島谷 浩

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/25 00:44
 
アバター
研究者氏名
島谷 浩
 
シマタニ ヒロシ
eメール
shimaeduc.kumamoto-u.ac.jp
URL
http://www.educ.kumamoto-u.ac.jp/~shima/
所属
熊本大学
部署
教育学部 熊本大学教育学部英語教育
職名
教授
学位
文学修士(ミシガン州立大学), Master of Arts(西南学院大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
熊本大学教育学部附属中学校 校長
 
2011年10月
 - 
現在
熊本大学教育学部 英語科 教授
 
2007年7月
 - 
2011年9月
熊本大学教育学部 英語科 准教授
 
1998年4月
 - 
2007年6月
熊本大学教育学部 英語科 助教授
 
1994年4月
 - 
1998年3月
九州共立大学工学部 教養教室 助教授
 

学歴

 
1984年
 - 
1986年
ミシガン州立大学 大学院修士課程 英語教育学専攻
 
1978年
 - 
1983年
西南学院大学 文学部 外国語科英語専攻
 

委員歴

 
2005年
 - 
現在
九州英語教育学会  評議員
 
1996年
 - 
現在
外国語教育メディア学会  九州・沖縄支部運営委員、評議員
 
2010年4月
 - 
2016年3月
外国語教育メディア学会  副会長、理事、九州・沖縄支部長
 
2000年4月
 - 
2016年3月
日本言語テスト学会  研究会運営委員
 
1998年4月
 - 
2014年3月
全国英語教育学会  紀要編集委員
 
2006年
 - 
2009年
外国語教育メディア学会  理事、本部事務局幹事、九州・沖縄副支部長
 
2004年
 - 
2009年
大学英語教育学会  授業学研究委員会委員
 
2006年
 - 
2008年
スーパー・イングリッシュ・ハイスクール運営指導委員会 運営指導委員(2006-2007)
 
2006年
 - 
2008年
スーパー・イングリッシュ・ハイスクール運営指導委員会 運営指導委員(2007-2008)
 
2003年4月
 - 
2005年3月
日本言語テスト学会  研究会運営委員長
 
2003年
 - 
2005年
大学英語教育学会  九州・沖縄支部会計監査
 
2003年
 - 
2004年
スーパー・イングリッシュ・ハイスクール運営指導委員会 副委員長(2003-2004)
 
2003年
 - 
2004年
大学英語教育学会九州・沖縄支部  会計監査
 
2000年
 - 
2003年
外国語教育メディア学会九州・沖縄支部  理事
 
2000年
 - 
2003年
外国語教育メディア学会  理事
 
2000年
 - 
2001年
大学英語教育学会  支部紀要査読委員
 
1995年4月
 - 
1997年3月
九州英語教育学会  事務局長
 

受賞

 
2015年11月
熊本大学 平成27年度熊本大学教育活動表彰 【一般表彰】準グランプリ 「論理的思考力・表現力育成のためのカリキュラム開発ー教科間連携、幼・小・中連携を視野に入れて 」に関する学部・附属学校園の連携事業の取り組み
受賞者: 河野順子・山本信也・田口浩継・坂下玲子・島谷浩・藤瀬泰司・ピダーソン スタン・山﨑浩隆・渡邊重義
 
2011年10月
日本言語テスト学会 2011年度最優秀論文賞 Exploring Item-Examinee Response Characteristics in Search of Diagnostic Functions of TOEIC(R) Tests
受賞者: Norizuki, K., Ito, A. & Shimatani, H.
 

