矢守 克也

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/05 16:44
 
アバター
研究者氏名
矢守 克也
 
ヤモリ カツヤ
所属
京都大学
部署
防災研究所 巨大災害研究センター
職名
助教授
学位
学術修士, 博士(人間科学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
大阪大学 人間科学研究科 行動学(社会心理学)
 
 
 - 
1985年
大阪大学 人間科学部 行動学(社会心理学)
 

委員歴

 
 
   
 
日本心理学会  議員
 
2004年
   
 
自然災害学会  編集委員
 
2004年
   
 
Asian Association of Social Psychology  consulting editor
 
2004年
   
 
質的心理学会  常任理事、副編集委員長
 

受賞

 
1991年
日本社会心理学会若手研究者奨励賞
 
1998年
日本グループダイナミックス学会優秀論文賞(若手研究者部門)
 
1995年
日本グル-プダイナミックス学会研究奨励賞
 
1997年
日本グループダイナミックス学会優秀論文賞(若手研究者部門)
 
2005年
日本シミュレーション&ゲーミング学会「優秀賞」
 

論文

 
Disaster education based on legitimate peripheral theory:A new model of disaster science communication.
Journal of Natural Disaster Science   38(1)    2017年   [査読有り]
スマホ・アプリで津波避難の促進対策を考える:「逃げトレ」の開発と実装の試み
孫英英・矢守克也・鈴木進吾・李フシン・杉山高志・千々和詩織・西野隆博・卜部兼慎
情報処理   58(1) 1-10   2017年   [査読有り]
自治体の多様性を踏まえた災害情報システムのあり方に関する考察
伊勢正・磯野猛・臼田裕一郎・藤原広行・矢守克也
地域安全学会論文集(電子ジャーナル論文)   (30)    2017年   [査読有り]
避難訓練支援アプリ「逃げトレ」の開発 : スマートフォンで高齢者向け防災教育の新しい形 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report
孫英英・杉山高志・李旉昕・矢守克也・鈴木進吾・西野隆博・卜部兼慎
信学技報   (116(185)) 109-114   2016年
アクションリサーチの〈時間〉
矢守 克也
実験社会心理学研究   (56) 1,48-59   2016年   [査読有り]
防災・減災活動における当事者の主体性の回復をめざしたアクションリサーチ
孫 英英・矢守克也・谷澤亮也
実験社会心理学研究   (55) 75-87   2016年   [査読有り]
Tsunami evacuation behavior of coastal residents in Kochi Prefecture during the 2014 Iyonada Earthquake.
Natural Hazards. (Online)      2016年   [査読有り]
防災気象情報のレベル化とセルフウェザーゲームの開発
竹之内健介・矢守克也・河田慈人
災害情報   14 186-198   2016年   [査読有り]
防災教育における「伝達型」・「参加型」モデルの関係性―満点計画学習プログラムをめぐって―
岩堀卓弥・矢守克也・城下英行・飯尾能久・米田格
災害情報   (14) 140-153   2016年
言語行為論から見た災害情報-記述文・遂行文・宣言文-
矢守 克也
災害情報   14 1-10   2016年   [査読有り]
河川・気象情報の住民による主体的な利用を目指した地域情報としての活用手法の提案
竹之内健介・中北英一・矢守克也・田中耕司・養老伸介
河川技術論文集   (22)    2016年   [査読有り]
河田惠昭教授の災害リスク・コミュニケーション-人間化された自然・現在化された想定・極限化された数値ー
矢守克也
社会安全学研究   (6) 39-49   2016年   [査読有り]
「Days-Before」の語りの可能性についての一考察:阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、昭和南海地震の語りの比較分析
杉山高志・矢守克也
復興   (13) 34-41   2015年   [査読有り]
Integrating computer simulation and the filedwork to discover possible alternatives for tsunami evacuation
Nakai,F.,Hatahana,M.and Yamori,K.
International Conference on Systems Science.      2015年   [査読有り]
「Days-Before」の語りに関する理論的考察
矢守克也・杉山高志
質的心理学研究   (14) 110-127   2015年   [査読有り]
「羅生門問題」からみた被災地の復興過程―茨城県大洗町を例に. 
リフシン・宮本匠・近藤誠司・矢守克也
質的心理学研究   14 38-54   2015年   [査読有り]
量的データの質的分析-質問紙調査を事例に
矢守克也
質的心理学研究   14 166-181   2015年   [査読有り]
The relationship between local residents and media during recovery: Lessons from “Star disaster-affectedaAreas” in Taiwan.
Lee,F. Yamori,K and miyamoto,T
Journal of Natural Disaster Science   (36) 1-11   2015年   [査読有り]
地域気象情報の共同構築の試行~伊勢市中島学区における取組~
竹之内健介・中西千尋・矢守克也・澤田充延・竹内一男・藤原宏之
自然災害科学   (34) 243-258   2015年   [査読有り]
正統的周辺参加理論に基づく防災学習の実践
岩堀卓弥・城下英行・宮本匠・矢守克也
自然災害科学   34(2) 113-128   2015年   [査読有り]
2014年伊予灘地震における高知県沿岸住民の避難行動に関する調査
孫英英・中居楓子・矢守克也・畑山満則
自然災害科学   (33) 53-63   2014年   [査読有り]
市街地の変遷を踏まえた洪水氾濫リスク評価による防災計画
田中耕司・中島秀明・中北英一・竹之内健介・矢守克也・養老伸介・羽生雅則
歴史都市防災論文集   (8) 91-98   2014年   [査読有り]
中小河川群の氾濫解析と気象情報を利用した地域防災計画が想定する災害イメージの事前構築
竹之内健介・中島秀明・田中耕司・中北英一・矢守克也・養老伸介・羽生雅則
土木学会論文集F6(安全問題)   70(2) 37-44   2014年   [査読有り]
Collaboration on local weather information between weather forecasters and weather information users.
Takenouchi,K.,Kawata,Y.,Nakanishi,C.,and Yamori,K.
Journal of Natural Disaster Science   (35) 67-80   2014年   [査読有り]
新しい津波減災対策の提案―「個別訓練」の実践と「避難動画カルテ」の開発を通して
孫 英英・近藤誠司・宮本 匠・矢守克也
災害情報   12 76-87   2014年   [査読有り][招待有り]
気象情報の共同構築-災害リスクに対する共同意識の醸成の視点から
竹之内健介・河田慈人・中西千尋・矢守克也 
災害情報   12 100-113   2014年   [査読有り]
Revisiting the concept of tsunami tendenko: Tsunami evacuation behavior in the Great East Japan Earthquake. (In) Disaster Prevention Research Institute Kyoto University (eds.). Natural disaster science and mitigation engineering:
Yamor,K.
DPRI Reports   1 49-63   2014年
Consciousness of disaster risk and tsunami evacuation: A questionnaire survey in Okitsu Kochi Prefecture
Sun, Y., Yamori, K., Tanisawa,R. & Kondo, S.
