要量について- ビタミンC 多様な働きから所要量まで   
村上 恵、武田 徹、重岡 成
ビタミン   77(8) 480-481   2003年3月
ヒューマンスタディにおける市民講演会で、ビタミンcの特性、生理・薬理機能、所要量の決定、現在の摂取量、摂取の仕方〈サプリメントも含む)などについて解説した。
食糧増産と環境保全への挑戦-分子育種によるスーパー植物の創成-
田茂井政宏、重岡 成
FFIジャーナル   208 140-146   2003年
植物代謝工学の有用性-遺伝子組み換えによる生産性と環境ストレス耐性能の向上-
重岡 成
水   45(9) 28-31   2003年
レドックスと代謝エンジニアリング
石川孝博、薮田行哲、田茂井政宏、重岡 成
蛋白質 核酸 酵素   48(15) 2145-2153   2003年
形質転換技術による作物の生理生態形質の育種
重岡 成
農業と園芸   78 299-302   2003年
藻類カルビン回路の調節機構    フェレドキシン/チオレドキシン系を介した光還元力による活性調節の欠損が意味するものは?   
田茂井 政宏, 重岡 成
日本光合成研究会会報   (35) 11-13   2002年12月
ラン藻や真核藻類が行う光合成は、植物一般に考えられている光合成とは異なり、光還元録による活性調節を受けないこと、またそのメカニズムを分子レベルで明らかにしてきた。さらに、このような光合成の違いが、活性酸素による傷害から回避する手段の相違に関連していることなどについて、これまでの研究経緯とともに紹介した。
光・酸素毒耐性植物
242. 重岡 成、田茂井政宏、吉村和也
植物代謝工学ハンドブック(エヌ・ティー・エス)   450-472   2002年
植物のビタミンCの機能—アスコルビン酸ペルオキシターゼの抗酸化機構—ビタミン研究のブレークスルー —発見から最新の研究まで—
重岡 成
ビタミン   285-287   2002年
光・酸素毒防御系の発現制御による環境ストレス耐性植物の作出
吉村和也、薮田行哲、重岡 成
細胞工学   21 1469-1474   2002年
光合成と生育を増強した形質転換タバコをつくる
宮川佳子、田茂井政宏、重岡 成
Bioベンチャー   2 93-96   2002年
光合成能を向上させた植物の分子育種 ラン藻のカルビン回路構成酵素の導入によって光合成能と成育能が増強!
田茂井政宏、宮川佳子、重岡 成
化学と生物   40 422-424   2002年
ビタミンC
栄養・評価と治療   19, 41-46(305-310)    2002年
光合成生物の活性酸素代謝の応答機構
重岡 成
生物工学会誌   79 303-304   2001年
植物のビタミンCの機能-アスコルビン酸ペルオキシダーゼの抗酸化機構-
重岡 成
ビタミン   73 109-114   1999年
光・酸素毒耐性植物のエンジニアリング
重岡 成、田茂井政宏、宮川佳子
蛋白質 核酸 酵酸   44 2246-2252   1999年
葉緑体のアスコルビン酸ペルオキシダーゼ合成の巧みなメカニズム
吉村和也、石川孝博、重岡 成
化学と生物   37 694-699   1999年
ビタミンCの安全性
美濃 眞、五十嵐修、糸川嘉則、西川善之、重岡 成、舛重正一、湯川 進、大塚 恵、杉山みち子、安田和人
ビタミン   72 19-24   1998年
光合成生物における光・酸素毒防御系の分子機構 -光・酸素毒耐性植物の創製は可能か-
重岡 成、石川孝博、武田 徹、田茂井政宏
蛋白質 核酸 酵素   43 634-648   1998年
過酸化水素のシグナルとしての働き
重岡 成
生物工学誌   1 33   1996年
なぜ植物にアスコルビン酸は多く存在するのか
重岡 成
FFI ジャーナル   170 66-74   1996年
生体内抗酸化物質
重岡 成
現代医療   28(8) 73-76   1996年
活性酸素代謝とアスコルビン酸
重岡 成
ビタミン   69 373-379   1995年
原生生物ユーグレナは閉鎖系生活空間において唯一の栄養源として機能する
中野長久、宮武和孝、山地亮一、西澤亜利、重岡 成、細谷圭介、乾 博、渡辺文雄、榎本俊樹、竹中重雄
CELSS JOURNAL   8(1) 別冊   1995年
環境ストレスに対する生体内抗酸化剤による防御系
重岡 成
農芸化学会誌   68 1427-1428   1994年
Euglena におけるビタミンB1の代謝と生理的意義
重岡 成、山地 亮一、中野 長久
ビタミン   67 397-410   1993年
植物の過酸化水素代謝の比較生化学:消去系に大きな違い.藻類のもつ活性酸素耐性の光合成CO2固定能に期待
重岡 成
化学と生物   31 775-777   1993年
植物の光・酸素毒性耐性機構
重岡 成
植物細胞工学   5 446-453   1993年
アスコルビン酸ペルオキシダーゼの分子的性質
石川孝博、重岡 成
ビタミン   67 638-639   1993年
生体での活性酸素代謝
重岡 成
日本食品機械研究会誌   13 57-63   1993年
活性酸素代謝の分子的機作の解明
重岡 成
農化誌   66 1739-1749   1992年
抗酸化酵素-アスコルビン酸ペルオキシダーゼー
重岡 成
活性酸素・フリーラジカル   2 38-47   1991年
抗酸化物:ビタミンC
重岡 成
活性酸素・フリーラジカル   2 148-155   1991年
デヒドロアスコルビン酸の還元に関する最近の話題
重岡 成
ビタミン   64 160-161   1990年
Euglena gracilis z における無機イオンの要求性と蓄積
越智 宏倫、重岡 成、飯塚 義富、渡辺 文雄、中野 長久、北岡 正三郎
日本栄養食糧学会誌   43 54-57   1990年
ヒト及びモルモットにグロノラクトン酸化酵素の遺伝子が存在する
重岡 成
ビタミン   64 735-736   1990年
動植物及び微生物における過酸化水素消去系の新しい存在様式
重岡 成
ビタミン   63 103-104   1989年
Euglenaの呼吸代謝機構
重岡 成、乾 博
