飯嶋 盛雄

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/01 10:42
 
アバター
研究者氏名
飯嶋 盛雄
 
イイジマ モリオ
所属
近畿大学
部署
農学部 農業生産科学科
職名
教授
学位
農学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2015年
近畿大学 農学部 教授
 
1993年
 - 
1999年
 名古屋大学農学部 助手
 
1999年
   
 
- 名古屋大学大学院生命農学研究科 助教授
 
1998年
   
 
 "連合王国スコットランド作物研究所 留学,Visiting scientist"
 
1991年
 - 
1993年
 日本学術振興会 特別研究員PD(名古屋大学農学部)
 
1983年
 - 
1985年
 "フィ-ジ-国,灌漑排水局,稲作普及員 青年海外協力隊"
 

学歴

 
 
 - 
1991年
名古屋大学 農学研究科 農学
 
 
 - 
1983年
名古屋大学 農学部 農学
 

委員歴

 
1996年
   
 
根研究会  評議員
 
1996年
   
 
日本作物学会  編集専門委員
 
1994年
 - 
1995年
日本作物学会  編集幹事
 
1996年
 - 
1998年
日本作物学会東海支部会  会計幹事
 
2001年
 - 
2002年
日本作物学会  レビュ-委員会幹事
 

受賞

 
2006年
第3回日本作物学会論文賞
 

論文

 
Iijima M, Awala SK, Watanabe Y, Kawato Y, Fujioka Y, Yamane K, Wada KC
Journal of Plant Physiology   192 21-25   2016年3月   [査読有り]
長期衛星観測データとUAV地形測量を組み合わせた半乾燥地の季節湿地における貯水量モニタリング
水落裕樹, 檜山哲哉, 金森大成, 太田岳史, 藤岡悠一郎, 飯嶋盛雄, 奈佐原顕郎
日本リモートセンシング学会誌   36(2) 81-92   2016年   [査読有り]
Awala SK, Yamane K, Izumi Y, Fujioka Y, Watanabe Y, Wada KC, Kawato Y, Mwandemele O, Iijima M
European Journal of Agronomy   80 105-112   2016年   [査読有り]
Evaluation of the Resistance to "Multiple Environmental Stress" of Oryza sativa, O. glaberrima and their Interspecific Progenies. - Effect of Drought and Re-watering on the Growth and Physiological Parameters of Rice Cultivars. -
Izumi Y, Okazaki Y, Yamane K, Iijima M
Journal of Crop Research   61 23-30   2016年   [査読有り]
Itoh K, Murata K, Nakagaki Y, Shimizu A, Takata Y, Shimizu K, Matsukawa T, Kajiyama S, Fumuro M, Iijima M, Matsuda H.
Journal of plant studies   5(2) 72-78   2016年   [査読有り]
Inhibitory Activity of Citrus madurensis Ripe Fruits Extract on Antigen-induced Degranulation in RBL-2H3 cells.
Itoh K, Murata K, Futamura-Masuda M, Deguchi T, Ono Y, Eshita M, Fumuro M, Iijima M, Matsuda H.
Journal of plant studies   In press.    2016年   [査読有り]
Iijima M, Yamane K, Izumi Y, Daimon H, and Motonaga T
Plant Production Science   18(2) 197-208   2015年12月   [査読有り]
Iijima M, Watanabe T, Yoshida T, Kawasaki M, Kato T, Yamane K
Journal of plant physiology   178 64-68   2015年4月   [査読有り]
Iijima M, Matsushita N
Journal of plant physiology   168(17) 2072-2080   2011年11月   [査読有り]
Iijima M, Yoshida T, Kato T, Kawasaki M, Watanabe T, Somasundaram S
Journal of experimental botany   62(6) 2179-2188   2011年3月   [査読有り]
Awala SK, 飯嶋 盛雄, Nanhapo PI, Sakagami J, Kanyomeka L
Plant Production Science   13(1) 3-10   2010年1月
アジアイネの耐塩性はこれまで数多くの研究により検討されてきたが、アフリカイネや、ネリカを含むアジアイネ-アフリカイネ種間交雑系統についてはかならずしも充分な検討はなされてはいない。本研究では、これら3種の栽培イネについて、とくに西アフリカで栽培される品種群を中心として、アフリカイネ54品種、種間交雑種21系統、アジアイネ41品種を供試し、それらの種、品種間での耐塩性レベルを比較検討することを目的とした。10日齢の幼苗を0mMないし80mMのNaCl溶液で10日間栽培したところ、地上部の相対...
Somasundaram S, 飯嶋 盛雄, Rao TP, Tatsumi J
Plant Production Science   12(4) 443-448   2009年10月
土壌の圧縮条件下では水環境の変動にともない土壌の水・空気・硬さ環境が複合した物理的なストレストが生まれる。本研究ではとくに乾燥と機械的ストレスに注目して、トウモロコシ根が根圏土壌中に放出するさまざまな物質の変動を明らかにしようとした。代表的な放出物質として、根冠脱落細胞(境界細胞)と粘液とともに、炭素と水を取り上げた。根圏土壌中への炭素と水素安定同位体の放出量を求め、それらを炭素と水の放出とみなした。植物の齢が進むにつれ、根冠粘液の放出は増加したが、境界細胞の放出量は変化しなかった。土壌の...