Journal of Natural Disaster Science,   34(2)    2014年   [査読有り]
これからのこれから-近未来の防災気象情報
矢守克也
災害情報,   12 47-51   2014年   [査読有り]
Single-person drill for tsunami evacuation and disaster education
Sun, Y., Yamori, K., and Kondo, S
Journal of Integrated Disaster Risk Management   4    2014年   [査読有り]
中小河川群における内外水氾濫過程を踏まえた地区別の避難判断・行動に関する研究
中島秀明・田中耕司・中北英一・竹之内健介・矢守克也・養老伸介・羽生雅則
河川技術論文集   20 425-430   2014年   [査読有り]
小学校における土砂災害避難行動誘発のための授業プログラム構築とその効果分析
谷口綾子;林真一郎;矢守克也;伊藤英之;菊池輝;西真佐人;小山内信智;藤井聡
災害情報   (11) 43-54   2013年3月   [査読有り]
地域ごとの津波避難計画策定を支援する津波避難評価システムの開発
畑山満則・中居楓子・矢守克也
情報処理学会論文誌   55 1498-1508   2013年   [査読有り]
想定をうそにするために−〈チェンジ〉を支援する
矢守克也
災害情報   11 14-19   2013年
地域気象情報の共有による減災の取組~伊勢市辻久留地区におけるアンケート調査を通じて~
竹之内健介・島田真吾・河田慈人・中西千尋・矢守克也
災害情報   (11) 102-114   2013年   [査読有り]
台湾の「明星災区」の意義と課題-マスメディアと住民のインタラクションを中心に-
李 旉昕・近藤誠司・矢守克也
災害情報   (11) 56-68   2013年   [査読有り]
南海トラフの巨大地震・津波を想定した防災意識と避難行動に関する住民意識調査
孫 英英・矢守克也・谷澤亮也・近藤誠司
災害情報   (11) 69-81   2013年   [査読有り]
A historical overview of earthquake perception in Japan: Fatalism social reform scientific control and collaborative risk management.
Yamori, K.
Cities at risk: Living with perils in the 21st century.   73-91   2013年
Reversibility between "Nature" and "Society" Recognized in extreme meteorological phenomenon: Taking an example of the flood disaster in Toga River .
K. Yamori; M. Ushiyama
Journal of Disaster Research   8(1) 10-113   2013年   [査読有り]
Disaster education based on community of practice: A case dtudy in Okitsu, Kochi Prefecture.
Sun, Y., Yamori, K., & Kondo, S.
Journal of Integrated Disaster Risk Management, 3(1).      2013年   [査読有り]
避難計画作成支援を目的とした津波避難評価システムの構築 
中居楓子・畑山満則・矢守克也
情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告   1-8   2013年   [査読有り]
エージェント技法を用いた津波避難評価システムの開発
畑山満則・中居楓子・矢守克也  
京都大学防災研究所年報   56B 45-51   2013年   [査読有り]
“海啸来时各自飞”蕴藏的四层实践性意义 孫英英(訳)
矢守克也
教育学報(北京師範大学)      2012年
実践共同体論に基づいた地域防災実践に関する考察-高知県四万十町興津地区を事例として-
孫 英英・矢守克也・近藤誠司・谷澤亮也
自然災害科学   31 217-232   2012年   [査読有り]
広域災害における自治体間の応援調整に関する研究―東日本大震災における宮城県の事例より―
阪本真由美・矢守克也
地域安全学会論文集   18 391-400   2012年   [査読有り]
東北地方太平洋沖地震と地震防災に関する最先端の研究
飯尾能久・矢守克也・城下英行・岩堀卓弥
物理教育      2012年   [査読有り]
津波てんでんこの4つの意味
矢守克也
自然災害科学      2012年   [査読有り]
東日本大震災の津波来襲時における社会的なリアリティの構築過程に関する一考察~NHKの緊急報道を題材とした内容分析~
近藤誠司・矢守克也・奥村与志弘・李 旉昕
災害情報      2012年   [査読有り]
Adaptation of a disaster education game from Japanese context into Indonesian volcanic prone area context: Lessons learned.
Dwiyani, R., Saraswati, S. P., Yamori, K., and Okada, N.
Asian Journal of Environment and Disaster Management      2012年   [査読有り]
人間科学における研究者の役割-アクション・リサーチにおける「巫女の視点」-
宮本 匠・渥美公秀・矢守克也
実験社会心理学研究      2012年   [査読有り]
ゲーミングシミュレーションにおけるプレーヤをゲームのプレーから,問題の解法構築へと誘導する思考支援ツールとしての『クロスロード』
網代 剛・吉川肇子・矢守克也
シミュレーション&ゲーミング   21(1) 1-12   2011年6月   [査読有り]
災害情報のメタ・メッセージによる副作用に関する研究
佐藤慎祐;菊池輝;谷口綾子;林真一郎;西真佐人;小山内信智;伊藤英之;矢守克也;藤井聡
災害情報   (9) 172-179   2011年3月   [査読有り]
The roles and tasks of implementation science on disaster prevention and reduction knowledge and technology:From efficient application to collaborative generation.
Yamori,K.
Disaster Risk Management   1 48-58   2011年   [査読有り]
How do"numbers" construct social reality in disaster-stricken areas?
Kondo,S.,Yamori, K.,Atsumi,T.,and Suzuki,I.
Natural Hazards,DOI      2011年   [査読有り]
災害と文学-〈宿命〉と〈選択〉をめぐって-
矢守克也
災害情報      2011年
学びのプロセスを重視した防災教育の重要性-阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトを事例として-
舩木伸江・矢守克也・住田功一
災害情報      2011年   [査読有り]
メディア・イベントとしての2010年チリ地震津波-NHKテレビの災害報道を題材にした一考察-
近藤誠司・矢守克也・奥村与志弘
災害情報      2011年   [査読有り]
地域連携支援のための実践クロスロード 
吉本和弘・矢守克也
災害情報      2011年   [査読有り]
「兵庫の防災教育」-被災地の防災教育とは 
矢守克也
兵庫教育   62(10) 6-11   2011年
防災教育の現状と展望-阪神・淡路大震災から15年を経て 
矢守克也
自然災害科学      2011年
災害ボランティアの被災地支援 (東日本大震災速報)
矢守 克也
自然災害科学   30(1) 55-57   2011年
Participatory disaster management learning built on the theory of legitimate peripheral participation
H. Shiroshita; K. Yamori
Journal of Disaster Research   6(2) 258-270   2011年   [査読有り]
災害障がい者の生活再建支援に関する研究--インドネシア・ジャワ島中部地震災害の事例より
阪本真由美・矢守克也
国際開発研究   19(1) 35-46   2010年6月   [査読有り]