農芸化学会誌   63 1506-1508   1989年
ユーグレナ:新素材としての研究開発と応用
重岡 成
フレグランス ジャーナル   93 34-40   1988年
アスコルビン酸-モノデヒドロアスコルビン酸の酸化還元系
重岡 成
ビタミン   61 23-24   1987年
ラットにおける[14C]コレステロールの吸収、体内移行に及ぼすユーグレナ(Euglena gracilis z)の影響
河野裕一、中野長久、北岡正三郎、加藤 清、重岡 成、大西 俊夫.
栄養食糧誌   40 193-198   1987年
ユーグレナ、オルガネラの生理機能
重岡 成、中野長久
遺伝   40 60-65   1986年
新規酵素アスコルビン酸ペルオキシダーゼ
重岡 成
化学と生物   20 209-211   1982年
アスコルビン酸の酸化還元系と活性酸素
重岡 成
ビタミン   56 75-82   1982年
Euglena gracilis におけるL-アスコルビン酸の代謝と生理機能
重岡 成
ビタミン   55 127-140   1981年

書籍等出版物

 
Euglena: Biochemistry, Cell and Molecular Biology, edited by Shigeru Shigeoka and Steven D. Schwartzbach
重岡 成 (担当:編者)
Springer   2017年5月   
藻類ハンドブック
石川 孝博、重岡 成 (担当:分担執筆, 範囲:ビタミン、硫黄同化)
2012年   
BIO INDUSTRY (バイオインダストリー)
横田明穂、重岡 成. (担当:分担執筆)
2014年   
光合成生物の進化と生命科学
田茂井政宏、重岡 成 (担当:分担執筆, 範囲:植物のゲノム科学とバイオテクノロジー:バイオテクノロジーの現状と課題)
2014年   
光合成微生物の機能と応用 第2章光合成微生物の基礎5
石川 孝博、重岡 成 (担当:分担執筆, 範囲:原生動物ユーグレナ)
2006年   
光合成微生物の機能と応用
石川孝博、重岡 成 (担当:分担執筆, 範囲:第2章光合成微生物の基礎 5原生動物ユーグレナ)
シーエムシー出版   2006年   
サプリメントよ、おさらば
2006年   
光合成事典
重岡 成
学会出版センター   2003年11月   
光合成に関する知見、概念、研究手法(特に光・酸素毒、カルビンサイクル)などについて説明した。(共著)
植物代謝工学ハンドブック
重岡 成, 田茂井政宏、吉村和也 (担当:分担執筆, 範囲:光・酸素毒耐性植物)
植物代謝工学ハンドブック   2002年   
ビタミンの事典
重岡 成 (担当:分担執筆, 範囲:アスコルビン酸の生化学的特性)
日本ビタミン学会編,朝倉書店   1996年   
活性酸素と医食同源
重岡 成 (担当:分担執筆, 範囲:食物とアスコルビン酸)
井合康正編,共立出版   1996年   
ユーグレナ
重岡 成(北岡 正三郎 編) (担当:分担執筆, 範囲:生理と生化学、ミトコンドリアと呼吸,pp.44-69 ビタミンと無機質,pp.136-155 酸素,pp.230-232, Euglena取扱法,pp.239-247)
学会出版センター   1989年   

講演・口頭発表等

 
植物のフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索
菊池円架、難波純也、丸田隆典、石川孝博、澤 嘉弘、吉村和也、小川貴央、重岡 成
日本ビタミン学会第69回大会   2017年6月10日   
細胞内鉄代謝制御に関与する転写因子:bHLH11の機能解析
野志昌弘、森 大輔、田部記章、高木 優、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第69回大会   2017年6月10日   
アスコルビン酸ペルオキシダーゼ遺伝子発現の転写後調節因子の同定
田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第69回大会   2017年6月10日   
シロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6)の生物学的外レス応答制御に関与する相互作用因子の同定と機能解析
小川貴央、中川奨也、野津昌史、吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第69回大会   2017年6月10日   
アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の転写制御機構の解析
﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第69回大会   2017年6月10日   
染色体部分置換マウスによる2型糖尿病感受性遺伝子座Nidd1nの解析
小林美里、村木紀之、大野民生、重岡 成、村井篤嗣、堀尾文彦
第71回日本栄養・食糧学会   2017年4月20日   
糖シグナリングによる側枝形成制御の分子機構
大鳥久美、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月20日   
ユーグレナのトランスエノイルCoA還元酵素遺伝子導入によるバイオ燃料生産性の向上
田茂井政宏、野志昌弘、小川貴央、石川孝博、重岡 成
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月20日   
ソース/シンク能同時強化サツマイモの作出に向けたサツマイモ根特異的プロモーターの単離
冨本優美、田部記章、田茂井政宏、菊池 彰、横田明穂、重岡 成
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月20日   
アスコルビン酸生合成主要因子VTC2の発現を調節する転写因子の機能解析
﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月20日   
葉緑体APX遺伝子の選択的スプライシングを制御するトランス因子の同定