Preliminary Results on Energy Balance of Seasonal Wetland in Northern Namibia Toward the water Use Assessment to Introduce Rice Cropping.
Suzuki T, 飯嶋 盛雄, Hiyama T, Kanyomeka L, Mwandemele OD
Proceedings of the 13th agricultural scientific society of Namibia   57-68   2009年8月
ナミビア北中部地域に導入する稲作には、水節約型の耕種方式と稲品種群が必要である.当地の季節性湿地帯で試験的に稲を2.3ヘクタ-ル栽培し、その水消費特性を自然湿地と、乾燥した自然植生との間で比較するために、ボ-エン比測定システムを3ヶ設置し、数年間に渡る水消費デ-タを収集し始めた.その初期デ-タから当地での水消費特性を議論した.
Seasonal variations in the performance of rice genotypes grown in north-central Namibia.
Kanyomeka L, 飯嶋 盛雄, Shiimi EM, Awala SK, Mwandemele OD
Proceedings of the 13th agricultural scientific society of Namibia   49-56   2009年8月
ナミビア北部地域の季節性湿地帯における稲作導入活動により実施されたイネの品種選抜試験により、当地での生産性の高い品種群の特性と年次変動を議論した.
Contrasting root responses by genotypes of rice species under compacted soil in the upland.
Nanhapo P, 飯嶋 盛雄, Kanyomeka L, Nakamura S, Izumi Y, Sakagami J
Proceedings of the 13th agricultural scientific society of Namibia   44-48   2009年8月
ネリカ稲を含む種間交雑系統とアフリカ稲、アジア稲の、圧縮土壌ストレス耐性をフィ-ルド条件下で評価し、耐性品種の特性を議論した.(英文)
Izumi Y, 飯嶋 盛雄, Yoshida T
Plant Production Science   12(3) 327-335   2009年7月
5年間にわたりコムギ―ダイズ不耕起輪作を継続してきた圃場に対して心土耕を施し,両作物の根系発達や水吸収,および収量におよぼす影響について調査した.試験圃場は耕起区と不耕起区をランダムに配置(初年度以来固定)した計12区画により構成されているが,それぞれの半分のみコムギ6作目の播種前にサブソイラによる心土耕処理を行うことで,耕起/不耕起と心土耕あり/なしを組み合わせた4通りの土壌条件区を設定した.コアサンプル法による根系調査の結果,コムギでは不耕起条件の方が根の表層への集中度が小さく,その一...
Somasundaram S, 飯嶋 盛雄, Fukuzono S
Plant Production Science   11(4) 440-446   2008年10月
植物根は根圏土壌中に根冠脱落細胞(境界細胞)と粘液の複合体を放出することが知られており,この複合体が根と土壌界面における様々なやり取りを介している.しかし,この境界細胞の根圏土壌中における挙動についてはほとんど知られていないのが実情である.そこで本研究では,根が土壌中に貫入するときにどの程度これらの細胞が破壊されるのか,さらに細胞の生存期間や長期的な土壌ストレスの影響などについて調査を行った.根冠から脱落した直後には,成長する根端部と根圏土壌との摩擦により,放出細胞全体の4割から8割が破壊...
Somasundaram S, 飯嶋 盛雄, Bonkowski M
Plant Production Science   11(3) 344-351   2008年7月
根冠から分泌される粘液層中には多数の境界細胞が存在しており、根圏土壌中ではこれらの複合体が粘液の特性と生細胞の特性の両者を併せ持ち、根と土壌界面における様々なやりとりを介在していると考えられる。例えば、この複合体は土壌細菌により利用され、それが土壌の原生動物により捕食されることにより食物連鎖の一環を担う。本研究では原生動物による植物成長促進効果と粘液-境界細胞複合体の放出量との関係を、生態型が異なる16品種のイネを供試して調査した。複合体放出量の品種間差をみると、最も多かった品種は最も少な...
飯嶋 盛雄, Morita S, Barlow PW
Plant Production Science   11(1) 17-27   2008年1月
植物の根冠の形態と機能に関して、とくに作物根の伸長成長の視点からレビュ-した.(英文)
Lizarazu WZ, 飯嶋 盛雄
Proceedings for the 4th International Crop Science Congress      2005年1月
数種の雑穀の乾燥耐性をポット栽培で評価した。擬似硬盤層を貫入した根量と土壌深層からの水吸収効率を調査し、それぞれの種の乾燥回避特性を議論した。(英文)
Iijima M, Higuchi T, Barlow PW
Annals of botany   94(3) 473-477   2004年9月   [査読有り]
Crop Production in Namibia: Present situation and perspectives.
飯嶋 盛雄, Niitembu S, Nojima H, Y Kato
Tokai Journal of Crop Science   134 9-14   2004年3月
南西アフリカのナミビア国の作物生産地帯を視察し、ナミビア国の作物生産の現況を分析するとともに、北部地域の季節性湿地帯への稲作導入の可能性について議論した。(英文)
境界細胞-粘液複合体の生態的意義.
飯嶋 盛雄
農業および園芸   78(12) 1305-1310   2003年12月
植物根が放出する境界細胞-粘液複合体に関する過去の知見をレビュ-し、植物成育に対する有効性を根圏における生態的意義の視点から議論した。
Regulation of rhizosphere acidification by photosynthetic activity in cowpea (Vigna unguiculata L. walp.) seedlings.
Rao TP, Yano K, Iijima M, Yamauchi A, Tatsumi J
Annals of botany   89(2) 213-220   2002年2月   [査読有り]
イネ科植物の生育に及ぼすオイル中和剤の影響.
巽二郎, 飯嶋 盛雄, 犬飼義明, 荒木英樹, T.P.ラオ, 山内章
東海作物研究   131 23-26   2001年6月
オイル中和剤は台所用洗剤よりも高濃度でないと作物の成長量を低下させないことを指摘した。