災害情報と防災教育 (特集 災害情報を防災教育にどう活かすか?)
矢守 克也
災害情報   (8) 1-6   2010年3月
自然災害の記憶の「場」としての博物館に関する一考察 
阪本真由美 矢守克也
自然災害科学 Vol.29, pp.179-188      2010年   [査読有り]
Interpreting urban ritual event in terms of improving the capacity to cope with disaster risk: A case study of Kathmandu
Bhandari, R., Yamori, K., and Okada, N.
Journal of Natural Disaster Science      2010年   [査読有り]
災害復興における「立て直し」と「世直し」
矢守克也
災害復興学会学術論文集   1 6-11   2010年   [査読有り]
Using games in community disaster prevention exercises.  (doi:10.1007/s10726-011-9227-9 Key: citeulike:8711838)
Yamori, K.
Group Decision and Negotiation.      2010年   [査読有り]
緊急地震速報に対する情報利用者の認識に関する探索的研究
牛山素行;矢守克也;篠木幹子;太田好乃
自然災害科学   28(1) 47-57   2009年5月   [査読有り]
災害情報のダブル・バインド (特集 災害情報リテラシー)
矢守 克也
災害情報   (7) 28-33   2009年3月
神戸市都賀川災害に見られる諸課題--自然と社会の交絡
矢守克也 牛山素行
災害情報   (7) 114-123   2009年3月   [査読有り]
質的心理学の現状と課題
矢守 克也
比較日本文化研究   12 21-30   2009年
地震の記憶とその語り継ぎに関する国際比較研究-トルコ・台湾・インドネシアの地域間比較から-
阪本真由美・木村周平・松多信尚・松岡格・矢守克也
京都大学防災研究所年報      2009年
開発途上国の被災者の生活再建と災害復興支援に関する研究-インド洋津波災害とジャワ島中部地震災害の事例より-
阪本真由美・矢守克也・林 勲男・立木茂雄
地域安全学会論文集      2009年   [査読有り]
Action research on disaster reduction education: Building a “community of practice” through a gaming approach.
Yamori, K.
Journal of Natural Disaster Science      2009年   [査読有り]
Social scientific research on the 1st year of Wenchaun Earthuake.
Atsumi, T. and K, Yamori.
Investigation report on the May 12th 2008, Wenchuan Earthquake, China, Final report of the investigation project.      2009年   [査読有り]
インターローカリティをめぐる往復書簡
伊藤哲司・矢守克也
質的心理学研究      2009年   [査読有り]
書簡体論文の可能性と課題
矢守克也
質的心理学研究      2009年   [査読有り]
再論-正常化の偏見
矢守克也
実験社会心理学研究      2009年   [査読有り]
A Study of Life Recovery and Social Capital regarding Disaster Victims -A Case Study of Indian Ocean Tsunami and Central Java Earthquake Recovery-
SAKAMOTO Mayumi;YAMORI Katsuya
J Nat Disaster Sci (Web)   31(2) 49-56 (J-STAGE)-20   2009年   [査読有り]
開発途上国の災害復興に対する国際支援事例研究(1) : インドネシアの津波・地震災害復興に関する考察
阪本 真由美;河田 惠昭;奥村 与志弘;矢守 克也
地域安全学会論文集   (10) 243-251   2008年11月   [査読有り]
防災教育ツール「ぼうさいダック」の開発と実践:呉市消防局の事例を中心に
林国夫;吉川肇子;矢守克也;田和淳一
日本リスク研究学会誌   17(3) 103-110   2008年3月   [査読有り]
防災とシミュレーション&ゲーミング
矢守 克也
シミュレーション&ゲーミング   (18) 1-7   2008年   [査読有り]
京都大学防災研究所21世紀COEプログラムの取りくみから
語り部活動における語り手と聞き手との対話的関係 
矢守克也 舩木伸江
質的心理学研究 Vol.7, pp.60-77   7 60-77   2008年   [査読有り]
“理系”・“非理系”連携による災害科学研究のこれから
牛山素行・矢守克也
自然災害科学      2008年
「リスク社会」の自己意識-“非理系”自然災害科学の現状と課題-
矢守克也
自然災害科学   24(2) 120-128   2008年
Narrative mode of thought in disaster damage reduction: A crossroad of narrative and gaming approach.
Yamori, K.
Meaning in action: Constructions, narratives and representations. p.241-252. Tokyo: Springer-Verlag.   241-252   2008年   [査読有り]
ゲームで学ぶ生涯防災学習
矢守克也
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   46(1) 58-63   2007年1月
A research on development of teacjing materials about desaster reduction EEducation based on Japanese school system:In case of elementary school curriculu
矢守 克也
Journal of a Southeast University      2007年   [査読有り]
ゲームづくりのプロセスを活用した防災学習の実践-高等学校と地域社会におけるアクション・リサーチ-
矢守克也・高玉潔
実験社会心理学研究      2007年   [査読有り]
Disaster risk sense in Japan and gaming approach to risk communication.
Yamori, K.
International Journal of Mass Emergencies and Disasters      2007年   [査読有り]
大規模災害時の相互支援の費用負担に関する研究-新潟県中越地震を事例に-
舩木伸江・河田恵昭・矢守克也
減災      2007年   [査読有り]
対話のグループ・ダイナミックス
矢守克也
実験社会心理学研究   46(2) 143-145   2007年   [査読有り]
「終わらない対話」に関する考察
矢守克也
実験社会心理学研究   46(2) 198-210   2007年   [査読有り]
社会調査による生活再建過程モニタリング指標の開発 : 阪神・淡路大震災から10年間の復興のようす
木村 玲欧;林 春男;田村 圭子;立木 茂雄;野田 隆;矢守 克也;黒宮 亜希子;浦田 康幸
地域安全学会論文集   (8) 415-424   2006年11月   [査読有り]
2006年2月フィリピン・レイテ島地滑り災害における社会的対応の特徴
矢守克也;横松宗太;奥村与志弘;城下英行;河田惠昭
自然災害科学   25(1) 99-111   2006年5月
1.防災教育のための新しい視点 : 実践共同体の再編(<特集記事>防災教育のフロンティア)
矢守克也
自然災害科学   24(4) 344-350   2006年2月
災害対応ゲーミング「クロスロード(CROSSROAD)」の開発と実践 
吉川肇子 矢守克也
日本リスク研究学会誌 No.2, Vol.16, pp.39-45   16(2) 39-45   2006年   [査読有り]
大規模災害時の遺体の処置・埋火葬に関する研究 
舩木伸江 河田惠昭 矢守克也 川方裕則
自然災害科学 No.4, Vol.24, pp.447-471      2006年   [査読有り]
防災教育のフロンティア-はじめに- 
矢守克也
自然災害科学 No.4, Vol.24, pp.343-344   4(24) 343-344   2006年   [査読有り]

