河内 千栄子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/02 11:05
 
アバター
研究者氏名
河内 千栄子
 
カワウチ チエコ
ハンドル
ckawauchi
eメール
kawauchi_chiekokurume-u.ac.jp
所属
久留米大学
部署
法学部 国際政治学科 法学部国際政治学科
職名
教授
学位
文学修士 MA(ハワイ大学), 言語学博士 Ph. D(ランカスター大学)

研究分野

 
 
  • 言語学 / 外国語教育 / 第2言語習得、学習方略、語彙習得

学歴

 
1999年12月
 - 
2003年3月
ランカスター大学 言語学・現代英語 
 
1986年8月
 - 
2008年8月
ハワイ大学 第2言語としての英語 
 
1969年4月
 - 
1973年3月
西南学院大学 文学部 外国語学科英語専攻
 

委員歴

 
1988年4月
 - 
現在
大学英語教育学会  JACET賞選考委員、支部企画委員
 
1995年4月
 - 
1999年3月
外国語教育メディア(旧LLA)九州・沖縄支部  評議員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
大学英語教育学会九州・沖縄支部  支部紀要編集委員長
 

受賞

 
2005年9月
大学英語教育学会 学会学術賞
 

論文

 
英語学習に対する学習者の不安要因:専攻、性差、およびその変化
河内 千栄子
久留米大学外国語教育研究所紀要   (23) 15-20   2016年3月
Effects of Loanwords on Productive Vocabulary Knowledge: Influences of Loanword Frequency, Length, Learners' Vocabulary Sizes, and Prior Information
河内 千栄子
九州英語教育学会   (43) 21-29   2015年8月   [査読有り]
The Effects of Word Length and Word Familiarity on Vocabulary Learning
河内 千栄子
久留米大学外国語研究所紀要   (22) 63-77   2015年3月
Receptive and Productive Knowledge of Gairaigo: Word Length, Learner's Vocabulary Levels, Prior Information, and Learning Effects
河内 千栄子
大学英語教育学会九州・沖縄支部紀要   (19) 1-16   2014年11月   [査読有り]
Productive Use of Grammar: Effects of Three Types of Exercises
河内 千栄子
久留米大学外国語教育研究所紀要   (21) 39-52   2014年3月
The Effect of Retrieval and Elaboration Practices on L2 Vocabulary Learning
河内 千栄子
大学英語教育学会九州・沖縄支部紀要   (17) 1-17   2012年11月   [査読有り]
Learning Unknown Words: The Effects of Dictionary, Association, Own Way Learning Strategies
河内 千栄子
JACET Journal   52(2) 71-77   2011年3月   [査読有り]
The Effects of CALL-Alone and CALL-Plus: Developing Receptive and Productive Vocabulary
河内 千栄子
Language Education & Technology   47 75-92   2010年7月   [査読有り]
学習者の語彙を増強させる:課外CALLと復習テストによる難語学習の効果
河内 千栄子
JACET 九州・沖縄支部紀要   14 1-16   2009年11月   [査読有り]
A Critical Look at Learning Strategy Research and Some Ideas About Task Structures
河内 千栄子
JACET九州・沖縄支部紀要   12 55-60   2007年12月   [招待有り]
The Effects of CALL-Based Vocabulary Learning as Self Study
河内 千栄子
Language Education and Technology   43 21-38   2006年6月   [査読有り]
課外CALL学習の効果:語彙レベル、語彙学習レベル、および学習者レベルの関連性
河内 千栄子
久留米大学外国語教育研究所紀要   13 107-124   2006年3月
CALLによる語彙学習とその効果:PowerWordsを使って
河内 千栄子
久留米大学外国語教育研究所紀要   12 39-72   2005年3月
The Effect of Pre-task Activities on L2 Oral Performance
河内 千栄子
言語学博士論文   1-418   2003年3月   [査読有り]
What We Know from Verbal Reports in Planning Activities.
河内千栄子
JACET サマーセミナー   37-41   2002年3月   [査読有り]
Developing Second Language Proficiency in a Study Abroad Comtext.
河内千栄子 ダナ・ストリップリング
久留米大学外国語教育研究所紀要      2000年
Distinctive Features of Oral Produetim by Fluent and Non-fluent EFL Learners.
河内千栄子 神本忠光
Language Laboratory   37 22-36   2000年8月   [査読有り]
The Effects of Repetition on EFL Oral Fluency: A Quanti-tative Approach.
神本忠光 河内千栄子
熊本学園大学文学言語学論集   7 1-24   2000年8月
Subjective Judgments on L2 Oral Narratives among Native Speakers, Non-native Speakers, and Peers.
河内千栄子、神本忠光
Language Laboratory   36 17-32   1999年11月   [査読有り]
Cued/uncued Oral Narrative Task in Foreign Language Fluency.
河内千栄子
JACET Bulletin   29 83-96   1998年10月   [査読有り]
Developing Fluency in Second Language Narratives.
河内千栄子
FLEAT III   159-168   1998年6月   [査読有り]
Retesting Schacter's Hypothesis.
河内千栄子
大学英語教育学会九州・沖縄支部紀要   1 5-16   1996年9月   [査読有り]
Development an English Proficiency Test for Kurume University: Listening Comprehension.
河内千栄子 ダナ・ストリップリング
久留米大学外国語教育研究所紀要   (2) 49-80   1995年3月
Re-evaluation of Pattern Practice: Developing Attention-based Practice in Communication.
河内千栄子 ダナ・ストリップリング
FLEAT II   321-326   1993年4月   [査読有り]
Formulaic Speech and Creative Language in Child L2 Acquisition.
河内千栄子
JACET Bulletin   22 79-96   1990年10月   [査読有り]
Development and Evaluation of Writing Test.
河内千栄子
Language Laboratory   27 35-46   1990年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
リスニングとスピーキングの理論と実践
河内 千栄子 (担当:分担執筆, 範囲:スピーキングに影響を与える要因)
大修館   2011年1月   
英語教育とe-learning
河内 千栄子 (担当:分担執筆, 範囲:学生の語彙力を伸ばす: PowerWordsコースのさまざまな活用)
アルク出版   2009年8月   
第2言語におけるプラニングとタスク
河内 千栄子 (担当:分担執筆, 範囲:中級学習者のナラティブに与えるプラニング効果)
ジョン・ベンジャミン出版   2005年4月   
アメリカを見る眼
河内 千栄子 (担当:分担執筆, 範囲:日本人大学生から見たアメリカ)
五絃社   2005年3月   
L2スピーキングにおける事前タスクプラニング
河内 千栄子
金星堂   2005年2月   
英語学と英語教育学
河内 千栄子 (担当:共著, 範囲:日本人学習者とUG:Wh-移動の可能性)
開隆堂   1994年3月   
Access to Universal Grammar in Japanese ESL/EFL Learners: Constrain B for Wh-movement.
1993年   
虫たちの歩んだ歴史
河内 千栄子 (担当:単訳, 範囲:虫たちの歩んだ歴史)
共立出版   1980年10月   