論文

 
島谷, 浩
熊本大学教育学部紀要   62 81-90   2013年12月
多くの高等教育機関において, 外部テストとして英語能力テストが頻繁に利用されるようになった. 外部テストとは, 学校外のテスト専門機関によって作成されたテストで, TOEIC, 英検, TOEFLなどが大学でのプレースメントや単位認定によく利用されている.しかし, 英語能力テストに対する社会的評価がある程度認知されているためか, それらの妥当性や波及効果に関する研究はほとんど行われていない.本研究は, 英語外部テストによる単位認定の妥当性・波及効果を探るために, 単位認定を受けて英語履修を...
ITO Akihiro, SHIMATANI Hiroshi, NORIZUKI Ken, KINOSHITA Masayoshi
日本言語テスト学会誌   (16) 87-105   2013年12月   [査読有り]
A test should be reliable and valid enough for a test-taker to predict, assess, and/or judge his/her own test performance immediately after taking it. Based on this point of view, the present study investigated TOEIC[○!R]'s validity from the persp...
Development and validation of a self-assessment questionnaire as an indicator TOEIC(R) test score (共著)
Ito, A., Shimatani, H. & Norizuki, K.
日本言語テスト学会誌   (16) 87-106   2013年   [査読有り]
Norizuki Ken, Ito Akihiro, Shimatani Hiroshi
日本言語テスト学会誌   (14) 1-20   2011年11月   [査読有り]
TOEIC[○!R] tests have been used extensively for placement or proficiency decisions at universities in Japan. However, the amount of diagnostic information they make available to individual candidates is fairly limited. In fact, providing such TOEI...
Exploring item-examinee response characteristics in search of diagnostic functions of TOEIC(R) tests for university students in Japan. "jointly worked"
Ken Norizuki, Akihiro Ito, Hiroshi Shimatani
JLTA Journal   (14) 1-20   2011年
伊藤 彰浩, 島谷 浩, 法月 健
日本言語テスト学会研究紀要   (13) 111-125   2010年11月   [査読有り]
This paper reports the findings of a predictive validity study on two versions of the Test of English for International Communication[○!R] (TOEIC[○!R]) in the context of English language education in a Japanese university. Twenty students of Engli...
新・旧TOEIC®の予測的妥当性の検証(共著)
伊藤彰浩, 島谷浩, 法月健
日本言語テスト学会研究紀要   (13) 111-125   2010年   [査読有り]
伊藤 彰浩, 島谷 浩, 法月 健, 木下 正義
日本言語テスト学会研究紀要   (12) 26-45   2009年10月   [査読有り]
This paper presents a preliminary portion of the reports on our research project. In May 2006, the TOEIC[○!R] was revised in order to make it a more suitable test battery to measure English communicative language ability. The purpose of the projec...
新旧TOEIC®の受験者配置における平行度の検討と内的妥当性検証(共著)
伊藤彰浩, 島谷浩, 法月健, 木下正義
東アジア英語教育研究会研究論集   (3) 5-17   2009年   [査読有り]
古典的テスト理論による 新・旧TOEIC®の比較分析(共著)
伊藤彰浩, 島谷浩, 法月健, 木下正義
日本言語テスト学会研究紀要   (12) 26-45   2009年
Two versions of TOEIC® as a placement test: A comparative study based on the classical test theory and Rasch model.
Shimatani, H., Norizuki, K., Ito, A. and Kinoshita, M.
English Language Assessment   (3) 39-56   2009年
島谷浩, 法月健, 伊藤彰浩, 木下正義
JACET九州・沖縄支部研究紀要   (14) 17-32   2009年   [査読有り]
島谷, 浩
熊本大学教育学部紀要 人文科学   56 111-120   2007年11月
First, this paper explores the recent use of English proficiency tests as external tests at higher educational institutions. External tests such as TOEIC, TOEFL, and Step Test (Eiken) are used because they enable us to measure English communicatio...
島谷 浩, 簑田 輝代, 前村 恭廣, 澤村 雄二
熊本大学教育学部紀要. 人文科学   54 149-156   2005年11月
英語コミュニケーション能力の継続的評価:附属中学校における実践の検証(共著)
島谷 浩, 簑田輝代, 前村恭廣, 澤村雄二
熊本大学教育学部紀要(人文科学)   (54) 149-156   2005年
Xu, H., & Shimatani, H.
LET Kyushu-Okinawa Bulletin   (4) 17-29   2004年3月   [査読有り]
A Study on the English Section of the College Scholastic Ability Test and Its Washback Effects on English Education in South Korea.
島谷 浩
Studies in English Teaching and Learning in East Asia   (1) 13-23   2004年
High School Students' Impressions and Perceptions of Some Attributes of Each Reading Subtest in the National Unified Exam English Tests of Japan, South Korea, and Taiwan.