田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成
第58回日本植物生理学会年会   2017年3月16日   
NPR1依存的 SA シグナル経路の制御に関与 するシロイヌナズナ Nudix hydrolase 6 (AtNUDX6)の相互作用因子の同定および 機能解析
中川奨也、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
第58回日本植物生理学会年会   2017年3月16日   
シロイヌナズナbHLH11は転写制御因子として鉄取り込みを負に制御する
森 大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡 成
第58回日本植物生理学会年会   2017年3月16日   
植物のフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析
小川貴央、菊池円架、吉村和也、石川孝博、重岡 成
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月1日   
葉緑体H2O2応答性転写因子RTS1は転写抑制因子として鉄取り込みを抑制する
森 大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡 成
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月1日   
シロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6および7)の相互作用因子の探索と機能解析
中川奨也、小川貴央、吉村和也、重岡 成
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月1日   
葉緑体APXIIの選択的スプライシング制御タンパク質の同定
大原晨亜、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成
ユーグレナ研究会第32回研究集会   2016年11月5日   
アスコルビン酸生合成経路における主要因子VTC2の転写制御機構の解明
﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡 成
ユーグレナ研究会第32回研究集会   2016年11月5日   
Trans-2-enoyl-CoA reductase遺伝子導入によるユーグレナのワックスエステル生合成能の強化
野志昌弘、田茂井政宏、小川貴央、石川孝博、重岡 成
ユーグレナ研究会第32回研究集会   2016年11月5日   
シロイヌナズナ由来のclade IV TGA転写因子は活性酸素種を介した病原応答の制御に寄与する
野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会平成28年度関西支部大会(第496回講演会)   2016年9月17日   
シロイヌナズナおよびタバコの生育に対する植物栽培用LED“プラントフレック”の評価
伊藤大輔、石田健太、江口雄巳、原田京一、田茂井政宏、重岡成
日本生物環境工学会   2016年9月13日   
Genetic engineering in sweet potato for the improvement of productivity
Noriaki Tanabe, Masahiro Tamoi, Akira Kikuchi, Akiho Yokota and Shigeru Shigeoka
The 17th International Congress on Photosynthesis Research   2016年8月7日   
Identification and characterization of chloroplastic and cytosolic fructose-1,6-bisphosphatases from Euglena gracilis
Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Takanori Maruta, Takahiro Ishikawa, Masahiro Tamoi, and Shigeru Shigeoka
17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2016年6月26日   
Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by genetic engineering of the Calvin cycle leads to increases in biomass and wax ester production
Masahiro Tamoi, Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Kengo Suzuki, Takahiro Ishikawa, and Shigeru Shigeoka
17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2016年6月26日   
植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析
戸田結奈、小川貴央、吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第68回大会   2016年6月18日   
シロイヌナズナ遺伝子破壊株を用いたデヒドロアスコルビン酸還元酵素の生理機能解析
野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第68回大会/   2016年6月18日   
アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の発現制御因子の解析
﨑下絢子、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第68回大会   2016年6月18日   