Misc

 
土壌の構造・組成・硬度との関係から見た根の成長と機能
森田茂紀 編, 飯嶋 盛雄
根の生態学   399-407   2008年
(分 担)第6章 土壌の構造・組成・硬度との関係から見た根の成長と機能
(概 要)Plant rootsの訳本.この著書は、根の研究に関する最新の学術書であり、第6章の土壌の物理性に関する事項を和訳した.
Plant Production Science   10(2) 182-188   2007年
WALTER Zegada‐Lizarazu, KANYOMEKA Luke, IZUMI Yasuhiro, IIJIMA Morio
Plant Production Science   10(1) 20-27   2007年
ZEGADA‐LIZARAZU Walter, KANYOMEKA Luke, IZUMI Yasuhiro, IIJIMA Morio
Plant Production Science   9(4) 355-363   2006年
KREUZER K., ADAMCZYK J., IIJIMA M., WAGNER M., SCHEU S., BONKOWSKI M.
Soil Biology and Biochemistry   38(7) 1665-1672   2006年
Plant Production Science   8(4) 433-440   2005年
Soil chemical properties of an Indonesian red acid soil as affected by land use and crop management
Soil & Tillage Research   76 115-124   2004年
IIJIMA M, IZUMI Y, YULIADI E, SUNYOTO, ARDJASA W S
Plant Production Science   7(3) 347-355   2004年
IIJIMA M, HIGUCHI T, WATANABE A, BENGOUGH A G
Soil Biology and Biochemistry   36(9) 1517-1519   2004年
IZUMI Y, YULIADI E, SUNYOTO, IIJIMA M
Plant Production Science   7(3) 356-362   2004年
IZUMI Y, UCHIDA K, IIJIMA M
Plant Production Science   7(3) 329-336   2004年
Contribution of root cap mucilage and presence of an intact root cap in maize (Zea mays L.) to the reduction of the soil mechanical impedance.
Annals of Botany   94(3) 473-477   2004年
ZEGADA‐LIZARAZU W, IIJIMA M
Plant Production Science   7(4) 427-434   2004年
IIJIMA M, IZUMI Y, YULIADI E, SUNYOTO, AFANDI, UTOMO M
Plant Production Science   6(3) 224-229   2003年
IIJIMA M, HIGUCHI T, BARLOW P W, BENGOUGH A G
Journal of Experimental Botany   54(390) 2105-2109   2003年
IIJIMA M, SAKO Y, RAO T P
Plant and Soil   255(1) 399-407   2003年
Root cap structure and cell production rates of maize (Zea mays) roots in compacted sand
New Phytologist   160(1) 127-134   2003年
Regulation of rhizosphere acidification by photosynthetic activity in cowpea (Vigna unguiculata L. Walp) seedlings
Annals of Botany   89 213-220   2002年
ARAKI H, MORITA S, TATSUMI J, IIJIMA M
Plant Production Science   5(4) 286-293   2002年
IZUMI Y, IIJIMA M
Plant Production Science   5(2) 146-151   2002年
ネパ-ルにおける作物生産の現状と持続的生産におけるアグロフォレストリ-と飼料木の役割
東海作物研究   131 11-14   2001年
Image Analysis of Maize Root Caps – Estimating Cell Numbers from 2-D Longitudinal Sections.
Annals of Botany   87 693-698   2001年
田中 佐知子, 山内 章, 矢野 勝也, 飯嶋 盛雄, 巽 二郎
根の研究9根の研究   9(4) 167-171   2000年
Sloughing of cap cells and carbon exudation from maize seedling roots in compacted sand.
New PhytologistNew Phytologist   145 477-482   2000年
PARDALES J R JR, BANOC D M, YAMAUCHI A, IIJIMA M, ESQUIBEL C B
Plant Production SciencePlant Production Science   3(2) 134-139   2000年
ARAKI H, HIRAYAMA M, HIRASAWA H, IIJIMA M
Plant Production sciencePlant Production science   3(3) 281-288   2000年
Approach for sustainable crop production system in red acid soil region in indonesia.
World food security and crop production technologies for tomorrow, Cosmic Printing, Kyoto.   229-232   1999年
SAKO Y, KONO Y, IIJIMA M
Plant Production Science   2(1) 25-31   1999年
根の研究の最前線2
根研究会   252-257   1999年
IZUMI Y, YULIADI E, SUNYOTO, IIJIMA M
Plant Production SciencePlant Production Science   2(4) 267-272   1999年
Plant Production Science 2(4): 247-251.Plant Production Science   2(4) 247-251   1999年
YANO K, YAMAUCHI A, IIJIMA M, KONO Y
Applied Soil Ecology   10(1/2) 95-102   1998年
Time lapse analysis of root elongation rates of rice and sorghum during day and night.
Annals of Botany 81(5): 603-607Annals of Botany   81(5) 603-607   1998年
Araki H and Iijima M 
Plant Production SciencePlant Production Science   1(4) 242-247   1998年
Differences in drought tolerance between cultivars of field bean a field pea. A comparison of drought-resistant a drought-sensitive cultivars.
Grzesiak S, Iijima M, Kono Y and Yamauchi A
Acta Physiologiae Plantarum   19(3) 349-357   1997年
泉 泰弘, 河野 恭廣, 山内 章, 飯嶋 盛雄
Japanese Journal of Crop Science   66(3) 418-426   1997年
泉 泰弘, 河野 恭廣, 山内 章, 飯嶋 盛雄
Japanese Journal of Crop Science   66(3) 427-435   1997年
微速度撮影による作物根の伸長速度の解析 2. イネ種子根における内因性の伸長リズム
日本作物学会東海支部会報   123 13-14   1997年
イネ科作物の深根性1. 円筒法によるイネとトウモロコシ根系における深根の発生節位
日本作物学会東海支部会報   123 15-16   1997年
トウモロコシ根冠粘液の分泌動態観察方法の検討
日本作物学会東海支部会報   124 11-12   1997年
Differences in drought tolerance between cultivars of field bean and field pea: Morphological characteristics, germination and seedling growth.
Grzesiak S, Iijima M, Kono Y and Yamauchi A
Acta Physiologiae PlantarumActa Physiologiae Plantarum   19(3) 339-348   1997年
郭 康沫, 飯嶋 盛雄, 山内 章, 河野 恭廣
Japanese Journal of Crop Science   65(2) 309-314   1996年
郭 康沫, 飯嶋 盛雄, 山内 章, 河野 恭廣
Japanese Journal of Crop Science   65(4) 686-692   1996年
泉 泰弘, 河野 恭廣, 山内 章, 飯嶋 盛雄
Japanese Journal of Crop Science   65(2) 303-308   1996年

