栗原 和枝

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 04:02
 
アバター
研究者氏名
栗原 和枝
 
クリハラ カズエ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/5283cd390475055c63dbde0f45f3649c.html
所属
東北大学
部署
多元物質科学研究所 超低摩擦技術領域
職名
教授,多元物質科学研究所
学位
工学博士(東京大学), 理学修士(お茶の水女子大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
- 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授
 
1986年
   
 
界面化学研究所/ストックホルム 客員研究員
 
1984年
   
 
生産開発科学研究所 学術員
 
1982年
   
 
クラークソン工科大学 博士研究員
 
1981年
   
 
テキサスA&M大学 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学 工学系研究科 
 
 
 - 
1974年
お茶の水女子大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2010年
   
 
高分子学会  常任理事
 
2009年
   
 
日本化学会  理事
 
2006年
 - 
2009年
生物物理学会  運営委員
 
2010年
   
 
日本化学会  東北支部長
 
2008年
 - 
2010年
日本化学会  コロイドおよび界面化学部会長
 

受賞

 
2011年
A.E. Alexander Lectureship Award 2011
 
2000年
日本化学会学術賞
 
1997年
日本女性科学者の会奨励賞
 

Misc

 
Submicron Range of Attraction between Hydyrophobic Surfaces of Monolayer-Modified Mica in Water
栗原 和枝
J. Am. Chem. Soc.   (114) 10927-10933   1992年
D. Fukushi, M.Kasuya, H.Sakuma, and K.Kurihara
Chem. Lett.   40(7) 776-778   2011年
Toshio Kamijo, Motohiro Kasuya, Masashi Mizukami, Kazue Kurihara
Chem. Lett.   40(7) 674-675   2011年
K. Yamamoto, H. Sugiura, R. Amemiya, H. Aikawa, Z. An, M. Yamaguchi, M. Mizukami, K. Kurihara
Tetrahedron   60 5972-5978   2011年
ナノレオロジー・ナノトライボロジー
水上雅史、栗原和枝
CSJ Current Review 化学同人   4 144-150   2011年

書籍等出版物

 
現代界面コロイド科学の事典
丸善株式会社   2010年   ISBN:978-4-621-08256-0
ソフトマター 分子設計・キャラクタリゼーションから機能性材料まで
丸善株式会社   2009年   
Nanohybridization of Organic-Inorganic Materials
Springer   2009年   
自己組織化ハンドブック
NTS   2009年   
超分子サイエンス&テクノロジー
株式会社エヌ・ティー・エス   2009年   

Works

 
表面力測定によるナノ界面技術の基盤構築
2008年
固-液界面の液体のナノ構造形成評価と制御
2002年 - 2007年
共振ずり測定装置『型式RSM-1』
2010年

競争的資金等の研究課題

 
表面力直接測定による高分子電解質層の研究
研究期間: 1997年   
分子組織体の構造と相互作用の研究
研究期間: 1992年   
単分子膜・LB膜のキャラクタリゼーション
研究期間: 1992年   
固-液界面の液体のナノ構造形成評価と制御
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2002年 - 2007年

特許

 
ずり測定方法及びその装置
特許第4615568号
表面力測定装置及びその方法
特許第3933823号
高分子薄膜とその製造方法
特許第3919958号
表面力測定装置
特許第3115526号
精密ずり応力測定装置
特許第3032152号