植物アスコルビン酸生合成の鍵酵素GDP−L−ガラクトースホスホリラーゼは酸化型アスコルビン酸により活性調節を受ける
﨑山佳祐、佐藤裕子、丸田隆典、吉村和也、重岡 成、澤 嘉弘、石川孝博
日本ビタミン学会第68回大会   2016年6月18日   
植物におけるアスコルビン酸最大蓄積量の制限要因
伊藤史帆、大北由佳、重岡 成、吉村和也
日本ビタミン学会第68回大会   2016年6月18日   
葉緑体H2O2応答性転写因子MVS11は鉄取り込みを抑制する
森 大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡 成
日本ビタミン学会第68回大会   2016年6月18日   
シロイヌナズナNADH加水分解酵素の生物的/非生物的ストレス応答機構の解析
中川奨也、小川貴央、吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第68回大会   2016年6月18日   
糖シグナリングによる側枝形成機構の解明
大鳥久美、岩城孝平、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
シロイヌナズナ HsfA1d/A1e を介した β-シクロシトラールによる遺伝子発現制御機構の解明
薮田行晢、佐々木悠、重岡 成、渡辺文雄
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
鉄欠乏応答に関与する葉緑体 H2O2応答性遺伝子の機能解析
野志昌弘、森 大輔、田部記章、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
植物のアスコルビン酸蓄積量の制限に関わる因子の解析
伊藤史帆、大北由佳、重岡 成、吉村和也
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
ラン藻 FBP/SBPase導入によるサツマイモバイオマスへの影響
田部記章、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
ユーグレナのバイオ燃料生産性に及ぼすラン藻 FBP/SBPase 導入による光合成機能強化の影響
小川貴央、作山治美、田茂井政宏、石川孝博、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
シロイヌナズナのフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析
戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
LED 光源藻類培養装置の開発及びラン藻Synechococcus elongatus PCC7942 の生育および光合成特性に及ぼす照射光波長の影響
三根彩佳 、木口洋輔、江口雄己、原田京一、田茂井政宏、重岡 成、雉鼻一郎
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942における光酸化的ストレス耐性へのカルビン回路調節因子 CP12 の関与
田茂井政宏、松井伶真、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
シロイヌナズナHsfA2を介した Hsfファミリーの転写活性化機構の解析
川端彬未、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
RNA-seq解析によるサツマイモ不定根原基形成機構の解明
伊藤 茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月28日   
シロイヌナズナのデヒドロアスコルビン酸還元酵素群の包括的な機能解析
野志昌弘、畑中理佐、田茂井政宏、丸田隆典、重岡 成
第57回日本植物生理学会年会   2016年3月18日   
酸化的ストレス応答と鉄ホメオスタシスの制御に関与する葉緑体 H2O2応答性遺伝子の機能解析
森 大輔 、野志昌弘、岡本 泰、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成
第57回日本植物生理学会年会   2016年3月18日   
シンク能強化のためのサツマイモ由来不定根原基形成因子の単離
伊藤 茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成
第57回日本植物生理学会年会   2016年3月18日   
シロイヌナズナのフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索
戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
第57回日本植物生理学会年会   2016年3月18日   
植物ホルモンを介した側枝形成におけるショ糖生合成系の関与
大鳥久美、川本智美、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
第56回日本植物生理学会年会   2016年3月17日   
アスコルビン酸生合成の光制御に関与するVTC3 の機能解析
袖山 翼、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博
第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月1日   
シロイヌナズナの強光応答遺伝子の発現に及ぼすオキシリピン類の影響
薮田行晢、稲田陽子、石川孝博、渡辺文雄、重岡 成
第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月1日   
Improvement of photosynthesis and productivity of crop plants and microalgae by genetic engineering of the Calvin cycle.
Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka
Yamada Conference International Symposium on Dynamics and Regulation of Photosynthesis   2015年10月29日   
ビタミンE生合成酵素遺伝子群の導入による植物のTocおよびToc3含量への影響
田中裕之、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第67回大会   2015年6月5日   
一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素の生物的/非生物的ストレス応答制御機構の解析
高田梨沙、中川奨也、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第67回大会   2015年6月5日   
シロイヌナズナGDP-D-Mannose加水分解酵素(AtNUDX9)の生理機能解析
田中裕之、丸田隆典、小川貴央、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成
日本ビタミン学会第67回大会   2015年6月5日   
植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索
戸田結奈、佐渡千紘、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第67回大会   2015年6月5日   
植物におけるアスコルビン酸再生系酵素の生理機能解析
野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、重岡 成
日本ビタミン学会第67回大会   2015年6月5日   
葉緑体H2O2応答性転写因子群は鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストークに関与する
森 大輔、野志昌弘、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成
日本ビタミン学会第67回大会   2015年6月5日   
ジャガイモ塊茎を形成するストロンの原基である地中腋芽におけるRanGTPase1遺伝子の発現機構
加藤 彰、福井由記、蘆田弘樹、明石欣也、梶川昌孝、重岡 成、横田明穂
日本農芸化学会2014年度大会   2015年3月29日   
サツマイモ不定根形成に関わる制御因子の同定
伊藤 茜、田部記章、小林宏太、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2過剰発現によるサツマイモの酸化ストレス耐性強化
小林宏太、田部記章、伊藤 茜、大鳥久美、高安聡子、菊池彰、横田明穂、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6および7)の生物的/非生物的ストレス応答制御機構の解析
高田梨沙、小川貴央、村本亘平、吉村和也、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
Nudix hydrolase(AtNUDX6および7)による細胞内NADHステータス調節を介したストレス応答制御
村本亘平、高田梨沙、小川貴央、重岡 成、吉村和也
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
葉緑体H2O2応答性転写因子群による鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストーク
野志昌弘、岡本 泰、森 大輔、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
シロイヌナズナにおけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素の包括的な機能解析
畑中理佐、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、丸田隆典、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
レドックス応答性ホメオドメインロイシンジッパー転写因子は酸化的ストレス下での成長制御に関与する
大和開、野志昌弘、高木 優、吉村和也、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
ワックスエステル生産に関わる緑藻ユーグレナのRNA-Seq解析
冨山拓矢、吉田勇太、丸田隆典、澤 嘉弘、荒川和春、石川孝博
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
ラン藻FBP/SBPase遺伝子導入によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上
木村彩子、小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月28日   
葉緑体H2O2応答性bHLH転写因子の機能解析
岡本 泰、野志昌弘、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、重岡 成
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月17日   
嫌気および高炭酸ガス条件下における微細藻類ユーグレナの発現遺伝子解析
冨山拓矢、吉田勇太、丸田隆典、澤 嘉弘、荒川和春、石川孝博、重岡 成
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月17日   
Euglena gracilis由来フルクトース1,6-ビスホスファターゼの同定と機能解析