書籍等出版物

 
作物学用語事典, 根系の形
日本作物学会編, 飯嶋 盛雄 (担当:共著)
農山漁村文化協会   2010年3月   
(全ページ)p.406
(共著者)日本作物学会編 安藤・---・飯嶋・---(102名との共同執筆のため以下省略)
(分 担) pp.136-137.
(概 要)日本作物学会の用語委員会がとりまとめた基本用語の解説書。形態部門の「根系」を解説した.
湿地環境と作物, 湿地帯でのイネ栽培と塩害
坂上潤一ら編, 飯嶋 盛雄 (担当:共著)
養賢堂   2010年2月   
(全ページ)p.208
(共著者)坂上潤一編、朝川・--・飯嶋・(39名との共同執筆のため以下省略)
(分 担) pp.242-244
(概 要)第6章 5.湿地帯でのイネ栽培と塩害 湿地における洪水被害と作物栽培技術の活用の事例として、ナミビア国北中部地域に形成される季節性湿地帯への稲作導入課程と塩害を紹介した.
ナミビア大学農学部強化支援計画報告書集
国際協力機構アフリカ部内部資料   2005年   
根のデザイン-根が作る食糧と環境-, コーヒ-の栽培と根系
森田茂紀編, 飯嶋 盛雄 (担当:共著)
養賢堂   2003年11月   
(全ページ)p.208
(共著者)森田茂紀編、阿部・飯嶋・(以下28名との共同執筆のため省略)
(分 担) pp.156-161(概 要)植物の根系が積極的に環境を改変する事例として、インドネシアの傾斜地コ-ヒ-園での事例を紹介した。
Developments in plant and soil sciences vol. 101, Roots: The dynamic interface between plants and the earth.
Kluwer academic publishers, Dordercht   2003年   
根のデザイン-根が作る食糧と環境-
養賢堂   2003年   
温故知新-日本作物学会創立75周年記念総説集
日本作物学会   2003年   
根の研究の最前線3
根研究会   2002年   
Regulation of phosphorus solubilization by light conditions on shoot in legumes. In Horst WJ et al. eds, Developments in plant and soil sciences vol. 92, Plant Nutrition, Food security and sustainability of agro-ecosystems through basic and applied res・・・
Kluwer academic publishers, Dordercht   2001年   
Regulation of phosphorus solubilization by light conditions on shoot in legumes. In Horst WJ et al. eds, Developments in plant and soil sciences vol. 92, Plant Nutrition, Food security and sustainability of agro-ecosystems through basic and applie...
農業指標の視点から評価する貧困・ジェンダ-問題. ネパ-ル王国の農林水産業におけるJICA技術協力評価
名古屋大学   2000年   
Proposal of sustainable cropping systems in red acid soil region in Indonesia: coffee hilly area and cassava middle terrace area. Proceedings of the international symposium “Can biological production harmonize with environment? -Reports from research s・・・
The university of Tokyo and The United Nations University   1999年   
Proposal of sustainable cropping systems in red acid soil region in Indonesia: coffee hilly area and cassava middle terrace area. Proceedings of the international symposium “Can biological production harmonize with environment? -Reports from resea...
Approach for sustainable crop production system in red acid soil region in indonesia. In Horie, T. et al. eds. World food security and crop production technologies for tomorrow
Cosmic Printing, Kyoto.In Horie, T. et al. eds. World food security and crop production technologies for tomorrow, Cosmic Printing, Kyoto.   1999年   
根の事典
朝倉書店   1998年   
根の研究の最前線1
根研究会   1998年   
Effects of soil compaction on the radial expansion of axile roots in cereal and leguminous species(共著)
Crop research in Asia : Achievements and perspectiveCrop research in Asia : Achievements and perspective   1996年   
The influence of high root zone temperature during plant establishment on the development of the root system of cassava and sweet potato(共著)
Crop research in Asia : Achievements and perspectiveCrop research in Asia : Achievements and perspective   1996年   
根のハンドブック
根研究会根のハンドブック   1994年   