Shimatani, H., Kinoshita, M., Yamamoto, H., & Laskowski, T.
The Journal of Asia TEFL   1(1) 47-73   2004年   [査読有り]
Shimatani Hiroshi, Glenn Stockwell
Language Education & Technology   (40) 1-13   2003年7月
The present study examines the use of EFL CALL materials in a limited self-study environment by students enrolled at Kumamoto University (the facilities were available from 9 am. to 5 p.m. weekdaysi, and evaluates this environment from the perspec...
Comparing the Reading Sections of the National Unified English Tests of Japan, South Korea, and Taiwan.
Shimatani Hiroshi., Kinoshita Masayoshi, Otsu Atsushi, Terry Laskowski, Okuda, Yuji, Yamamoto Hiroki.
The JACET Kyushu-Okinawa Chapter Annual Review of English Learning and Teaching.   (8) 1-17   2003年
樋口康夫
外国語教育メディア学会九州支部紀要   (2) 1-13   2002年3月   [査読有り]
Influences of the Introduction of a Listening Test into the Entrance Examination at Kumamoto University: Compared with the Situation in South Korea
島谷 浩
九州英語教育学会紀要   (29) 1-9   2001年
Washback Effect of the Introduction of a Listening Test into a National University Entrance Examination
島谷 浩
Proceedings of the Foreign Language Education and Technology Conference IV (PDF document)   738-744   2001年
A Comparative Study on English Listening and Reading Comprehension between Japanese and Korean High School Students.
Kinoshita, K., Laskowski, T., Yamamoto, H., and Takemura, M.
大学英語教育学会九州・沖縄支部紀要   (5) 131-144   2000年   [査読有り]
高木信之, 吉田道雄, アラン・ローゼン, 登田龍彦, 松瀬憲司, 鈴木蓮一, 村里泰昭・新井英永, 荘口博雄
熊本大学教育学部紀要(人文科学)   48(39-47) 39-47   1999年12月
島谷 浩
外国語教育評価学会研究紀要   (2) 35-54   1999年9月
In English language teaching in junior and senior high schools, development of listening comprehension tests focusing on oral communication abilities is needed due to the shift of the course of study toward a more communication-oriented approach (...
Kinoshita, M., Ishii, K., 0htsu, A., Kawajiri, M., Takanashi, Y., and Laskowski, T.
語学ラボラトリー学会紀要   (35) 35-51   1998年11月   [査読有り]
This paper identifies the factors related to assessment of listening comprehension abilities focusing on oral communication. The criteria used for making a listening test focusing on oral communication is given. The study also reports the formatio...
島谷 浩
外国語教育評価学会研究紀要   1(1-14) 1-14   1998年9月   [査読有り]
Due to the revisions of the guidelines of the course of study to improve communicative competence in foreign language learning in junior and senior high schools, development of listening comprehension tests focusing on oral communication abilities...
島谷 浩
ランゲージ・ラボラトリー(語学ラボラトリー学会紀要)   (33) 81-81   1996年6月
The present study examines the factors related to assessment of listening comprehension abilities focusing on oral communication, introduced by MOMBUSHO in 1994. This research also contains the formation and implementation of reliable and valid li...
Connective Choice between Native and Japanese Speakers
島谷 浩
ERIC Document Reproduction Service No. ED 356 620      1993年
Independent Reading in English-Use of Graded Readers in the Library English as a Second Language Corner
島谷 浩
Reading in a Foreign Language   6    1990年   [査読有り]
Discourse Markers 'Oh' and 'So' in Simplified Speech.
島谷 浩
九州英語教育学会紀要      1990年   [査読有り]
English Connective Words in Interaction between Native and Non-native Speakers.
Tabuki, M., and Kizaki, E.
九州共立大学工学部研究報告   (14) 1-10   1990年
島谷 浩
大学英語教育学会紀要   (19) 67-82   1988年9月   [査読有り]
The Use of Small Group Work in the ESL/EFL Classroom : Theoretical Basis and Some Suggestions for Practical Application
島谷 浩
ERIC Document Reproduction Service      1988年