Misc

 
Tsunami evacuation drill at school of Zihuatanejo, Mexico: Resolving "double bind" situation, Recent Advances in Earthquake, Tsunami, and Volcano Monitoring, Hazard Evaluation, and Disaster Management in Latin America, Ecuador
   2017年3月
高知県黒潮町における成功事例の分析(その1)―地域の特性を生かした地区防災計画の実現―
齋藤未歩・中居楓子・矢守克也・千々和詩織・野嶋太加志・杉山高志・李旉昕
第3回地区防災計画学会大会 京都大学防災研究所 地区防災計画学会誌   (9) 53-54   2017年3月
高知県黒潮町における成功事例の分析(その2)―地域の特性が類似する地区間における防災実践の連鎖―
杉山高志、野嶋太加志、矢守克也、李旉昕、中居楓子、千々和詩織、齋藤未歩
第3回地区防災計画学会大会 京都大学防災研究所 地区防災計画学会誌   (9) 55-56   2017年3月
セルフウェザーゲームと地区防災計画
竹之内健介・河田慈人・矢守克也・中北英一・天木邦治・山口 優
第3回地区防災計画学会大会 京都大学防災研究所 地区防災計画学会誌   (9) 51-52   2017年3月
時間論から見た災害リスク・コミュニケーション
矢守 克也
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会 京都大学防災研究所      2017年2月
メキシコ・シワタネホでの学校における津波避難訓練-ダブルバインド状態の解消に向けて
中野元太・矢守克也・伊藤喜宏・孫英英・李フシン
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会 京都大学防災研究所      2017年2月
伊勢市における「地域気象情報」をベースとした実践的研究の展開
河田慈人・竹之内健介・矢守克也
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会 京都大学防災研究所      2017年2月
屋内避難訓練に関する一考察~高知県幡多郡黒潮町を例に~
杉山高志・矢守克也
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会 京都大学防災研究所      2017年2月
スマホアプリを用いた津波避難訓練の開発と課題(その1)~概要と特徴~
李旉昕・孫英英・杉山高志・矢守克也・鈴木進吾・西野隆博・卜部兼慎
日本災害情報学会第18回学会大会 日本大学      2016年10月
スマホアプリを用いた津波避難訓練の開発と課題(その2)~「逃げトレ」を活用した避難訓練の効果検証~
杉山高志・孫英英・李旉昕・矢守克也・鈴木進吾・西野隆博・卜部兼慎
日本災害情報学会第18回学会大会 日本大学      2016年10月
東日本大震災の初動報道に関する当事者研究:キャスター自身による分析と考察
横尾泰輔・矢守克也
日本災害情報学会第18回学会大会 日本大学      2016年10月
地域条件を考慮した津波避難原則選択の方法論
大西正光・柳澤航平・矢守克也
日本災害情報学会第18回学会大会 日本大学      2016年10月
河田惠昭教授の災害リスク・コミュニケーション(前編):人間化された自然・現在化された想定・極限化された数値
矢守 克也
日本災害情報学会第18回学会大会 日本大学      2016年10月
河田惠昭教授の災害リスク・コミュニケーション(後編):人間化された自然・現在化された想定・極限化された数値
矢守 克也
日本災害情報学会第18回学会大会 日本大学      2016年10月
2016 (ワークショップ)グループ・ダイナミックスの〈時間〉(その1:広げる)邂逅の時間
日比野愛子・宮本匠・矢守克也・香川秀太・岩崎秀雄・森直久・曽我亨
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
(ワークショップ)グループ・ダイナミックスの〈時間〉(その2:深める)アクションリサーチの時間
矢守克也・日比野愛子・宮本匠・杉山高志・森直久・曽我亨
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
(ワークショップ)熊本地震の提起するもの:活動報告と考察
八ッ塚一郎・渥美公秀・加藤謙介・宮本匠・矢守克也
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
災害論:人間・自然・社会
矢守 克也
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
避難訓練支援アプリ「逃げトレ」の開発(その1)~その概要と特徴~
李フシン・孫英英・杉山高志・矢守克也・鈴木進吾・西野隆博・卜部兼慎
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
避難訓練支援アプリ「逃げトレ」の開発(その2)~社会実装を通した防災教育アプローチの可能性~
孫英英・杉山高志・李フシン・矢守克也・鈴木進吾・西野隆博・卜部兼慎
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
避難訓練支援アプリ「逃げトレ」の開発(その3)~津波避難訓練でのユーザビリティ評価の分析~
杉山高志・李フシン・孫英英・矢守克也・鈴木進吾・西野隆博・卜部兼慎
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 九州大学      2016年10月
防災教育について再考するための3つの視点
矢守 克也
日本地理学会2016年秋季学術大会シンポジウム「防災教育の課題-人文社会科学から地理学・地理教育へ-」 東北大学      2016年10月
Practice of disaster education based on legitimate peripheral participation theory: A new approach to leaning.
The 7th International Conference on Integrated Disaster Risk Management. Abassi Hotel, Isfahan, Iran.      2016年10月
My drill: A smartphone-based simulation tool for tsunami evacuation.
The 7th International Conference on Integrated Disaster Risk Management. Abassi Hotel, Isfahan, Iran.      2016年10月
カタストロフの語り・記憶・時間
矢守克也・高木光太郎・安斎聡子・杉山高志
日本質的心理学会第13回大会 名古屋市立大学      2016年9月
東日本大震災における持続可能な復興とは何か~茨城県大洗街の復興過程を例に~
李フシン・矢守克也
日本質的心理学会第13回大会 名古屋市立大学      2016年9月
Days-Before」の視座による津波被災想定地域の語りの研究:高知県幡多郡黒潮町を例に
矢守 克也
日本質的心理学会第13回大会 名古屋市立大学      2016年9月
Education for disaster reduction through ”Local Weather Information” at Miyagawa Junior High School.
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
Reconstructuring disaster education based on legitimate peripheral participation theory: A new model of disaster science communication.
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
住民による気象情報と対応した地域の災害表現の検討
竹之内健介・矢守克也・河田慈人・中北英一・田中耕司・中島秀明
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
〈災害1.0〉と〈災害2.0〉
矢守克也・大西正光
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
地域条件を考慮した津波避難原則に関する規範的分析
大西正光・柳澤航平・矢守克也
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
家具固定推進における「Days-After」の視点を用いた一考察:高知県四万十町と黒潮町の地域防災を例に
杉山高志・矢守克也・野嶋太加志
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
地域防災人材の主体性とは何か~台湾の「土石流防災専員」を事例に~
李フシン・矢守 克也
第35回自然災害学会学術講演会 静岡市      2016年9月
小型地震シュミレータを用いた震度の体感に関する実験的研究
杉山高志・矢守克也・佐々木克樹・堀口浩司・加藤孝明・礒打千雅子・澤田雅浩
日本社会心理学会第57回大会 関西学院大学      2016年9月
アクションリサーチとリサーチ・イン・アクション
矢守 克也
2016年日本教師学会夏季研究会講演 早稲田大学      2016年7月
Action research in disaster reduction studies.
矢守 克也
The 31st International Congress of Psychology , Yokohama.      2016年7月
Experimental study of perceived level of seismic intensity and actual seismic motion by using minimotion simulator.
Sugiyama, T., Yamori, K., and Goltz, J.
   2016年7月
Action research to promote independent action in disaster risk reduction.
矢守 克也
The 31st International Congress of Psychology      2016年7月
高知県黒潮町における地区防災計画の進捗報告(2)-地区防災計画推進の阻害要因-
李フシン・中居楓子・杉山高志・千々和詩織・孫英英・矢守克也・畑山満則
第2回地区防災計画学会大会      2016年3月
高知県黒潮町における地区防災計画の進捗報告(1)-黒潮町の地区防災計画の全体像-
千々和詩織・中居楓子・矢守克也・畑山満則・李フシン・孫英英・杉山高志
第2回地区防災計画学会大会 東京大学生産技術研究所      2016年3月
地域気象情報と地区防災計画
竹之内健介・矢守克也・河田慈人
第2回地区防災計画学会大会 東京大学生産技術研究所      2016年3月
パネルディスカッション「地区防災計画制度の可能性と課題」
室崎益輝・矢守克也・佐々木克樹・堀口浩司・加藤孝明・磯打千雅子・澤田雅浩
第2回地区防災計画学会大会 東京大学生産技術研究所      2016年3月
「クロスロード防災気象情報編」の作成と防災啓発の取り組み
向井利明・矢守克也・牛山素行
平成27年度自然災害科学中部地区研究集会 静岡県地震防災センター      2016年3月
地震動の体感と震度の関係性に関する一考察
杉山高志・矢守克也
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
津波避難シミュレーションによる車を利用した避難計画の評価
中居楓子・畑山満則・矢守克也・熊谷兼太郎
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
「鯰絵」から見る東日本大震災の復興
李フシン・矢守克也
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
満点計画学習プログラムにおける知識共有についての考察
岩堀卓也・矢守克也・城下英行・飯尾能久・米田格
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
総合的防災教育の構築に向けて
中井仁・矢守克也
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
減災社会プロジェクトの概要と成果
矢守克也
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