講演・口頭発表等

 
イネ/トウジンビエ混植作物間での根を介した酸素の受け渡しの評価
川戸良将, Maliata A. Wanga, 篠原和, Pamwenafye I. Nanhapo, 渡邊芳倫, 和田楓, 山根浩二, 飯嶋盛雄
日本作物学会 第242回講演会   2016年9月10日   
根冠除去と根端切断処理によるダイズとトウモロコシの湿害緩和効果
鞠山未貴, 山根浩二, 飯嶋盛雄
日本作物学会 第242回講演会   2016年9月10日   
Mix Cropping with Ice Plant Alleviates the Damage by NaCl and Promotes the Recovery of Cowpea
Pamwenafye I. Nanhapo, Koji Yamane, and Morio Iijima
日本作物学会 第242回講演会   2016年9月10日   
Cultivar Difference of Rice on the Flooding Stress Mitigation by Mixed Cropping.
Maliata A. Wanga, Nodoka Shinohara, Yoshimasa Kawato, Koji Yamane, and Morio Iijima
日本作物学会 第242回講演会   2016年9月10日   
水ストレス条件下における作物の生育と水分生理に及ぼす混作の効果
岡市真治, 泉泰弘, Simon AWALA, 山根浩二, 飯嶋盛雄
日本作物学会 第242回講演会   2016年9月10日   
イネ-トウジンビエ混作栽培に適したイネ品種の選抜:トウジンビエと混作した陸稲NERICA品種の耐乾性及び収量性の評価
森一馬, 泉泰弘, 山根浩二, 飯嶋盛雄
近畿作物育種学会   2016年5月28日   
ナミビア季節湿地における畑作物に適した耕うん方法の検討 -二輪トラクタを利用した両側反転和すきの試作-
庄司浩一, 飯嶋盛雄
農業食料工学会第75回年次大会   2016年5月27日   
洪水-干ばつ対応農法の提案に向けた農家と研究者の協働
藤岡 悠一郎, 西川 芳昭, 檜山哲哉, 水落 裕樹, 飯嶋 盛雄
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月22日   
ナミビア中北部の季節湿地域における降水と浅層地下水の起源解析 
檜山 哲哉、金森 大成、Kambatuku Jack、浅井 和由、飯嶋 盛雄
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月22日   
ナミビア国における洪水-干ばつ対応農法の開発 [招待有り]
飯嶋盛雄,西川芳昭,檜山哲哉
日本作物学会 第241回講演会   2016年3月28日   
イネ-トウジンビエ混作栽培における水利用効率の検討
岡市真治, 山根浩二, 泉泰弘, 飯嶋盛雄
日本作物学会 第241回講演会   2016年3月28日   
混作による乾燥ストレスの回避:トウジンビエからイネへの水の受け渡し
川戸良将, 渡邊芳倫, 山根浩二, 泉泰弘, 飯嶋盛雄
日本作物学会 第241回講演会   2016年3月28日   
イネと雑穀との混作栽培に関する日本とナミビアにおける圃場評価:洪水ストレスを受けた雑穀の 生存率と収量
Simon Awala, 泉泰弘, 藤岡悠一郎, 渡邊芳倫,山根浩二, 和田楓, 川戸良将, Osmund Mwandemele, 飯嶋盛雄
日本作物学会 第241回講演会   2016年3月28日   
ナミビア北中部地域における土壌肥沃度評価: 季節性小湿地環境
渡邊芳倫、藤岡悠一郎、飯嶋盛雄
日本土壌肥料学会 2015年京都大会   2015年9月10日   
ナミビア北中部におけるイネ・雑穀混作栽培試験:トウジンビエとモロコシの短期湛水ストレ ス条件下における生存
Simon Awala, 泉 泰弘, 藤岡 悠一郎, 山根 浩二, Osmund Mwandemele, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第240回講演会   2015年9月5日   
イネ/トウジンビエ混作における根の酸素消費特性:開放系における経時的変化
川戸 良将, 渡邊 芳倫, 藤岡 悠一郎, 山根 浩二, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第240回講演会   2015年9月5日   
複合ストレスに対するアジアイネ、アフリカイネおよび種間交雑系統の抵抗性評価:乾燥ストレスおよび再灌水がイネの生育と生理活性に及ぼす影響
泉 泰弘、岡崎勇樹、山根浩二、飯嶋盛雄
近畿作物・育種研究会 第179回例会   2015年5月30日   
作付様式の理解に向けた地理学手法の検討―ナミビア北部農村を事例に―
藤岡悠一郎、西川芳昭、水落裕樹、飯嶋盛雄
日本アフリカ学会 第52回学術大会   2015年5月24日   
ナミビア北部農村における作付様式の多様性 ―農家の創意工夫の把握に向けた地理学的手法の検討―
藤岡 悠一郎, 西川 芳昭, 水落 裕樹, 飯嶋 盛雄
2015年日本地理学会春季学術大会   2015年3月28日   
不耕起条件下におけるダイズ根粒着生制御: 水田転換畑における多段式亀裂形成,炭,根粒菌投与が収量に及ぼす影響
札埜 喜嗣, 杉山 高世, 大門 弘幸, 泉 泰弘, 山根 浩二, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第239回講演会   2015年3月27日   
ナミビア北部地域におけるイネ・ヒエ混作栽培導入に向けた蒸発散特性の解析
花村美保・太田岳史・小谷亜由美・檜山哲哉・Jack Kambatuku・飯嶋盛雄
水文・水資源学会2014年度研究発表会   2014年9月25日   
トウモロコシ根における Root Grafting の観察
岡田 泰史, 渡邊 芳倫, 山根 浩二, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第238回講演会   2014年9月10日   
Analyzing Water Budget of Seasonal Wetlands based on Hydrological Observation Data. [招待有り]
Tetsuya Hiyama, Jack Kambatuku, Johanna Niipele, Hiroki Mizuochi, Miho Hanamura, Takeshi Ohta, Morio Iijima, Osmund Mwandemele
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Experimental Trials for Flood- and Drought- Adaptive Mixed Cropping System in Seasonal Wetland [招待有り]
Morio Iijima, Simon AWALA, Yuichiro FUJIOKA, Osmund MWANDEMELA
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa   2014年9月8日   
Growth of Mix-cropped Pearl millet, Sorghum and Rice in the Model Sloped Field with both Wetland and Upland Environments in Semiarid north-central Namibia.
Simon K. Awala, Yasuhiro Izumi, Yuichiro Fujioka, Koji Yamane, Osmund D. Mwandemele and Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Trials to Integrate Farmers’ Consent to the Process of Introduction of New Cropping System and Participatory Research: Tentative Discussions from Experiences of Inter-Cropping Research in Northern Namibia. [招待有り]
Yoshiaki Nishikawa, Yuichiro Fujioka, Martha Hangula, Benisiu Thomas and Morio Iijima.
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Diversity of seasonal small wetlands (ondombes) landscape and its recognitions by local people in north-central Namibia.
