閔 庚善

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/27 14:26
 
アバター
研究者氏名
閔 庚善
 
ミン キョンソン
所属
大阪大谷大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
薬学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
2013年3月
衛生科学研究会  会長
 
2009年4月
 - 
2011年3月
衛生科学研究会  副会長
 

論文

 
Min KS, Takano M, Amako K, Ueda H, Tanaka K
Toxicology letters   218 91-96   2013年3月   [査読有り]
Nitric oxide promotes survival of cerebral cortex neurons with simultaneous addition of [Fe(II)(β-citryl-L-glutamate)] complex in primary culture.
Hamada-Kanazawa M, Narahara M, Takano M, Min KS, Tanaka K, Miyake M
Biological & pharmaceutical bulletin   36 1068-1079   2013年   [査読有り]
Takano M, Maekura K, Otani M, Sano K, Nakamura-Hirota T, Tokuyama S, Min KS, Tomiyama T, Mori H, Matsuyama S
Neurochemistry international   61 347-355   2012年8月   [査読有り]
Onodera A, Tani M, Michigami T, Yamagata M, Min KS, Tanaka K, Nakanishi T, Kimura T, Itoh N
Toxicology letters   212 91-96   2012年7月   [査読有り]
Min KS, Kishi N, Yamashita N, Tanaka K
Chemico-biological interactions   195 61-67   2012年1月   [査読有り]

Misc

 
Increased hepatic accumulation of ingested Cd is associated with upregulation of several intestinal transporters in mice fed diets deficient in essential metals.
Min KS, Ueda, H., Kihara, T., Tanaka, K
Toxicol.Sci   106(1) 284-289   2008年
Effect of hemolytic and iron-deficiency anemia on intestinal absorption and tissue accumulation of cadmium.
Min KS, Iwata N., Tetsuchikawahara, N. Onosaka, S. and Tanaka, K.
Toxicol Lett.   179 48-52   2008年
Involvement of intestinal calcium transporter 1 and metallothionein in cadmium accumulation in the liver and kidney of mice fed a low-calcium diet.
Min KS, Ueda, H., Tanaka, K
Toxicol Lett.   176 85-92   2008年
Lipopolysaccharide activates the kallikrein–kinin system in mouse choroid plexus cell line ECPC4.
Takano M, Satoh C, Kunimatsu N, Otani M, Hamada-Kanazawa M, Miyake M, Min K, Yayama K, Okamoto H.
Neurosci Lett.   434(3) 310-314.   2008年
Min KS
Yakugaku Zasshi   127(4) 695-702   2007年

書籍等出版物

 
パザパ薬学演習シリーズ⑪衛生薬学演習
閔 庚善 (担当:共著)
京都廣川書店   2012年4月   
食品衛生学「食の安全」の科学
閔 庚善 (担当:分担執筆, 範囲:器具・容器包装および洗剤)
南江堂   2011年4月   
コンパス衛生薬学ー健康と環境ー
閔 庚善 (担当:分担執筆, 範囲:化学物質の毒性)
南江堂   2011年4月   
NEW衛生薬学
廣川書店   2009年   
Protective effect of metallothionein on DNA damage induced by hydragen peroxide and ferric ion-nitrilotriacetic acid
Metallothionein IV   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
重金属の体内蓄積および毒性に関する研究
研究期間: 1980年   
環境汚染物質に対する生体防御機構
研究期間: 1980年   
酸化的ストレスに対する生体防御機構
研究期間: 1995年   
健康食品や保健機能食品制度と消費者意識に関する研究
研究期間: 2007年 - 2012年
日本人の食生活の現状を調査し、それに対応した保健機能食品や健康食品の活用を考え、健康被害発生の防御