専門家と地域住民の知の融合による減災社会を目指して~地域気象情報の取組~
竹之内健介・中北英一・矢守克也・養老伸介・羽生雅則・田中耕司・中島秀明
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
津波避難シミュレーションを核とした地域防災の取り組み
畑山満則・中居楓子・伊藤恵理・矢守克也
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
阿武山観測所サイエンス・ミュージアム化計画
飯尾能久・矢守克也・米田格・平林英二・日岡惇・城下秀行・岩堀卓弥・阪口光・伊東和彦・片尾浩
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
防災専門会の「夢」のアウトリーチ~ラジオ番組「ぼうさい夢トーク」の成果報告~
李フシン・近藤誠司・宮本匠・矢守克也
平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2016年2月
A Trial of Collaboration on Local Weather Information
Takenouchi,K,Kawata,Y.,Nakanishi,C.,and Yamori,K.
防災・減災に関する国際研究のための東京会議 東京大学      2015年1月
小型地震動シミュレータを用いた震度の体感に関する実験的研究
杉山高志・矢守克也
社会心理学会      2016年
SIP課題⑦「地域連携による地域災害対応アプリケーション技術の研究開発」
矢守克也
日本地震工学会年次大会・国際シンポジウム2015横断セッション(D)「SIPセッション」      2015年11月
Tsunami evacuation evaluation system for plan development of community based evacuation.
Hatayama,M.,Nakai,F.,and Yamori,K.
The5th Conference of the Internatinal Society for Integrated Disaster Risk Mnagement.Western Univ,Canada      2014年10月
「温故知新」-廣井先生の言語行為論の論文から 災害情報学会「廣井賞(学術的功績)」受賞記念講演
矢守克也
第17回災害情報学会研究発表大会 甲府総合市民会館      2015年10月
夜間における津波避難の課題(その1)-避難訓練の死角
矢守克也・孫英英・伊勢正・杉山高志・野嶋太加志・千々和詩織
第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学      2015年10月
夜間における津波避難の課題(その2)-伊予灘地震の実態調査と夜間避難訓練の分析
杉山高志・矢守克也・孫英英・野嶋太加志・千々和詩織・伊勢正
第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学      2015年10月
夜間における津波避難の課題(その3)-「個別避難訓練」を用いた昼夜の比較研究
孫英英・矢守克也・杉山高志・野嶋太加志・千々和詩織・伊勢正
第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学      2015年10月
分散相互運用型の災害情報システムが利用者に与える影響に関する考察
伊勢正・矢守克也・磯野猛・藤原広行・臼田裕一郎・新井伸夫
第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学      2015年10月
被災における弱さの情報を公開する意味~「クロスロード:大洗編」を例に~
李フシン・矢守克也
第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学      2015年10月
参加型防災教育における知識共有についての考察-満点計画学習プログラムの役割継承をめぐって-
岩堀卓弥・矢守克也・飯尾能久・米田格・城下英行
第17回災害情報学会研究発表会 山梨大学      2015年10月
生活防災タイムラインを通じた災害対応に対する住民意識の変化
竹之内健介・矢守克也
第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学      2015年10月
人間科学のデータを活性化する4つの視点-探る・曝す・交わる・すごす-
宮本匠・矢守克也
日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 奈良大学      2015年10月
Days-Beforeの語りに関する理論的考察(その2)
矢守克也・杉山高志
日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 奈良大学      2015年10月
「Days-Before」の語りの質的・量的分析:阪神・淡路大震災の額体験の語りを例に
杉山高志・矢守克也
日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 奈良大学      2015年10月
「現代社会の存立構造」から考える-3.11後の社会構想論のために-
宮本匠・矢守克也・城下英行・近藤誠司
日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 奈良大学      2015年10月
「鯰絵」から見る東日本大震災の復興~茨城県大洗町の事例を通じて~
李フシン・矢守克也
日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 奈良大学      2015年10月
「Days-Before」の語りの質的分析~ウェブ投稿記事『震災の前日』を例に~
杉山高志・矢守克也
日本質的心理学会第12回大会 宮城教育大学      2015年10月
気象庁震度階級に関する人間科学的考察
杉山高志・矢守克也
第34回自然災害学会学術講演会      2015年9月
マルチエージェントシミュレーションを用いた歩車混合の津波避難に関する検討
中居楓子・畑山満則・矢守克也
第34回自然災害学会学術講演会 山口大学      2015年9月
被災地における防災教育の展開~「クロスロード:大洗編」の事例を通じて~
李フシン・矢守克也
第34回自然災害学会学術講演会 山口大学      2015年9月
スマホ版個別避難訓練支援ツールの開発研究(その1)
矢守克也・鈴木進吾・孫英英・李フシン・伊勢正・杉山高志・西野隆博・卜部兼慎
第34回自然災害学会学術講演会 山口大学      2015年9月
Mamten earthquake recording projet collaboration with elementary school students.
Iwahori,I,and Yamori,K.
The 9th Dealing with Disasters International Conference. Northumbria University,Newcastle upon Tyne,UK.      2015年9月
マルチエージェントシミュレーションを用いた津波避難時の車利用にかかわる問題の分析
中井楓子・畑山満則・矢守克也
第51回土木計画学研究発表会 九州大学      2015年6月
内陸地震の謎と防災教育
飯尾能久・矢守克也
日本地球惑星科学連合2015年大会「総合的防災教育」セッション 幕張メッセ      2015年5月
アクション・リサーチの方法
矢守 克也
日本発達心理学会第26回大会チュートリアル 東京大学      2015年3月
パネルディスカッション「コミュニティからみた東日本大震災と世界の大規模広域災害」(コーディネーター)
矢守 克也
地区防災計画学会第1 回大会 宮城県民会館      2015年3月
パネルディスカッション「女性と子供が育む地区防災計画」(パネリスト)
矢守 克也
地区防災計画学会第1 回大会 宮城県民会館      2015年3月
エージェントシミュレーションを用いた津波避難評価システムに関する考察
杉山高志・矢守克也・畑山満則・近藤誠司・鈴木進吾
平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2015年2月
小学校における地震観測への参加による防災教育-地震計メンテナンスの役割継承と知識の共有について-
岩堀卓弥・矢守克也・飯尾能久・米田格
平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2015年2月
地域住民の避難行動意向の時系列分析による津波避難計画づくりの評価
中居楓子・畑山満則・矢守克也
平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2015年2月
A Traial of Collaboration on Local Wsather Information
Takenouchi,k.,Kawata,Y.,Nakanishi,C.,and Yamori,K
防災・減災に関する国際研究のための東京会議 東京大学 伊藤国際学術研究センター      2015年1月
避難シミュレーションによる地区ごとの避難計画策定の検討
畑山満則・中居楓子・矢守克也
地理情報システム学会講演論文集 中部大学      2014年11月
Impact analysis of sampling error on the behavior model of human concerning evacuation.
Nakai,F.,Hatayama,M.,and Yamori,K.
The 5th Conference of the Internatinal Society for Integrated Disaster Risk Mnagement.Western Univ,Canada      2014年10月
Ethnographic approach to enhance disaster education and tsunami evacuation.
Sun Y.,Kondo,S.,and Yamori,K.
The 5th Conference of the Internatinal Society for Integrated Disaster Risk Mnagement.Western Univ,Canada      2014年10月
Facing the giant forecasts:Thecurrent state of tsunami disaster prevention in Japan.
Yamori,K.
The 5th Conference of the Internatinal Society for Integrated Disaster Risk Mnagement. Western Univ,Canada      2014年10月
「当事者研究」の視点からみる災害復興過程の実践-「クロスロード:大洗編」の開発を例に
李フシン・宮本匠・矢守克也
日本質的心理学会第11回大会 松山大学      2014年10月
DaysBeforeの視点から紡ぐ被災遺族の語りの研究
杉山高志・矢守克也
日本質的心理学会第11回大会 松山大学      2014年10月
津波減災のアクションリサーチ-個別避難訓練の実践から-
孫英英・矢守克也
日本質的心理学会第11回大会 松山大学      2014年10月
災害の「想定」をめぐる考察
矢守克也
第33回日本自然災害学会学術講演会 鹿児島大学      2014年9月
地震観測への参加による防災教育の取り組み
岩堀卓哉・城下英行・矢守克也・宮本匠・飯尾能久・米田格
第33回日本自然災害学会学術講演会 鹿児島大学      2014年9月
避難シミュレーションを用いた沿岸地域の津波避難ルール作りの支援
中居楓子・畑山満則・矢守克也
2014年社会情報学会学会大会      2014年9月
夢見る防災教育~防災に関する教育/防災を通した教育~(基調講演)
矢守克也
日本安全教育学会第15回大会 東北工業大学      2014年9月
災害を生き抜くために(シンポジウム)
中谷内一也・矢守克也・井上敦嗣・関谷直也・広瀬幸雄
日本心理学第78回大会 同志社大学      2014年9月
ポスト3.11の復興と防災へのアプローチ~「クロスロード(大洗編)」を通じて~
李旉昕・宮本匠・矢守克也
日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会 東洋大学      2014年9月
Days-Beforeの語りに関する理論的考察(その1)
矢守 克也
日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会 東洋大学      2014年9月