小川貴央、雲川和幸、篠原康佑、木村彩子、作山治美、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡 成
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月17日   
一過的発現系によるシロイヌナズナNADH加水分解酵素 (AtNUDX6, 7)の生理的意義の解明
重岡 成高田梨沙、小川貴央、村本亘平、吉村和也、重岡 成
第37回 日本分子生物学会年会   2014年12月26日   
蘚類ヒメツリガネゴケにおけるアスコルビン酸生合成経路の機能解析
袖山 翼、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博
第37回 日本分子生物学会年会   2014年11月26日   
ジャガイモ・シンク能力の増大を目指した腋芽発達関連因子の活用
加藤 彰 、重岡 成 、横田明穂
2014年度日本農芸化学会関西支部大会(第486回講演会)   2014年9月20日   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子 HsfA2 過剰発現サツマイモの酸化ストレス耐性能評価
小林宏太 、田部記章、大鳥久美、伊藤 茜 、田茂井政宏、横田明穂、重岡 成
2014年度日本農芸化学会関西支部大会(第486回講演会)   2014年9月20日   
植物アスコルビン酸の光調節に関与するVTC3遺伝子の機能解析
袖山 翼、原井健司、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博
日本ビタミン学会第66回大会   2014年6月14日   
葉緑体由来のH2O2シグナル伝達機構に関与する遺伝子群の同定と機能解析
野志昌弘、岡本 泰、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、石川孝博、重岡 成
日本ビタミン学会第66回大会   2014年6月14日   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2のCa2+シグナリングによる発現制御機構の解明
中村朋美、野坂亮太、小林宏太、田部記章、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月28日   
側枝形成における植物ホルモンを介した糖シグナリングの関与
大鳥久美、福井祥太、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月28日   
サツマイモ由来Rubisco small subunitプロモーターの単離と発現解析
田部記章、豊田雄介、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月28日   
光酸化的ストレス条件下におけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムによる細胞内レドックス状態の制御機構
畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡 成
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月28日   
CP12-GAPDH-PRK複合体形成によるカルビン酸回路調節機構の解明
重岡 成松村浩由、清水伸隆、木津奈都子、吉田将康、荒武将弘、溝端栄一、田茂井政宏、和田野晃、   重岡 成、井上 豪
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月28日   
AtNUDX6および7によるNADH代謝を介した生物的/非生物的ストレス応答関連遺伝子の発現制御
奥田雅宣、野田北斗、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
日本農芸化学会2013年度大会   2014年3月26日   
Euglenaペルオキシレドキシンアイソザイムの機能解析
玉木 峻、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博
第54回植物生理学会年会   2014年3月22日   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA4cによるHsfA2の発現を介した熱ストレス応答機構
野坂亮太、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡 成
第55回植物生理学会年会   2014年3月20日   
光合成能強化シロイヌナズナの生育初期におけるC/Nバランス制御
田茂井政宏、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、重岡 成
第55回植物生理学会年会   2014年3月18日   
バイオ燃料増産を目指したユーグレナ形質転換技術の確立
小川貴央、三根彩佳、作山治美、吉田絵梨子、鈴木健吾、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、   重岡 成
第55回植物生理学会年会   2014年3月18日   
葉緑体由来のH2O2シグナリングを介したストレス応答の分子機構
野志昌弘、岡本 泰、問田英里、田茂井政宏、高木 優、丸田隆典、石川孝博、重岡 成
第55回植物生理学会年会   2014年3月18日   
ペルオキシソーム型モノデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムの機能重複および分化
高橋隆樹、畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   
ホメオドメインロイシンジッパー転写因子のレドックスシグナリングへの関与
