山下 洋史

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/17 02:50
 
アバター
研究者氏名
山下 洋史
所属
明治大学
部署
商学部
職名
専任教授
学位
博士(商学)(明治大学), 博士(工学)(早稲田大学), 工学修士(早稲田大学)

経歴

 
1999年4月
 - 
現在
明治大学 商学部 教授(情報管理論を担当)
 
1998年4月
 - 
1999年3月
明治大学 商学部 助教授(情報管理論を担当)
 
1995年4月
 - 
1998年3月
山梨学院大学 経営情報学部 助教授(経営工学,経営モデル論,数学を担当)
 
1994年4月
 - 
1995年3月
山梨学院短期大学 経営学科 助教授(経営工学,計算機概論,プログラミングを担当)
 
1991年4月
 - 
1994年3月
山梨学院短期大学 経営学科 専任講師(経営工学,計算機概論,プログラミングを担当)
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1982年3月
早稲田大学 理工学研究科 
 

委員歴

 
2007年6月
 - 
2011年5月
日本経営倫理学会  理事
 
2005年5月
 - 
2007年5月
日本経営システム学会  理事
 
1992年5月
 - 
2005年5月
日本経営システム学会  常任理事
 
2105年6月
 - 
現在
日本経営倫理学会  監事
 
2015年5月
 - 
現在
日本経営システム学会  副会長
 

受賞

 
1990年
日本経営工学会論文奨励賞(平成元年度)
 
1998年
日本労務学会研究奨励賞
 
2003年
日本経営倫理学会第2回懸賞論文優秀論文賞
 

論文

 
人事考課における評定傾向分析モデル(日本経営工学会「論文奨励賞」受賞論文)
尾関 守
日本経営工学会誌   40(3) 177-182   1989年8月
人事考課における評定データのスケーリング・モデル(日本労務学会「研究奨励賞」受賞論文)
日本労務学会年報   26 186-191   1996年3月
「循環型SCM」と新世紀の経営倫理(第2回日本経営倫理学会懸賞論文の「優秀論文賞」受賞論文)
日本経営倫理学会第2回優秀論文集   2 5-16   2003年5月
Decision Support for DCs Location and Distribute Range Planning
Wattanaamat Patikorn,Matsumaru Masanobu and Yamashita Hiroshi
Journal of Electronic Science and Technology of China   2(3) 22-26   2004年8月
三相因子分析を適用した人事考課のレイティング・モデルに関する研究
尾関 守
『経営労働学会誌』   2    1985年   [査読有り]

Misc

 
照合法の有効性に関する一考察
尾関 守
経営労働学会報   (4) 5-6   1984年
人事考課システムに関する研究-自己評定と他人評定-
早稲田大学理工学部紀要   50    1986年   [査読有り]
プロブスト式考課法の行動見本項目を用いたレイティング・モデルに関する研究
早稲田大学理工学部紀要   52    1988年
評定データのスケーリングを組み込んだ評定傾向分析モデル
『山梨学院短期大学研究紀要』   12 88-94   1991年
人事考課におけるレイティング・モデルに関する研究
『早稲田大学理工学研究所報告』   136 37-41   1992年   [査読有り]

書籍等出版物

 
情報・知識共有を基礎としたマネジメント・モデル(博士(商学/明治大学)学位論文を叢書にして出版したもの)
東京経済情報出版(明治大学社会科学研究所叢書)   2005年10月   ISBN:4-88709-148-6
人事情報管理のための評定傾向分析モデル(博士(工学/早稲田大学)学位論文を叢書にして出版したもの)
経林書房(明治大学社会科学研究所叢書)   2000年3月   
人的資源管理と日本の組織
同文舘出版   2016年10月   
企業のサステナビリティ戦略とビジネス・クォリティ(明治大学社会科学研究所叢書)
山下洋史・諸上茂登共編著(著者:全10人) (担当:共著, 範囲:はしがき,1章,4章,6章(共著),7章(共著),8章,9章(共著),10章(共著),結章)
同文舘   2017年2月   
日本人の心理・行動モデルと日本企業のクォリティ
西 剛広,鄭 年皓,諸上 詩帆 (担当:共著)
白桃書房   2010年3月   ISBN:978-4-561-25531-4

講演・口頭発表等

 
An Entropy Model of Outsourcing Activity
2003 International Conference on Information Technology and Global Management   2003年7月23日   
An Evaluation Model Business Performance Considering Environmental Cost
Takahiro OHNO, Yasunori KATSURAYAMA
the 12th International Conference on Production Research (ICPR)   1993年8月   
Paradigm Shift of SCM -The Concept of "From Tightly Coupled SCM to Loosely Coupled SCM"
Masanobu MATSUMARU
2003 International Conference on Information Technology and Global Management   2003年7月23日   
人事考課における評定要素のウェイトに関する研究
尾関 守
日本経営工学会春季大会   1982年5月   日本経営工学会
評価行動に関する研究
尾関 守,大野 高裕
日本経営工学会秋季大会   1982年10月   日本経営工学会

担当経験のある科目

 

Works

 
経営倫理用語辞典
日本経営倫理学会編   その他   2008年2月
「インハウス情報」,「OECDプライバシー・ガイドライン」,「セルフ・ガバナンス」の用語解説

競争的資金等の研究課題

 
経営品質科学に関する研究
研究期間: 2007年 - 2011年
Global e-SCMに関する研究
研究期間: 2001年 - 2006年
組織における情報共有と知識共有の概念に基づくメンバーの活性化のためのマネジメント・モデル
研究期間: 2004年 - 2004年
人事考課システムに関する研究
行動エントロピーに関する研究