Yuichiro Fujioka, Joseph Njunge, Johanna Niipele, Hiroki Mizuochi, Yoshinori Watanabe, Tetsuya Hiyama, Yoshiaki Nishikawa, and Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Water Source and Water Use Efficiency of Intercropped Rice and Pearl millet.
Yoshinori Watanabe, Chie Araki, Simon Awala, Koji Yamane, Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Evaluation of water storage at small-scale wetlands in north-central Namibia based on topographical model with satellite remote sensing.
Hiroki Mizuochi, Kenlo Nishida Nasahara, Tetsuya Hiyama, Johanna Niipele, Yuichiro Fujioka, and Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Rice Production Trials in Farmers Fields in north-central Namibia
Simon K. Awala, Yasuhiro Izumi, Yuichiro Fujioka, Pamwenafye I. Nanhapo, Osmund D. Mwandemele and Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Estimating Origins of Surface- and Subsurface-water in Small Wetlands of Cuvelai System Seasonal Wetlands (CSSWs), north-central Namibia.
Tetsuya Hiyama, Yuichiro Fujioka, Yoshinori Watanabe, Jack Kambatuku, Johanna Niipele, Takanori Nakano, Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Controlling Factors on Evapotranspiration of Rice-Mahangu Mixed-cropping Field.
Miho Hanamura, Takeshi Ohta, Ayumi Kotani, Jack Kambatuku, Tetsuya Hiyama, Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa   2014年9月8日   
Nutrient Competition between Pearl millet and Cowpea under excess Moisture Condition: Nitrogen Use Efficiency Derived from Organic Manure.
Yoshinori Watanabe, Simon Awala, Pamwenafye Nanhapo, Osmund D. Mwandemele, Koji Yamane and Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Surface Water Monitoring of Seasonal Wetlands based on Regionally-obtained Data from Micro-topography and Satellite Remote Sensing.
Hiroki Mizuochi, Kenlo Nasahara, Tetsuya Hiyama, Yuichiro Fujioka, Johanna Niipele, Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Soil Fertility of Seasonal Wetlands in Northern Namibia.
Simon K. Awala, Petrus A. Ausiku, Yasuhiro Izumi, Yuichiro Fujioka, Koji Yamane, Yoshinori Watanabe, Osmund D. Mwandemele, Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Research activities on rice and pearl millet mixed cropping system un-der a seasonal wetland at Ogongo Campus in north-central Namibia: Joint activities of Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV) and Namibia SATREPS Project.
Seitaro Watanabe, Masaya Masumoto, Simon K. Awala, Josef Njunge, Osmund D. Mwandemele and Morio Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Drought and Flooding Resistance of Oryza sativa, Oryza glaberrima and their Interspecific Progenies.
Yuki Okazaki, Koji Yamane, Morio Iijima, Yasuhiro Izumi
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
Evaluation of surface water dynamics for water-food security in seasonal wetlands, north-central Namibia. IAHS-EGU
Hiyama, T., T. Suzuki, M. Hanamura, H. Mizuochi, J.R. Kambatuku, J.N. Niipele, Y. Fujioka, T. Ohta, and M. Iijima
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa.   2014年9月8日   
ナミビア北中部に広がる季節湿地環境の多様性と人々の認識
藤岡悠一郎・西川芳昭・飯嶋盛雄
日本アフリカ学会第51回学術大会   2014年5月24日   
亀裂施肥はダイズが生育初期に受けた湿害を緩和する効果がある
山根 浩二、飯嶋 盛雄
日本作物学会 第237回講演会   2014年3月29日   
イネ‐トウジンビエ混作栽培における作物の水利用特性: ポット栽培による表層水と深層水依存率の同時検討
岡市 真治, 荒木 千絵, 山根 浩二, 渡邊 芳倫, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第237回講演会   2014年3月29日   
イネ-トウジンビエ混作栽培における作物の水利用特性: ライシメーター法による深層水依存率と水利用効率の検討
荒木千絵・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第237回講演会   2014年3月29日   
貧栄養条件下のトウジンビエ/ササゲ混作における養分競合: 有機肥料由来窒素の利用効率
渡邊芳倫・Awala Simon K.・Nanhapo Pamwenafye I.・Mwandemele Osmund O.・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第237回講演会   2014年3月29日   
ナミビア北部に広がる季節湿地の自然環境と人々の認識―参加型農村開発に向けた景観分析―
藤岡悠一郎・西川芳昭・飯嶋盛雄
日本地理学会春季学術大会   2014年3月27日   
半乾燥地における洪水と干ばつの頻発とそれらへの対応農法の検討 [招待有り]
飯嶋 盛雄
近畿作物・育種研究会 公開シンポジウム「地球環境変動とこれからの農業」   2013年12月14日   
ナミビア北部地域におけるイネ・ヒエ混作栽培導入に向けた蒸発散特性の解析
花村美保・太田岳史・小谷亜由美・鈴木哲司・檜山哲哉・Jack Kambatuku・飯嶋盛雄
水文・水資源学会2013年度研究発表会   2013年9月25日   
亀裂処理によるダイズ湿害軽減効果の検討
山根 浩二、飯嶋 盛雄
日本作物学会 第236回講演会   2013年9月10日   
ダイズ多段式根粒着生制御が根粒着生と収量に及ぼす影響