Misc

 
外国人学生に要求される英作能力と今後の英作文指導
島谷 浩
現代英語教育   23    1986年
英語の表現能力をいかに測定するか
島谷 浩
英語教育   35    1986年
リーディングの個別指導
島谷 浩
現代英語教育   24(7)    1987年
自主的な英語の読書指導
島谷 浩
The Language Teacher   12(2)    1988年
パソコンを利用した英語個別指導の試み.
太田成俊
九州共立大学工学部研究報告   (15) 45-62   1991年
コンピューター・ソフトウェア:ボキャビュラリー・ビルディング
島谷 浩
学習研究社      1992年
英文法CAIソフトの制作と実践
島谷 浩
LL通信   173 10-12   1993年
コンピュータを利用した英文法指導
島谷 浩
語学ラボラトリー学会第34回全国研究大会発表論集   110-111   1994年
LLとCAIを活用した英語教育
島谷 浩
九州共立大学視聴覚教育施設運営委員会広報   (4) 6-9   1994年
書評「英語教育メディア活用マニュアル」
島谷 浩
現代英語教育   32(6) 59-59   1995年
コンピュータ・ネットワークを利用した英語教育の現状と可能性
島谷 浩
九州共立大学情報処理教育研究センター ジャーナル   (1) 23-23   1997年
コンピュータ・ソフトウェア : グラマー・マスター Ver. 3.0
島谷 浩
英潮社      1997年

書籍等出版物

 
論理的思考力・表現力育成のためのカリキュラム開発ー教科間連携、幼・小・中連携を視野に入れて
Pederson, Stan・前田陽子・栗原佳代・島谷浩 (担当:共著, 範囲:第2章 各教科における論理的思考力・表現力の育成 第10節 英語科教育)
溪水社   2015年2月   
21世紀の英語科教育
樋口晶彦・島谷 浩 (担当:共編者)
開隆堂出版   2007年   ISBN:9784304013362
コンピュータ利用の外国語教育ーCAIの動向と実践
英潮社   1993年   
Culture and Communication
山口書店   1995年5月   
広げる知の世界 大学での学びのレッスン
ひつじ書房   2005年   

講演・口頭発表等

 
Text and auditory processing characteristics affecting item difficulty in EFL listening comprehension: Analyzing TOEIC(R) short conversations and short talks.
日本言語テスト学会第15回全国研究大会   2011年   
An investigation into person misfit and ability measures on test performance of English proficiency tests
2011 Pan-Korea English Teachers Association International Conference   2011年   
Development and validation of a self-assessment questionnaire as an indicator of TOEIC(R) test score
2010 International Conference on Applied Linguistics   2010年   
新旧TOEICRテストの比較検証--4テスト・セット800問の受験データ分析
日本言語テスト学会第14回全国研究大会   2010年   
TOEIC(R)得点の自己予測:その意義と可能性
第24回JACET九州・沖縄支部研究大会   2010年   
錯乱肢とテキストの分析による新旧TOEIC®の比較検証
日本言語テスト学会第13回全国研究大会   2009年   
新旧TOEIC®の平行性と内的妥当性
第90回東アジア英語教育研究会   2009年   
新旧 TOEIC® テストにおける項目及びテキストの比較分析
日本言語テスト学会第30回研究例会   2009年   
Two versions of TOEIC® as a placement test: A comparative study based on the classical test theory and Rasch model
KELTA 2009 International Conference   2009年   
外部英語テストが一般大学生へもたらす波及効果
JACET九州・沖縄支部東アジア英語教育研究会第66回研究会   2007年   

Works

 
英語コミュニケーション能力の科学的評価システムの開発
1999年 - 2002年