書籍等出版物

 
わかる!取り組む! 災害と防災(1~5巻)
矢守 克也 (担当:分担執筆, 範囲:各巻「アクティヴィティ」欄監修)
帝国書院   2017年   
土木計画学ハンドブック
矢守 克也 (担当:分担執筆)
2016年   
防災教育 「災害対応ハンドブック」
矢守 克也 (担当:分担執筆, 範囲:p165-167)
法律文化社   2016年   
天地海人-防災・減災えっせい辞典
矢守 克也
ナカニシヤ出版   2017年   
地域が学ぶ/地域を学ぶ/地域に学ぶ
矢守 克也
岡田先生退官記念出版   2016年   
「プレビュー:事前教育」「プレビュー:心身のケア」「喪失とトラウマ」「状況主義と意思決定」「助け合いの心理」「防災知識の普及・啓発」災害情報学会(編)災害情報学事典
矢守克也 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2016年   
減災学-5つのフロンンティア
矢守克也・宮本匠 (担当:共著)
新曜社   2016年   
人間科学の試み 「災害と文明」取材班「災害と文明」
矢守克也 (担当:分担執筆)
潮出版   2015年   
津波対策編の改定・追加と避難対策の充実 河田惠昭・安部誠治・室崎益輝・林敏彦・計盛哲夫(編)災害対策全書別巻:国難となる巨大災害に備える
矢守克也 (担当:分担執筆)
ぎょうせい   2015年   
GENERATION TIMES 2014 被災地DAYS:時代QUEST-災害編-
矢守 克也 (担当:共著)
弘文堂   2014年   
社会問題の社会心理学 下山晴彦(編集代表)「心理学辞典」 
矢守克也 (担当:分担執筆)
誠信書房   2014年   
「なぜこんな大きな被害に?」「コラム:津波てんでんこ」 京都大学防災研究所(編)「巨大地震 なぜ起こる? そのときどうする?」 
矢守克也 (担当:分担執筆)
PHP研究所   2014年   
巨大災害のリスク・コミュニケーション:災害情報の新しいかたち
矢守克也
ミネルヴァ書房   2013年   
発達科学ハンドブック7巻:災害・危機と人間
矢守克也・前川あさ美 (担当:共著, 範囲:(責任編集・日本発達心理学会編))
新曜社   2013年   
質的心理学ハンドブック
やまだようこ・麻生武・サトウタツヤ・秋田喜代美・能智正博・矢守克也 (担当:共著)
新曜社   2013年   
アクションリサーチ 見田宗介・大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一(編) 現代社会学事典
矢守克也 (担当:分担執筆)
弘文堂   2013年   
被災 日本発達心理学会(編)「発達心理学事典」 
矢守克也 (担当:分担執筆)
丸善   2013年   
レジエント・コミュニティとは何か 藤井聡(編著)「レジリエント・エコノミー〜「強靭」な日本経済を求めて〜」 
矢守克也 (担当:分担執筆)
日本評論社    2013年   
「何謂“地域防災力」「”生活防災”的思考」「状況依存型新息的共同産生」「防災教育与防災文化」「追跡・記念碑・博物館」 兵庫震災記念21世紀研究機構・四川省社会科学院四川震災研究中心「災害対策全書」
矢守克也 (担当:分担執筆)
四川出版集団四川人民出版社   2013年   
復興と支援の災害心理学-大震災から「なに」を学ぶか-
藤森立男・矢守克也 (担当:共著)
福村出版   2012年   
「概説-「災害史」の困難」「四川大地震」災害対策全書編集企画委員会(編)「災害対策全書①:災害概論」 
矢守克也 (担当:分担執筆)
ぎょうせい   2011年   
「防災・減災の技術や知恵の集積」「災害応急対策」「防災教育」「防災ゲーム」「被災者にとっての災害」京都大学防災研究所(監修)「自然災害と防災の事典」
矢守克也 (担当:分担執筆)
丸善   2011年   
「概説「地域防災力」とは-浜口梧陵に学ぶ」「概説-〈生活防災〉を考える-」「実践事例3-加古川グリーンシティ防災会ー」「概説-コンテキスト依存型情報の共同生成-「実例事例3-マスメディアを中心とするネットワーク」「概説-正統的周辺参加論をベースに」「実践事例3-防災ゲーム「クロスロード」-」「実践事例4-追跡・モニュメント(慰霊碑)・博物館-」災害対策全書編集企画委員会(編)「災害対策全書④:防災・減災」
矢守克也 (担当:分担執筆)
ぎょうせい   2011年   
地域社会と防災 唐沢穣・村本由紀子(編著)「社会心理学ハンドブック3-個人と社会のダイナミクス-」
矢守克也 (担当:分担執筆)
誠信書房   2011年   
「安全・安心」と防災京都大学心理学連合(編)『心理学概論』 
矢守克也 (担当:分担執筆)
ナカニシヤ出版   2011年   
ワードマップ:防災・減災の人間科学
矢守克也・渥美公秀・近藤誠司・宮本匠 (担当:共著)
新曜社   2011年   
増補〈生活防災〉のすすめ-東日本大震災と日本社会-
矢守克也
ナカニシヤ出版   2011年   
アクションリサーチ-実践する人間科学-
矢守克也
新曜社   2010年   
自然災害と人間関係 榎本博明(編著)現代心理学の視点シリーズ 人間関係の心理学
矢守克也 (担当:分担執筆)
おうふう   2010年   
ゲームで学ぶ災害リスク・コミュニケーション 日本河川協会(編)「河川文化:河川文化を語る会講演集(その32)
矢守克也 (担当:分担執筆)
日本河川協会   2010年   
神戸人眼中的?川地震 
渥美公秀 矢守克也 鈴木勇 近藤誠司 淳干思岸
災後心理援助:名家談, 張侃・張建新主編 pp.231-244   2009年   
クロスロード・ネクスト-続:ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション-
吉川肇子・矢守克也・杉浦淳吉
ナカニシヤ出版   2009年   
防災人間科学 
矢守克也
東京大学出版会   2009年   ISBN:4130111264
クロスロード・ネクスト-続:ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション- 
吉川肇子 矢守克也 杉浦淳吉
ナカニシヤ出版   2009年   
防災人間科学
矢守克也
東京大学出版会   2009年   ISBN:4130111264
神戸人眼中的汶川地震 張侃・張建新主編
渥美公秀・矢守克也・鈴木勇・近藤誠司・淳干思岸
中国科学出版社   2009年   
神戸人眼中的?川地震 張侃・張建新主編
渥美公秀・矢守克也・鈴木勇・近藤誠司・淳干思岸
中国科学出版社   2009年   
集団力学と場の理論 )
矢守克也
社会心理学事典 丸善 (分担執筆   2009年   
防災心理学   
矢守克也
『キーワードコレクション:心理学フロンティア』 子安増生・二宮克美(編) pp.160-163   2008年   
阪神・淡路大震災を記憶した〈場所〉 
矢守克也
講座:質的心理学3, サトウタツヤ・南 博文(編)  pp.77-102   2008年   
アクションリサーチ
矢守克也
質的心理学の方法   2007年   
防災研究-災害に強い社会をつくるための共同実践-
矢守克也
東京図書   2007年   
災害文化 
矢守克也
応用心理学事典, 岡村一成(編) pp.594-595   2007年   
夢みる防災教育
矢守克也
晃洋書房   2007年   ISBN:4771018634
夢みる防災教育 
矢守克也 諏訪清二 舩木伸江
晃洋書房   2007年   ISBN:4771018634
地震直後、避難、知り合いとの連絡、外出先・車で被災したとき、避難中の注意点、火事場泥棒・犯罪 
矢守克也
地震対策必携マニュアル, 河田恵昭(編)    2006年   
社会構成主義 
矢守克也
心理学総合事典, 海保博之・楠見孝(編)  pp.709-715   2006年   
地震直後(p.20-21)・避難(p.22-23)・知り合いとの連絡(p.24-25)・外出先、車で被災したとき(p.26-27)・避難中の注意点(p.28-29)・火事場泥棒、犯罪(p.44-45)
矢守克也
PHP研究所   2006年   
〈環境〉の心理学理論としての社会的表象理論 
矢守克也
環境心理学の新しいかたち, 南 博文(編著)  pp.105-125   2005年   
復興推進:施策推進上の共通課題への対応
矢守克也
神戸新聞総合出版センター   2005年   
〈生活防災〉のすすめ-防災心理学研究ノート
矢守 克也
ナカニシヤ出版,   2005年   
防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション:「クロスロード」への招待 
矢守克也 吉川肇子 網代剛
防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション:「クロスロード」への招待   2005年   
ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション:「クロスロード」への招待
矢守 克也
ナカニシヤ出版,   2005年   
解説:マスコミ体験と災害報道 メモリカルコンファレンス・イン・神戸(編)「阪神・淡路大震災:向き合い続けた10年」
 神戸新聞総合出版センター   2005年   
古典に学ぶ、方法論を学ぶ-概論書で満足しないために- 
矢守克也
「ワードマップ質的心理学」, 無藤隆・やまだようこ・サトウタツヤ・麻生武・南博文(編) pp.46-52   2004年   
動物・ロボット介在活動-新しいヒューマンケアの可能性-
矢守 克也
大橋英寿(編著)「フィールド社会心理学」 放送大学教育振興会 所収,100-109   2004年   
防災に社会心理学を役立てる
矢守 克也
竹村和久(編著)「社会心理学の新しいかたち」誠信書房 所収,   2004年   
被災者の語り-阪神大震災の記憶- 
矢守克也
「フィールド社会心理学」, 大橋英寿(編著) pp.148-161   2004年   
道路施設空間と群集行動
矢守克也
(独)産業技術総合研究所人間福祉医工学研究部門(編) 「人間計測ハンドブック」 p.752-757. 朝倉書店   2003年   
いじめのグループ・ダイナミックス 
矢守克也
「現代人の心の支援シリーズ」第2巻「児童期編:知と感性をそだてる」, 教育と医学の会(編)   2002年   
災害体験の記憶と伝達 やまだようこ・南博文・佐藤達哉(編)「カタログ現場心理学」 13章
矢守 克也
金子書房   2001年   
中国・ベトナムにおける勤労観-「MOW(Meaning of working:働くことの意味)調査」の視点から- 
矢守克也
「変貌するアジアの社会心理」, 松戸武彦・高田利武(編)   2000年   
阪神・淡路大震災-社会システムの崩壊と再生-
矢守 克也
通史:日本の科学技術〈国際期〉1980-1995(学陽書房),/,1037-1047   1999年   
〈鳥瞰図〉あるいは〈虫瞰図〉としてのグループ・ダイナミックス  安藤清志(編)「心理学と社会4:性格・社会・産業」 5章
矢守 克也
ブレーン出版   1999年   
集団決定の合理性と非合理性 広瀬幸雄(編著)「ゲームシミュレーションと社会心理学」
ナカニシヤ出版    1997年   
群集・流言 白樫三四郎(編)「社会心理学への招待」
ミネルヴァ書房    1997年   
都市空間の認知 蓮花一己・西川正之(編)「現代都市の行動学」 
渥美公秀・矢守克也 
福村出版   1995年   
災害 蓮花一己・西川正之(編)「現代都市の行動学」 
矢守克也・渥美公秀 
福村出版   1995年   
群集行動 蓮花一己・西川正之(編)「現代都市の行動学」 
矢守克也・渥美公秀 
福村出版   1995年   