高尾 暢之, 泉 泰弘, 山根 浩二, 大門 弘幸, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第236回講演会   2013年9月10日   
Growth of mixed-cropped pearl millet, sorghum and rice under imposed flooding stress of a model sloped field in north-central Namibia、
Simon Awala, Yasuhiro Izumi, Yuichiro Fujioka, Koji Yamana, Osmund Mwandemele, Morio Iijima
日本作物学会 第236回講演会   2013年9月10日   
Introduction of subsistence rice cropping system harmonized with the water environment and human activities in seasonal wetlands in Northern Namibia. [招待有り]
Iijima, M., Simon, A. and Mwandemele, O
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetland Formed in Semiarid Region of Africa   2013年7月13日   
Regional precipitation patterns and their implication for drought-adapted mixed cropping systems in the cuvelai drainage basin, north-central Namibia. [招待有り]
Kambatuku, J. R., Hiyama, T., Hanamura, M., Suzuki, T., Fujioka, Y., Ohta, T. and Iijima, M
International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetland Formed in Semiarid Region of Africa   2013年7月13日   
乾燥、塩、濁冠水ストレスに対するアジアイネ、アフリカイネおよびネリカを含む種間交雑系統の耐性評価
岡崎勇樹・Cisse Amara・泉泰弘・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄
近畿作物・育種研究会第175回例会   2013年7月13日   
天然の集水装置を利用したコメづくり~イネをヒエといっしょに植える?~ [招待有り]
飯嶋 盛雄
市民公開講座「砂漠の国でコメづくり?」   2013年7月13日   
半乾燥地の水環境保全を目指した洪水-干ばつ対応農法の提案. [招待有り]
飯嶋 盛雄
生活向上と環境保全に向けた農業技術協力 TICADプレシンポジウム「アフリカにおける日本の大学・企業・研究機関による活動と今後のあり方」   2013年5月26日   
Improvement of informed consent by farmers for technology adoption (1) - Application of farm sketch in northern Namibia?
Yoshiaki Nishikawa, Martha Hangula, Ottilie Shivolo, Benisiu Thomas, Kiyomi Kaida, Yuichiro Fujioka, Morio Iijima
熱帯農業学会   2013年3月30日   
参加型農村開発に向けた在来農業の実態把握とフィードバック手法の検討-ナミビア農牧社会における稲作導入とGPSロガーによる労働分配調査-
藤岡悠一郎・西川芳昭・飯嶋盛雄
2013年日本地理学会春季学術大会   2013年3月28日   
寒冷地におけるダイズの根粒着生制御の可能性.
高尾暢之・辻博之・村上則幸・林怜二・杉山高世・泉泰弘,・山根浩二・大門弘幸・飯嶋盛雄
日本作物学会 第235回講演会   2013年3月28日   
イネ-トウジンビエ混作条件下における作物の水源と水分生理に及ぼす土壌水ストレスの影響.
荒木千絵・渡邊芳倫・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第235回講演会   2013年3月28日   
ナミビア農牧社会における大雨洪水災害と農牧民の対処
藤岡悠一郎・西川芳昭・飯嶋盛雄
2012年日本地理学会秋季学術大会   2012年10月6日   
ナミビア北部地域の蒸発散量に対して稲作導入が及ぼす影響.
鈴木哲司・太田岳史・檜山哲哉・Osmund Mwandemele・飯嶋盛雄 
水文・水資源学会 2012年度研究発表会   2012年9月26日   
塩ストレスがイネ-雑穀混作に及ぼす影響.
岡崎勇樹・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第234回講演会   2012年9月10日   
土壌の水ストレスがイネ-雑穀混作に及ぼす影響.
荒木千絵・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第234回講演会   2012年9月10日   
ダイズの根粒着生制御:水田転換畑における摘心・表層追肥との複合効果
道端真沙・杉山高世・上田直也・大門弘幸・泉泰弘・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第234回講演会   2012年9月10日   
ダイズの根粒着生制御:水田転換畑における施肥資材の検討.
元永崇之・山根浩二・大門弘幸・泉泰弘・飯嶋盛雄
日本作物学会 第234回講演会   2012年9月10日   
半乾燥地域(ナミビア)と湿潤地域(日本)におけるイネ水利用効率の品種間比較
鈴木 哲司, 泉 泰弘, 坂上 潤一, 太田 岳史, Luke Kanyomeka, Osmund Mwandemele, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第230回講演会   2011年9月4日   
日本とナミビアにおけるイネの気孔コンダクタンスに対する環境要素の影響
鈴木哲司・太田岳史・泉泰弘・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第232回講演会   2011年9月2日   
コーヒー抽出残渣施用が雑草と緑肥作物生育に及ぼす影響
山根浩二・河野充晃・岩井和也・福永泰司・飯嶋盛雄
日本作物学会 第232回講演会   2011年9月2日   
根箱法によるNERICA根系発達の検討:とくに乾燥ストレス耐性評価
林剛志・泉泰弘・鈴木哲司・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第232回講演会   2011年9月2日   
コーヒー抽出残渣と有機質資材の混合施用が作物生育と土壌の化学性に及ぼす影響
河野充晃・岩井和也・福永泰司・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第232回講演会   2011年9月2日   
黒ダイズにおける間作と二期作体系の検討
生駒篤祥・西岡秀明・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第232回講演会   2011年9月2日   
アジアイネとアフリカイネは貧栄養ストレスに対して異なる生育反応を示した
Ausiku Petrus, Amara Cisse,Takashi Yoshizuru, Yasuhiro Izumi, Tetsuji Suzuki, Takeshi Hayashi, Luke Kanyomeka, Osmund Mwandemele, Jun-Ichi Sakagami, Koji Yamane, Morio Iijima
日本作物学会 第231回講演会   2011年3月31日   
バイオマスによるより大きな被覆は半乾燥地においてより高い水利用効率を可能にする
鈴木 哲司, 太田 岳史, 泉 泰弘, Luke Kanyomeka, Osmund Mwandemele, 坂上 潤一, 山根 浩二, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第231回講演会   2011年3月31日   
ナミビア国におけるトウジンビエ混作体系の検討 [招待有り]
飯嶋 盛雄
第3回ナミビア懇話会   2011年3月24日   
亀裂施肥がダイズのウレイド態窒素生産に及ぼす影響.
竹内洸貴・泉泰弘・大門弘幸・山根浩二・飯嶋盛雄
日本作物学会 第230回講演会   2010年9月4日   
アフリカイネ,アジアイネおよびネリカを含む種間交雑系統の濁冠水ストレス耐性
Amara Cisse, 泉 泰弘, 山根 浩二, 坂上 潤一, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第230回講演会   2010年9月4日   
