宮地 功

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/24 13:19
 
アバター
研究者氏名
宮地 功
 
ミヤジ イサオ
URL
http://etlab.mis.ous.ac.jp
所属
岡山理科大学
部署
総合情報学部 情報科学科
職名
教授
学位
工学博士(京都大学), 理学修士(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1971年
 - 
1978年
津山工業高等専門学校 助手
 
1978年
 - 
1983年
津山工業高等専門学校 講師
 
1983年
 - 
1989年
津山工業高等専門学校 助教授
 
1989年
 - 
1993年
岡山理科大学 助教授
 
1993年
   
 
- 岡山理科大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
岡山大学 理学研究科 物理学
 
 
 - 
1969年
岡山大学 理学部 物理学
 

委員歴

 
1999年
   
 
電子情報通信学会  教育工学専門委員
 
1997年
   
 
日本知能情報ファジィ学会  中四国支部幹事
 
1999年
 - 
2002年
教育システム情報学会  中国支部副支部長、中国支部支部長、評議員
 
1999年
   
 
日本教育情報学会  評議員
 
1999年
   
 
日本科学教育学会  中国支部岡山県支部長
 

受賞

 
2014年1月
LICE 最優秀論文賞
 
1989年
NECコンピュータSP研究会 感謝状
 

論文

 
Comparison between Effects in Two Blended Classes Which E-learning is Used inside and outside Classroom
宮地 功
US-China Education Review   8(4) 468-481   2011年4月   [査読有り]
ブレンド型授業によるプログラミング教育の効果
新開純子,宮地功
教育システム情報学会誌   28(2) 151-162   2011年4月   [査読有り]
An Examination of the Effects of Group Learning on Knowledge Engineering to Conceive of a Study Support System
宮地 功
International Journal for Cross-Disciplinary Subjects in Education   2(1) 285-293   2011年5月   [査読有り]
学習指導案と相互評価を取り入れた情報科教育法のブレンド型授業の効果
宮地 功
日本情報科教育学会誌   4(10) 11-19   2011年12月   [査読有り]
手作業によるアルゴリズム教育の実践
新開純子,宮地功
日本教育工学会論文誌   35(Suppl.) 129-132   2011年12月   [査読有り]
Trial of a distance learning system using a brain wave sensor
吉田幸二,宮地 功,山田
International Journal of Informatics Society   3(3) 103-107   2012年   [査読有り]
Effects of Creating Three Kinds of Digital Storytellings on Student Attitude
宮地 功
Journal of Modern Education Review   2(5) 243-262   2012年10月   [査読有り]
Comparison of Two Years in Effects of Futhering Student Study Through International Joint Seminar between Japan and China Using Video Conferencing
宮地 功
Journal of Modern Education Review,   2(6) 297-314   2012年12月   [査読有り]
"Case Study on Difference between Attitudes of Students in a Science-Mathematics Course and Science Class in an Ordinary Course in a Senior High School "
宮地 功
Journal of Modern Education Review   3(1) 64-77   2013年7月   [査読有り]
Support system developed for beginners to design blended learning and its use evaluation
宮地 功,清水隼人,吉田幸二,成瀬喜則
International Journal for Digital Society   1(1) 842-851   2013年10月   [査読有り]

Misc

 
An algorithm for constructing a school timetable (共著)
Transactions of IECE of Japan   E61(5) 370-375   1978年
MIYAJI I, OHNO K, MINE H
European Journal of Operational Research   33(1) 82-90   1988年
An algorithm for constructing a new school timetable from a previous school timetable (共著)
Transactions of IECE of Japan   E62(4) 229-234   1979年
A heuristic algorithm for solving school districting problems (共著)
Educational Technology Research   4(1-2) 23-30   1980年
最適教授項目決定問題の解法(共著)
日本教育工学雑誌   6(3) 89-98   1982年

書籍等出版物

 
eラーニングからブレンディッドラーニングへ
宮地 功 (担当:共編者, 範囲:3.5, 3.6, 4.5, 11.4, 15.6, 16.6)
2009年9月   
演習形式で学ぶオペレーションズリサーチ
宮地 功
共立出版   2008年9月   
新しい情報教育の理論と実践の方法―情報科教育法―
現代教育社   2004年   
演習C言語入門
共立出版   1996年   
パソコンによるCAI・CMI入門
朝倉書店   1989年   

担当経験のある科目

 

Works

 
生涯学習に関する県民の意識調査
宮地 功   芸術活動   2013年3月 - 2013年3月
生涯学習に関する県民の意識調査
宮地 功   その他   2007年3月 - 2007年3月
生涯学習に関する県民の意識調査
1997年
生涯学習に関する県民の意識調査
2002年

競争的資金等の研究課題

 
ブレンディッドラーニングの最適設計と最適展開に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 宮地 功
最適なメディア選択に基づいたブレンディッドラーニングの展開に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 宮地 功
問題自動生成機構の研究開発とブレンディング授業の展開に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 宮地 功
個に対応したe-ラーニングブレンディン      グ授業のための問題自動生成機構の研究開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C(2))
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 宮地 功
情報科学英文の和訳を学習・評価・添削するシステムの研究開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C(2))
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 宮地 功
ブレンディッドラーニングの設計と実践
研究期間: 1998年   
階層化意思決定法による書道作品の定量的評価支援システムの研究開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 宮地 功
テレビ会議交流による協調学習に関する研究
研究期間: 1985年   
教育評価の定量化に関する研究
研究期間: 1983年   
CMIシステムに関する研究
研究期間: 1978年