大和 開、問田英里、野志昌弘、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木 優、丸田隆典、澤 嘉弘、石川孝博、重岡 成
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   
Improving growth and environmental stress tolerance of plants by molecular engineering
Shigeru Shigeoka
NC-CARP and JST CREST/PRESTO International Symposium Toward the use of atmospheric CO2-from photosynthesis to biorefinery   2013年11月8日   
素分配による側枝形成の制御機構
田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、田部記章、重岡成
日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会   2013年9月6日   
特別講演:2013年度日本農芸化学会賞受賞講演 光合成生物の環境ストレス応答・耐性の分子機構に関する研究
重岡 成
日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会   2013年9月5日   
畑で作るサプリメント
重岡 成
日本農芸化学会 北海道支部 夏期シンポジウム   2013年8月10日   
光酸化的ストレス応答におけるアスコルビン酸再生系酵素群の役割
畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡 成
日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度 合同広島大会   2013年8月6日   
シンポジウム:ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発
田茂井政宏、鈴木健吾、石川孝博、重岡 成
第15回マリンバイオテクノロジー学会大会   2013年6月1日   
Analysis of sugar signaling pathway via plastid invertase in Arabidopsis seedlings
Daniel-Padilla Chacon、Noriaki Tanabe、Kumi Otori、Takanori Maruta、Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka
第4回光合成学会   2013年6月1日   
Nudix hydrolaseによるNADH代謝を介した生物的/非生物的ストレス応答機構の解析
 奥田雅宣、野田北斗、○吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第65回大会   2013年5月18日   
ストレスおよびホルモン応答の制御における葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)の生理学的意義
吉田幸史、辻村昌希、三島真優、問田英里、丸田隆典、田茂井政宏、吉村和也、重岡 成
日本ビタミン学会第65回大会   2013年5月18日   
Euglena gracillisにおけるアスコルビン酸生合成の光調節機構
山口由貴、丸田隆典、澤 嘉弘、重岡 成、石川孝博
日本ビタミン学会第65回大会   2013年5月18日   
シロイヌナズナHsfA4cによるHsfA2発現制御機構の解明
野坂亮太、林 秀樹、小林宏太、丸田隆典、高木 優、薮田行哲、田茂井政宏、重岡 成
日本農芸化学会2013年度大会   2013年3月26日   
グルタチオンペルオキシダーゼ相互作用タンパク質の同定および機能解析
尾形知哉、高田梨沙、Gaber Ahmed、田茂井政宏、吉村和也、丸田隆典、重岡 成
日本農芸化学会2013年度大会   2013年3月26日   

競争的資金等の研究課題

 
シンク/ソース同時改良による植物生産性強化の基盤開発
国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ)
研究期間: 2014年10月 - 2017年3月    代表者: 重岡 成
植物の環境ストレス応答・耐性の分子機構解明
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 深溝 慶
微細藻類バイオ燃料製造に関する実用化技術強化の研究開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(次世代技術開発)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 重岡 成
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 重岡 成
細胞内における酸化還元(レドックス)状態(バランス)は、環境ストレス応答・防御を含む様々な生理機能の発現に深く関わっている。そこで、「植物のレドックス制御による環境ストレス応答の分子機構」を統合的に理解することを目指して、(1)葉緑体ROSを介した酸化的シグナリングの分子機構、(2)ヌクレオシド2-リン酸代謝による細胞内レドックス制御機構について解析した。(1)チラコイド膜結合型アスコルビン酸ペルオキシダーゼ(tAPX)の誘導抑制系を用いた解析により同定した葉緑体由来のH_2O_2に応答す...
イモ革命による持続的低炭素化地球生活の実現 「遺伝子導入によるサツマイモの生産性増大およびストレス耐性能付与とその評価」
JST先端的低炭素化技術開発事業ALCA(低炭素)
研究期間: 2011年4月 - 2012年9月    代表者: 横田 明穂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 重岡 成