アフリカイネ,アジアイネ,ネリカを含む種間交雑系統の低肥沃度土壌耐性:北中部ナミビアにおける季節性湿地帯での栽培を目指した品種選抜
Petrus Ausiku, 吉鶴 孝志, 泉 泰弘, 鈴木 哲司, 林 剛志, Luke Kanyomeka, Osmund Mwandemele, 坂上 潤一, 山根 浩二, 飯嶋 盛雄
日本作物学会 第230回講演会   2010年9月4日   
ナミビア北部の季節性湿地帯への稲作導入の可能性. [招待有り]
鈴木哲司・太田毅・檜山哲哉・飯嶋盛雄
第2回ナミビア懇話会   2009年12月23日   
Survival of prolonged flooding stress during seedling stage of rice in Oryza sativa, O. glaberrima and NERICA.
Amara Cisse, Yasuhiro Izumi, Jun-Ichi Sakagami and Morio Iijima
日本作物学会 第228回講演会   2009年9月30日   
亀裂施肥によるダイズの根粒着生制御.
飯嶋盛雄・本庄弘樹・泉泰弘・大門弘幸・谷俊男・林元樹・鈴木哲司
日本作物学会 第228回講演会   2009年9月30日   
ダイズ根粒への水供給源の解析:TOF-SIMSクライオ機構による検討.
飯嶋盛雄・渡辺孝政・Sutharsan Somasundaram・吉田智晴・川崎通夫・加藤俊之
近畿作物・育種研究会 第167回講演会   2009年7月11日   
Preliminary Results on Energy Balance of Seasonal Wetland in Northern Namibia Toward the water Use Assessment to Introduce Rice Cropping.
Suzuki T., Hiyama T., Kanyomeka L., Mwandemele O.D & M. Iijima.
Proceedings of the 13th agricultural scientific society of Namibia   2009年7月1日   
Seasonal variations in the performance of rice genotypes grown in north-central Namibia
Kanyomeka L., Shiimi E.M., Awala S.K., 3Mwandemele O.D. & M. Iijima
Proceedings of the 13th agricultural scientific society of Namibia   2009年7月1日   
Contrasting root responses by genotypes of rice species under compacted soil in the upland.
Nanhapo, P. Kanyomeka, L., Nakamura, S., Izumi, Y., Sakagami, J. & M. Iijima
Proceedings of the 13th agricultural scientific society of Namibia   2009年7月1日   
ナミビア国における稲作導入プロジェクトと国際協力. [招待有り]
飯嶋 盛雄
第1回ナミビア懇話会   2009年6月28日   
Potential for rice cultivation in seasonal wetlands and Zambezi river flood plains in Namibia.
Awala S, Nanhapo P, Kanyomeka L, Sakagami J, Mwandemele O, Ipinge S, Izumi Y, Suzuki T, and Iijima M.
日本作物学会 第227回講演会   2009年3月28日   
ToF-SIMSクライオ機構による植物組織間の水移動の視覚化.
飯嶋盛雄・吉田智晴・加藤俊之・川崎通夫・渡辺 孝政
日本作物学会 第226回講演会   2008年9月24日   
季節性湿地帯の水環境に調和した粗放稲作の導入. [招待有り]
飯嶋 盛雄
名古屋大学・iLEAPS-Japan合同ワークショップ「水・エネルギー・物質循環の時空間変動と植生圏-気候・気象システムの相互作用」   2008年3月17日   
作物栽培学の視点からみたバイオエタノ-ル作物生産の課題 [招待有り]
飯嶋 盛雄
日本科学者会議(JSA)愛知支部農学部班・中部の環境を考える会   2007年11月10日   
陸稲‐トウモロコシ間作栽培における作物間の水競合.
吉田智晴・Cisse AMARA・泉泰弘・坂上潤一・飯嶋盛雄
日本作物学会 第224回講演会   2007年9月27日   
Salinity tolerance of Oryza glaberrima Steud. and NERICA: Evaluation in seasonal wetlands in northern Namibia.
Simon AWALA, Pamwenafye NANHAPO, Teofilus LWIINGA, Patrick KOMPELI, Luke KANYOMEKA, Jun-Ichi SAKAGAMI, Sheehamandje Ipinge and Morio IIJIMA
日本作物学会 第224回講演会   2007年9月26日   
硫安深層追肥によるダイズの成育改善効果の検証.
渡辺孝政・泉泰弘・谷俊男・飯嶋盛雄
日本作物学会 第224回講演会   2007年9月26日   
Comparison of salinity tolerance among Oryza glaberrima Steud., NERICA and Oryza sativa.
Simon AWALA, Pamwenafye NANHAPO, Teofilus LWIINGA, Patrick KOMPELI, Luke KANYOMEKA, Jun-Ichi SAKAGAMI, Sheehamandje Ipinge and Morio IIJIMA
Tokai Journal of Crop Science 138   2007年9月6日   
フィ-ルドでの作物根の圧縮土壌ストレス耐性評価:どのモデル実験系が優れるか?
飯嶋盛雄・中村周平・Simon Awala・Pamwe Namhapo・Cisse Amara・泉泰弘・坂上潤一
第26回根研究集会   2007年5月12日   
ナミビア国におけるトウジンビエ栽培体系下での氾濫水利用型粗放稲作の導入. [招待有り]
飯嶋 盛雄
南部アフリカ地域研究会公開ワ-クショップ「現代南部アフリカと地域研究:研究と実践の融合をもとめて」   2007年3月4日   
土壌の硬さ・水・空気環境の変動と作物根の成長: 2. 硬盤層の土壌強度の減少と根の貫入.
飯嶋盛雄・加藤純子
日本作物学会 第222回講演会   2006年10月28日   
土壌の硬さ・水・空気環境の変動と作物根の成長: 1.複合ストレスと根の成長反応.
飯嶋盛雄・加藤純子
日本作物学会 第222回講演会   2006年10月28日   
Effects of common soil protozoa on the growth of different rice cultivars. Root Research
Somasundaram, S., Bonkowski, M., and Iijima, M.
第24回根研究会   2006年5月20日   
コムギ-ダイズ連続不耕起輪作における作物の水吸収:心土破砕による生育改善.
吉田智晴・泉泰弘・飯嶋盛雄
日本作物学会 第221回講演会   2006年3月31日   
ムギ−ダイズ連続不耕起輪作における根系発達と収量の経年変化およびサブソイラ耕による心土破砕処理効果の評価.
泉泰弘・飯嶋盛雄
日本作物学会 第221回講演会   2006年3月31日   
Oryza glaberrima Steud.(グラベリマイネ)の圧縮土壌ストレス耐性.
中村周平・坂上潤一・飯嶋盛雄
日本作物学会 第221回講演会   2006年3月31日   

Works

 
サツマイモおよびキャッサバの耐旱性評価に関する共同研究
1994年 - 1995年
作物根の伸長生長における日周性リズムの解析
1995年 - 1995年
発育解剖学的差異をもつ作物根系構成要素の機能特異性の解明
1995年 - 1996年
作物根-土壌界面における粘液分泌の動態観察方法の確立
1997年 - 1997年
東栄町地域農林業活性化調査委員会
1996年 - 1998年

競争的資金等の研究課題

 
Tof-SIMSによる植物体内における安定同位体追跡技術の開発
研究期間: 2006年   
境界細胞とムシゲル層の生態的役割
不耕起栽培体系と根の成長
成熟期のダイズ種子への窒素供給を目指した土壌深層への根粒着生技術の開発
研究期間: 2004年   
ナミビア国半乾燥地域におけるトウジンビエ栽培体系下での氾濫水利用型粗放稲作の導入
研究期間: 2004年