講演・口頭発表等

 
サイエンス・コミュニケーションとは
矢守 克也
京都大学防災研究所サイエンスコミュニケーター養成講座   2017年3月1日   
家庭と地域で進める防災・減災対策-熊本地震を経験して-
矢守 克也
横浜市東日本大震災特別講演会   2017年2月18日   
全体総括
矢守 克也
興津小学校防災学習発表会   2017年2月12日   
パネルディスカッション
森本晋也・原田正伸・西本貴俊・片田敏孝・矢守克也・大西勝也
黒潮町防災教育フォーラム「防災教育は地域を創る」   2017年2月1日   
防災・減災に向けてできること
矢守 克也
平成28年度防災学習のまとめ   2017年1月31日   
基調講演「地域と学校が連携した防災教育」
矢守 克也
平成28年度高知県防災教育推進フォーラム   2017年1月29日   
パネルディスカッション「『世界津波の日』高校生サミットin黒潮に参加して」地域と学校が連携した防災教育」コーディネーター
矢守 克也
平成28年度高知県防災教育推進フォーラム   2017年1月29日   
災害リスク・コミュニケーションの課題と現状
矢守 克也
関西交通経済研究センター「災害対策シンポジウム」   2017年1月17日   
「逃げトレ」避難訓練総括
矢守 克也
高知県立須崎高校   2016年12月18日   
災害リスクを伝える-リスクの想定/想定のリスク-
矢守 克也
福島医学会学術研究集会シンポジウム「異分野におけるリスク・コミュニケーション事例の俯瞰学」   2016年12月16日   
南海トラフ地震への備えと課題
矢守 克也
朝日二火会   2016年12月13日   
黒潮町の地区防災計画
矢守 克也
区防災計画学会連続公開シンポジウム5(熊本地震を踏まえた地域防災力強化の在り方in大阪:地区防災計画と事業継続計画とICT)   2016年11月20日   
防災・減災のためのリスク・コミュニケーション
矢守 克也
いけだウォンバット塾   2016年11月14日   
防災学習ゲーム「クロスロード」
矢守 克也
平成28年度津市民防災大学   2016年11月9日   
学校における災害リスク・コミュニケーション
矢守 克也
平成28年度第3回副校長・教頭等研修   2016年11月9日   
パネルディスカッション
矢守克也・片田敏孝・佐々木慶一・福島まり子・大西勝也
黒潮町第2回地区防災計画シンポジウム   2016年11月5日   
防災・減災のためのリスク・コミュニケーション
矢守 克也
高知家・地震防災ネットワーク」 テレビ高知   2016年10月26日   
熊本地震について学ぼう
矢守 克也
平成28年度吉野小学校防災学習会   2016年10月26日   
ゲーミング手法を活用した防災・減災ワークショップ
矢守 克也
人と防災未来センター平成28年度秋期「災害対策専門研修」   2016年10月18日   
文理工有効の防災:減災研究の現場から
矢守 克也
茨城大学地球変動適応科学研究機関設立10周年記念シンポジウム   2016年10月15日   
津波避難のリアル:新しい訓練手法のご紹介
矢守 克也
ひょうご21世紀文明研究セミナー2016   2016年10月12日   
パネルディスカッション「被災地から未来へ~子どもたちと考える復興~」
阿部秀保・北村育美・佐藤敏郎・矢守克也・佐藤翔輔・中林一樹
日本災害復興学会石巻大会公開シンポジウム   2016年10月2日   
避難の心理学-リスクの情報/情報のリスク-
矢守 克也
第35回自然災害学会学術講演会オープンフォーラム「自然災害の避難学」構築をめざして   2016年9月22日   
防災学習ゲーム「クロスロード」
矢守 克也
なごや災害ボランティア連絡会結成10周年記念平成28年度三遠南信災害ボランティア交流学習会   2016年9月17日   
防災ゲーム「クロスロード」体験
矢守 克也
日本災害救援ボランティアネットワーク平成28年度災害ボランティア養成講座   2016年9月10日   
いま熊本復興のために、私たちは何ができるのか?
矢守 克也
平成28 年度熊本大学政創研政策フォーラム熊本地震復興のこれからを考える-おたがいさまの社会づくり-   2016年8月30日   
防災・減災のためのリスク・コミュニケーション
矢守 克也
産業技術総合研究所活断層・火山研究部門セミナー 産業技術総合研究所   2016年7月27日   
津波避難研究の理論と実践-SIPプロジェクトの成果から-」
矢守 克也
海トラフ広域防災研究プロジェクト第7回関西地域研究会 ホテルメルパルク大阪   2016年7月25日   
地区防災計画~熊本地震を踏まえて~
矢守 克也
四万十町防災講演会 窪川四万十町会館   2016年7月24日   
熊本地震を経験して
矢守 克也
興津小学校防災学習発表会 高知県四万十町興津小学校   2016年7月9日   
熊本地震から学んだこと
矢守 克也
焼津高校防災学習会 静岡県焼津高校   2016年6月30日   
ゲーミング手法を活用した防災・減災ワークショップ
矢守 克也
人と防災未来センター平成28年度春期「災害対策専門研修」 人と防災未来センター   2016年6月16日   
災害リスク・コミュニケーションについて
矢守 克也
高槻市「けやきの森市民大学講座」 高槻市生涯学習センター   2016年6月11日   
防災・減災のためのリスク・コミュニケーション
矢守 克也
平成28年度「地域住民の防災力向上~平時からの取り組み~」セミナー 全国市町村国際文化研究所   2016年5月30日   
熊本地震について学ぼう
矢守 克也
高知県本山町平成28年度合同修学旅行 人と防災未来センター   2016年5月25日   
防災・減災のためのリスク・コミュニケーション
矢守 克也
国土技術研究センター   2016年5月18日   
地域防災の新しいかたち:クロスード・生活防災・個別避難訓練
矢守 克也
佐用町防災リーダー研修会 さよう文化情報センター   2016年5月15日   
地区防災計画とは
矢守 克也
黒潮町地区防災研修講演 黒潮町役場   2016年5月9日   
熊本地震の経験から
矢守 克也
構想日本第223回J.I.フォーラム防災も「他人事」から「自分事」へ アルカディア市ヶ谷   2016年4月18日   
車で避難どう考える?
矢守 克也
万行地区第5回防災勉強会&避難訓練 高知県県黒潮町万行地区公民館   2016年4月10日   
災害情報は命を救えるか
矢守 克也
京都新聞総合研究所佛大メディア論講座 佛教大学四条センター   2016年3月10日   
災害リスク・コミュニケーションの新しいかたち
矢守 克也
飯田市地震防災貢献会飯田市文化会館ホール   2016年3月5日   
「逃げトレ」アプリ総括検証
矢守 克也
堺市浜寺四校区津波避難訓練 堺市浜寺中学校   2016年2月28日   
全体総括 興津小学校防災学習発表会
矢守 克也
興津小学校防災学習発表会 高知県四万十町興津小学校   2016年2月13日   
生活防災とは かまどベンチでいざメシSP
矢守 克也
NHK大津放送   2016年2月11日   
命を守る絆づくりの第一歩
矢守克也
本山防災シンポジウム「知って広げる山の防災」   2016年2月6日   
講評
矢守克也
平成27年度大阪府立北野高等学校2年文理学科・SGH課題研究発表会   2016年1月30日   
生活の中に防災を取り入れよう
矢守克也
平成27年度尼崎市社会福祉協議会武庫支部・武庫地区民生児童委員協議会合同研修   2016年1月28日   
地区防災計画を作成するためのマインド
矢守克也
内閣府平成27年度地区防災計画市区町村職員向け研修   2016年1月21日   