葉緑体由来の活性酸素種(ROS)に応答する遺伝子群を約800個同定し、それらの機能解析を行った。その結果、PSI1およびPSS8と名付けた新規遺伝子が葉緑体由来のROSを介したストレス応答に重要であることを明らかにした。また、植物の環境ストレス応答に重要である熱ショック転写因子(HsfA2)の誘導機構について解析し、HsfA2の発現はHsfA1dおよびHsfA1eに制御されることを明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 重岡 成
本研究から、植物におけるNudix hydrolase(AtNUDX)は多様な生理的役割を果たしていることが明らかになった.すなわち、シロイヌナズナ細胞質局在型のAtNUDX1は酸化ヌクレオチド浄化、AtNUDX2はADP-リボースのリサイクル、AtNUDX7はNADH代謝を介したPAR反応制御により酸化ストレス防御に機能していることを明らかにした.また、推定オルガネラ局在型のAtNUDX15、14、19、および23の細胞内局在性および特異的基質も明らかにした.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 重岡 成
本研究はレドックス制御による遺伝子発現調節の分子機構の解明を目的として、以下の3項目について研究を行った。1.APXアイソザイムの遺伝子発現制御機構と細胞内レドックスの関連性の解析細胞質型APX(cAPX)の発現調節機構について解析を行った。その結果、ストレス初期のcAPXの誘導はプラストキノンプールのレドックス状態が、続くストレスにより上昇した細胞内H_2O_2レベルによって更にcAPXが誘導を受けていることが明らかとなった(Yabuta et a1.,2004)。また、植物の葉における...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 重岡 成
1.葉緑体型APXアイソザイムの選択的スプライシングによる発現調節機構の解明葉緑体型APXの前駆体mRNAにおける選択的スプライシング機構は組織特異的に発現制御されている。そこで、制御機構を明らかにするために、選択的スプライシングの制御のシス因子(SRE)と推定される23ntの配列(SRE)に様々な部位に変異を導入し、in vitroで生成させたmRNAに対するホウレンソウ核タンパク質の結合能をRNA-タンパク質ゲルシフト法により解析した。その結果、ホウレンソウやタバコの葉とタバコ緑色培養...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 重岡 成
高等植物ソース器官のカルビン(光合成炭素還元:PCR)サイクルのチオール酵素に着目し、光合成を含めた炭素代謝におけるこれら酵素の位置づけと調節機構の生理的意義の解明を目的とする。本研究ではラン藻(Synechococcus PCC7942)のチオール酵素FBP/SBPaseを葉緑体または細胞質に導入したタバコ形質転換植物を作製し、ソース/シンク器官にける光合成能および炭素代謝に及ぼす影響を検討した。葉緑体にFBP/SBPascを導入した形質転換タバコでは、光強度の異なる培養条件下(水耕栽培...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 重岡 成
高等植物ソース器官のカルビン(光合成炭素還元:PCR)サイクルのチオール酵素に着目し、光合成を含めた炭素代謝におけるこれらの酵素の位置づけと調節機構の生理的意義の解明を目的とする。本研究ではラン藻(Synechococcus PCC7942)のチオール酵素FBP/SBPaseを葉緑体または細胞質に導入したタバコ形質転換植物を作製し、ソース/シンク器官における光合成および炭素代謝に及ぼす影響を検討した。水耕栽培(400μE/m^2/s、相対湿度60%、25℃)10週目の形質転換体の葉、茎、根...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 重岡 成
高等植物におけるアスコルビン酸ペルオキシダーゼ(APX)アイソザイムの発現調節機構と生理的意義、およびアスコルビン酸(AsA)生合成機構を明らかにすることを目的として以下の3つの項目について検討を行った。1)チラコイド型APX(tAPX)およびストロマ型(sAPX)は同一の遺伝子から3'末端の選択的スプライシングにより生成している。RT-PCRによる解析の結果、ApxIIから分子量の異なる4種類のmRNA(tAPX-I, sAPX-I, -II, -III)が生成していることが明らかになっ...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 重岡 成
本研究では1)SynechococcusPCC7942カタラーゼ-ペルオキシダーゼ(CPX)遺伝子およびチオール酵素(FBPase,GAPDH)遺伝子の解析および発現系の確立2)カタラーゼ(カタラーゼ-ペルオキシダーゼ)遺伝子(大腸菌:KatEおよびCPX)およびチオール酵素(FBPase,GAPDH)遺伝子のタバコへの導入および形質転換植物の環境ストレスに対する応答機構の解析を目的とする。(1)S.7942のカタラーゼ-ペルオキシダーゼの分子的性質 CPX遺伝子は2160bp、720残基...
抗酸化剤の代謝と生理機能
光合成生物における過酸化水素消去機構
環境ストレス耐性植物の作出

特許

 
高等植物の生産性を向上させる方法
3357909
活性酸素消去系酵素遺伝子の発現を増強させることにより作製した耐冷性が強化されたイネ科植物体
2002-274942
ストレス耐性が向上した植物及びかかる植物の製造方法
2003-209663
ストレス耐性が向上した組み換え植物及びかかる組み換え植物の生産方法
2004-94266
葉緑体工学による植物の生産性を向上させる方法
2004-059513