細川 徹

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/02 11:48
 
アバター
研究者氏名
細川 徹
 
ホソカワ トオル
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b4d82d380cccca72dca73482a6e9f5bb.html

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 教授,副研究科長・副学部長
 
2000年
   
 
- 東北大学大学院教育学研究科 教授
 
1998年
 - 
2001年
東北大学学際科学研究センター 教授(兼務)
 

委員歴

 
2005年
   
 
社団法人日本心理学会  代議員
 

Misc

 
Prenatal exposures to environmental chemicals and birth order as risk factors for child behavior problems.
Tatsuta N, Nakai K, Murata K, Suzuki K, Iwai-Shimada M, Yaginuma-Sakurai K, Kurokawa N, Nakamura T, Hosokawa T, Satoh H
Environmental Research   114 47-52   2012年
History of autism spectrum disorders: Historical controversy over the diagnosis.
Kita Y, Hosokawa T
Annual Report of Graduate School of Education, Tohoku University   59(2) 147-166   2011年
Self-face recognition in children with autism spectrum disorders: A near-infrared spectroscopy study.
Kita Y, Gunji A, Inoue Y, Goto T, Sakihara K, Kaga M, Inagaki M, Hosokawa T
Brain & Development,   33(6) 494-503   2011年
読み書きにつまずきを示す小児の臨床症状とひらがな音読能力の関連—発達性読み書き障害診断における症状チェックリストの有用性—.
北 洋輔・小林朋佳・小池敏英・小枝達也・若宮英司・細川 徹・稲垣真澄
脳と発達   42(6) 437-447   2010年
Neurobehavioral effects of prenatal exposure to methylmercury and PCGs, and seafood intake: Neonatal behavioral assessment scale results of Tohoku study of child development.
Suzuki K, Nakai K, Sugawara T, Nakamura T, Ohba T, Shimada M, Hosokawa T, Okamura K, Sakai T, Kurokawa N, Murata K, Satoh C, Satoh H
Environmental Research   110(7) 699-704   2010年

書籍等出版物

 
特異的発達障害
診断と治療社   2010年   
入門リハビリテーション概論(第7版)
医歯薬出版   2009年   
子どものこころを育む発達科学
北大路書房   2008年   
入門リハビリテーション医学(第3版)
医歯薬出版   2007年   
入門リハビリテーション概論(第6版)
医歯薬出版   2006年   

講演・口頭発表等

 
環境由来化学物質の周産期曝露と子どもの発達との関連:臍帯血PCBsと新生児行動評価
第77回日本衛生学会   2007年   
生後7ヶ月時における新奇選好と3歳6ヶ月時における認知機能との関連
第70回日本心理学会   2006年   
The cohort study on the effects of perinatal exposure to heavy metals and environmentally persisitent organic pollutants on neurobehavioral development in Japanese children: The association of neonatal neurobehavioral status with methylmercury exposure・・・
International Conference on Child Cohort Studies   2006年   
The cohort study on the effects of perinatal exposure to heavy metals and environmentally persisitent organic pollutants on neurobehavioral development in Japanese children: The association of neonatal neurobehavioral status with methylmercury exp...
脳損傷後の遂行機能障害についての事例的検討: 検査課題の成績と日常生活場面における行動様相との違いに焦点をあてて
日本特殊教育学会第44回大会   2006年   
Effect of perinatal exposure to environmantally persistent organic pollutants and heavy metals on neurobehavioral development in Japanese children: PCBs exposure and neonatal neurobehavioral status
26th International Symposium on Halogenated persistent Organic Pollutants   2006年   

Works

 
難分解性有機汚染物質(POPs)の胎児期曝露に関する研究
2007年
神経学的基盤に基づく特異的発達障害の診断・治療ガイドライン策定に関する研究
2007年
ダイオキシン類等による胎児期曝露が幼児の発達に及ぼす影響の前向きコホート疫学
2003年 - 2005年
複数の専門職種の連携による高次脳機能障害者の小規模作業所における個別プログラムの導入とその評価に関する研究
2002年 - 2003年
高次脳機能障害者に対する連続したサービスの提供に関する研究
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
乳幼児期の視覚認知とその後の知的発達
科学研究費補助金
研究期間: 2002年   
発達障害児の認知スタイル
その他の研究制度
研究期間: 1998年   
高次脳機能障害者の自己意識性
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2001年