佐々木 環

J-GLOBALへ         更新日: 10/08/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
佐々木 環
 
ササキ タマキ
所属
川崎医科大学
部署
医学部 医学科 医学部 臨床医学 内科学(腎)
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
   
 
-   助手
 
1994年
 - 
1995年
  助手
 
1995年
 - 
2000年
  講師
 
2000年
   
 
-   助教授
 
2005年
 - 
2006年
川崎医科大学医学部 臨床医学 内科学(腎) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
川崎医科大学 医学研究科 超微形態病理学
 
 
 - 
1984年
川崎医科大学 医学部 医学学科
 

受賞

 
1999年
第8回パクスターPD基金
 
2001年
熊野堂
 
2004年
第15回日本急性血液浄化学会学術集会  Best Presentation Award
 
2005年
第11回分子腎臓研究会 研究奨励賞
 

Misc

 
血管炎
佐々木環、作田建夫、柏原直樹
臨床透析   25(7) 1021-1028   2009年6月
電解質異常の治療
佐々木環、作田建夫、依光大祐、十倉健彦、柏原直樹
Heart View   13(10) 1148-1154   2009年9月
Direct Measurement of Nitric Oxide Concentration in CAPD Dialysate.
Mochizuki Seiichi, Takayama Aya, Sasaki Tamaki, Horike Hideyuki, Kashihara Naoki, Ogasawara Yasuo, Kajiya Fumihiko, Kitawaki Tomoki, Oka Hisao
Peritoneal dialysis international : journal of the International Society for Peritoneal Dialysis   29(1) 111-114   2009年1月
慢性腎不全と画像所見 異所性石灰化を中心に
佐々木環、柏原直樹
Nephrology Frontier   6(2) 172-176   2007年6月
腹膜透析液中NOと関連物質の動態評価
高山綾, 望月精一, 小野真由美, 矢田豊隆, 小笠原康夫, 佐々木環, 北脇知己, 岡久雄
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   107(154) 87-90   2007年7月

書籍等出版物

 
生活習慣病の改善(食事、運動のあり方、体重適正化、禁煙):まず始めよう生活習慣の改善、腎臓に甘えすぎてはいけない「慢性腎臓病CKD 病態理解に基づいた予防と治療のあり方」
メディカルレビュー社   2009年10月   
腎不全「今日の病態栄養療法」
南光堂   2008年4月   
近位尿細管機能異常「腎・尿路系コア・カリキュラムテキスト」
文光堂   2008年8月   
急性糸球体腎炎(溶連菌感染後急性糸球体腎炎)「腎疾患・透析最新の治療」
南江堂   2008年1月   
CKDをもつ患者さんに対する医療面接・診察のポイント「生活習慣病診療に基づくCVD予防ハンドブック」
羊土社   2009年5月   

講演・口頭発表等

 
透析患者への経静脈栄養処方の基本
第54回日本透析医学会学術集会   2009年   
水・ナトリウム代謝異常 体液量の適正管理
第15回日本腹膜透析研究会総会・学術集会   2009年   
CAPD療法における一酸化窒素(NO)とテトラヒドロビオプテリン(BH4)の動態
第52回日本腎臓学会学術総会   2009年   
腹膜透析と血液透析の併用療法におけるNOと酸化ストレスの関与
第32回日本バイオレオロジー学会年会   2009年   
腹膜透析におけるNOの動態解析 −血液透析との併用療法におけるNOの役割−
第48回日本生体医工学会大会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
糸球体障害進行因子に関する研究
腹膜中皮細胞による遺伝子導入の研究
酸化ストレスによる腎障害