ゲーミング手法を活用した防災・減災ワークショップ
矢守克也
人と防災未来センター平成27年度秋季「災害対策専門研修」   2015年10月15日   
災害リスク・コミュニケーションの手法
矢守克也
京都市消防学校   2015年10月8日   
災害リスク・コミュニケーションの手法
矢守克也
大阪ガス防災講演会   2015年9月30日   
学校と地域が連携した津波防災対策-高知県四万十町と静岡県焼津市の事例から-
矢守克也
須崎高校南海地震フォーラム   2015年9月18日   
地区防災計画について
矢守克也
地区防災計画学会第8回研究会   2015年9月13日   
防災週間スペシャル!『被災地デイズ』のジレンマから考える~正解のない問い~
矢守克也
〈第35回〉ビブリオバトルin有隣堂   2015年9月6日   
教える防災教育から共にする防災教育へ
矢守克也
第7回土木と学校教育フォーラム 土木学会   2015年8月30日   
ゲーミングを通した災害リスク・コミュニケーション
矢守克也
日本地震学会2015年度教員免許状更新講習   2015年8月1日   
家具固定・逃げトレ・夜間避難訓練 防災学習発表会
矢守克也・孫英英・野嶋太加志・千々和詩織
2015年7月11日   
阿武山観測所サイエンス・ミュージアム化計画について
矢守克也
阿武山観測所リニューアルオープンイベント   2015年7月4日   
被災地における地区防災計画のとりくみ-岩手県大槌町の例から-
矢守克也
黒潮町芝地区地区防災計画勉強会   2015年6月26日   
講評
矢守克也
焼津高校津波避難調査発表会学習   2015年6月20日   
ゲーミング手法を活用した防災・減災ワークショップ
矢守克也
人と防災未来センター平成27年度春季「災害対策専門研修」   2015年6月18日   
災害リスク・コミュニケーションの新しいかたち
矢守克也
長野県「地域の防災・減災を考えるシンポジウム」基調講演   2015年6月14日   
災害リスク・コミュニケーションについて
矢守克也
高槻市「けやきの森市民大学講座」   2015年6月13日   
防災について:クロスロード実習
矢守克也
NVNAD災害ボランティアリーダー養成講座   2015年6月13日   
JIAM地域における防災体制の構築に向けて~災害のリスク・コミュニケーション戦略~
矢守克也
平成27年度「地域住民の防災力の向上」講座   2015年6月1日   
災害リスク・コミュニケーションの新しいかたち-高知県での試みから-
矢守克也
日本防火・危機管理促進協会講演会   2015年5月28日   
地震がおこす複合災害
矢守克也
本山町連合小学校(本山小・吉野小)&いの町神谷小中学校 人と防災未来センター   2015年5月20日   
夜間避難と昼間避難の比較検証
矢守克也・孫英英・千々和詩織・柳澤航平
四万十町興津小学校防災授業   2015年5月18日   
被災地における地区防災計画のとりくみ-岩手県大槌町の例から-
矢守克也
黒潮町防災地域担当職員研修会   2015年5月12日   
第4回万行地区防災勉強会
矢守克也・畑山満則・中居楓子
第4回万行地区防災勉強会    2015年4月5日   
防災・減災分野におけるアクション・リサーチ
矢守克也
神戸大学社会科学系教育研究セミナ   2015年3月18日   
被災地デイズ〜復興のジレンマな分岐点〜
伊藤剛・矢守克也
シブヤ大学〈時代QUEST〉   2015年3月15日   
総括とコメント
矢守克也
内閣府地区防災計画モデル地区フォーラム   2015年3月14日   
災害リスク・コミュニケーションの新しいかたち-想定を活かすために-
矢守克也
東京で学ぶ京大の知シリーズ17「変動する社会と激変する自然災害」   2015年3月12日   
減災のことばを考え直す
矢守克也
京都大学防災研究所阿武山地震観測所「阿武山対話(第4回)   2015年3月7日   
減災について
矢守克也
平成26年度マナビスト講座   2015年3月7日   
スマホ版個別避難訓練について
矢守克也
浜寺4校区津波避難訓練   2015年3月1日   
興津地区夜間避難訓練と家具固定実践報告
矢守克也・宮本匠・野嶋太加志
興津小学校学習発表会・防災学習会   2015年2月14日   
防災対応ゲーム「クロスロード」から学ぶ
矢守克也
マッセOSAKA「平成26年度事例研究(ミニ講座)防災対応ゲーム「クロスロード」から学ぶ   2015年2月2日   
「防災」セッション・コーディネーター 
矢守克也
NVNAD「ボランティア」のつどい   2015年1月31日   
「クロスロード」を使って楽しく!真剣に!学ぼうBOSAI
矢守克也
防災教育研究発表会(平成26年度「高知県実践的防災教育推進事業」   2015年1月29日   
「てんでんこ」って何?
矢守克也
本山町立吉野小学校・本山小学校防災学習会   2015年1月28日   
備える〜大切な人を守るために〜
矢守克也
岸和田市防災シンポジウム「備える〜大切な人のために」   2015年1月25日   
真陽地区の津波とは?〜最新の研究報告〜
矢守克也・近藤誠司・杉山高志
小学生と一緒に地域防災を考えよう!〜1.17「真陽防災の日」   2015年1月17日   
パネルディスカッション「話したい、聞きたい 阪神・淡路大震災20年」コーディネーター
矢守克也
災害メモリアルKOBE2015   2015年1月10日   
想定外のクロスロード・クロスロードの想定外
矢守克也
1000人のクロスロード2014   2014年12月23日   
阪神・淡路大震災20年緊急防災会議(シンポジウム)パネルディスカッション
矢守克也
備えあれば憂いなし-今日から備える(コーディネーター)   2014年12月21日   
学校における実践的防災教育
矢守克也
静岡県教育委員会「平成26年度健康教育指導者講習会」   2014年12月8日   
総括とコメント
矢守克也
震災20年研究会「震災遺族と防災研究者の交流会」   2014年12月6日   
矢守克也先生と学ぼう「防災」
矢守克也
ぼうさい出前授業   2014年12月2日   
災害リスク・コミュニケーションの新しいかたち
矢守克也
第14回京都大学宇治キャンパス産学交流会講演   2014年12月1日   
防災に関する教育/防災を通した教育
矢守克也
平成26年度一般研究集会「総合的防災教育の構築に関する研究集会」   2014年11月29日   
クロスロードについて
矢守克也
「クロスロード大洗編」完成お披露目ワークショップ   2014年11月26日   
大災害! それまで・そのとき・それから〜自助・共助の心構え〜
矢守克也
神奈川県西部広域行政協議会防災部会「平成26年度防災講演会」   2014年11月22日   
防災学習ゲーム「クロスロード
矢守克也
第8期津市民防災大学   2014年11月17日   
津波避難について
矢守克也
NVNAD防災ウォークラリー   2014年11月16日   
災害リスク・コミュニケーションを再考する
矢守克也
第189回神戸大学都市安全研究センターオープンゼミナール   2014年11月15日   
災害情報の生かし方:巨大災害に備えるために
矢守克也
守口門真防火協会「平成26年度の防災フォーラム」講演会   2014年11月13日   
防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション
矢守克也
公益社団法人京都府栄養士会災害支援チーム養成講座   2014年11月9日   

競争的資金等の研究課題

 
グループ・ダイナミックス
自然災害に関する社会心理学的研究