国友 勝

J-GLOBALへ         更新日: 10/02/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
国友 勝
 
クニトモ マサル
URL
http://ph.mukogawa-u.ac.jp/
所属
旧所属 武庫川女子大学 薬学部 生物薬学科
職名
教授
学位
薬学博士(静岡薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1968年
 - 
1973年
静岡薬科大学 助手
 
1973年
 - 
1977年
静岡薬科大学 講師
 
1977年
 - 
1993年
武庫川女子大学薬学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1967年
大阪大学 薬学研究科 薬品化学
 
 
 - 
1965年
名古屋市立大学 薬学部 薬
 

Misc

 
山口 優, 林 真知子, 山添 寛, 国友 勝
日本薬理学雑誌   97(6) 329-337   1991年
動脈硬化用薬-最新薬物療法mannual(上巻)(]G0003[).治療薬C 心臓・血管領域
日本臨床   49    1991年
茶抽出成分の抗動脈硬化作用
11    1990年
緑茶抽出物およびEthanol抽出物の抗脂血作用の比較研究
応用薬理   43,555-559    1992年
ガラクトサミン負荷によるラットの肝障害に対する緑茶抽出物の効果
日薬理誌   100,391-399    1992年

書籍等出版物

 
最新薬理学 第4改稿版
広川書店   1992年   
グッドマン・ギルマン薬理書-薬物治療の基礎と臨床(翻訳)
広川書店   1992年   
ポイント薬理学
広川書店   1992年   
Prevevtive effect of green tea extract on elevateo lipid peroxide levels in the serum and cholesterol accumulation in the aorta of mice fed an atherogeric diet
Proceedings of the International Symposium on Tea Science Kurofune Printing   1991年   
Endothelin-thromboxane system in vascular activity. In Thromboxane A2 and Other Vasoconstrictors in Clinical Conditions.
Scientific Press, florence   1993年   

Works

 
動脈硬化治療薬の薬理学的研究
1997年
フルバスタチンの基礎実験
1997年
フルバスタチンの基礎的研究
2000年
喫煙による動脈硬化発症機序
2003年
メタボリックシンドロームモデルにおける酸化ストレスの増加と抗酸化物質の影響
2004年

競争的資金等の研究課題

 
動脈硬化の成因ならびに抗動脈硬化薬の開発に関する研究