講演・口頭発表等

 
Increasing vocabulary with loanwords: word length, learners' vocabulary levels, prior information, and learning effects
河内 千栄子
韓国応用言語学会国際大会   2014年9月19日   
Effects of loanword frequency in Japanese language on productive vocabulary knowledge
河内 千栄子
第40回全国英語教育学会   2014年8月9日   
Recognition and production of Gairaigo: Word length, learners' vocabulary levels, prior information, and learning effects
河内 千栄子
第52回大学英語教育学会国際大会   2013年8月31日   
The effects of word length and word familiarity on vocabulary learning
河内 千栄子
第51回大学英語教育学会国際大会   2012年9月1日   
Three Types of Grammar Exercises
河内 千栄子
大学英語教育学会50周年記念国際大会(JACET)   2011年9月   
The effect of retrieval and elaboration practice on vcabulary learning
河内 千栄子
第49回大学英語教育学会全国大会 (JACET)   2010年9月   
Learning unknown words: The effects of three types of vocabulary learning
河内 千栄子
AsiaTEFL   2009年8月   
The effects of CALL-alone and CALL-plus: L2 vocabulary gains and learners' attitudes
河内 千栄子
World CALL   2008年8月   
The effect of types of vocabulary exercises combined with CALL on receptive/productive knowledge
河内 千栄子
国際応用言語学会 (AILA)   2008年8月   
難語を覚える:課外CALLと3タイプの復習テストの効果
河内 千栄子
大学英語教育学会九州・沖縄支部研究大会   2008年7月   
The effect of types of vocabulary exercises on L2 receptive and productive knowledge
河内 千栄子
第46回大学英語教育学会全国大会   2007年9月   
A critical look at learning strategy research and task structures
河内 千栄子
大学英語教育学会九州・沖縄支部研究大会   2007年7月   
The effects of CALL-based vocabulary learning
河内 千栄子
Asia TEFL   2006年8月   
Proficiency differences in CALL-based vocabulary learning: The effectiveness of using "PowerWords"
河内 千栄子
外国語教育とテクノロジー学会 (FLEAT)   2005年8月   
The effect of CALl-based vocabulary learning through PowerWords
河内 千栄子
大学英語教育学会九州・沖縄支部研究大会   2005年6月   
A cognitive approach to planing effects [招待有り]
河内 千栄子
韓国応用言語学学会 (ALAK)   2004年12月   
Learning vocabulary through self-initiated attention to L2 input
河内 千栄子
大学英語教育学会サマーセミナー   2004年8月   
The effecct of pre-task activities on L2 oral performance: A qualitative approach [招待有り]
河内 千栄子
韓国英語教師学会 (PKETA)   2003年9月   
The effects of pre-task planning on L2 performance: Input-based and output-based activities
河内 千栄子
第40回大学英語教育学会全国大会   2001年10月   
What we know from verbal reports in planning activities
河内 千栄子
大学英語教育学会サマーセミナー   2001年8月   
Developing speaking and writing by narrative tasks
河内 千栄子
国際応用言語学会(AILA)   1999年8月   
Subjective judgements of L2 oral narratives among native speakers, non-native teachers, and peers
河内 千栄子
語学ラボラトリー学会(LLA)   1998年8月   
Developing fluency in second language narratives
河内 千栄子
外国語教育とテクノロジー(FEAT)   1997年8月   
日本人学習者の口語表現の質的分析
河内 千栄子
語学ラボラトリー学会(LLA)   1997年7月   
Task differences in cued/uncued narratives for L2 oral production
河内 千栄子
国際応用言語学会 (AILA)   1996年8月   
Retesting Schacter's hypotheses
河内 千栄子
第34回大学英語教育学会全国大会   1995年9月   
The effects of repetiton on developing attention-based practice in communication
河内 千栄子
語学ラボラトリー学会(LLA)   1995年7月   
コミュニケーション能力の養成について
河内 千栄子
語学ラボラトリー学会(LLA)   1994年7月   
Reevaluation of pattern practive: Developing attention-based pratice in communication
河内 千栄子
外国語教育とテクノロジー(FLEAT)   1993年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
スピーキング能力の養成と評価
研究期間: 1996年 - 2000年
L2語彙学習と指導の効果
研究期間: 2004年   
スピーチプランニングの質的・量的分析及びその効果
研究期間: 1999年 - 2003年