森 勇介

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
森 勇介
 
モリ ユウスケ
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻
職名
助教授
学位
修士(工学)(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2006年
   
 
日本結晶成長学会  理事・総務委員会委員長
 
2005年
   
 
レーザー学会  編集委員会委員
 
2004年
   
 
日本結晶成長学会  編集委員
 
2004年
   
 
日本結晶成長学会  理事(庶務担当)
 
2004年
   
 
応用物理学会講演会企画運営委員会  講演会プログラム編集委員
 

受賞

 
1996年
結晶成長学会論文賞
 
1996年
レーザー学会進歩賞
 
1996年
電気学会論文発表賞
 
1997年
新技術財団市村賞
 
1999年
KSVFベンチャーアイデア大賞優秀賞
 

Misc

 
ダイヤモンド表面抵抗における成長後の冷却雰囲気の影響
応用物理学会欧文誌   31(12A) L1718   1992年
ダイヤモンド薄膜のイオン注入による損傷における水素プラズマ処理の効果
応用物理学会欧文誌   31(8B) L1191   1992年
金属/ダイヤモンド界面反応の評価
応用表面科学   60-61,296/,    1992年
水素プラズマによるダイヤモンド中への酸素拡散
応用物理   60(1) 47   1992年
ダイヤモンド薄膜表面の評価と表面相転移への表面処理の影響
応用表面科学   56-58,89/,    1992年

書籍等出版物

 
コンピューターで薬を創ろう
株式会社化学同人   2009年   

Works

 
フォトン計測・加工技術
1997年 - 2001年
フォトニクス用有機材料の創製とデバイスへの応用
1997年 - 2001年
非線形光学結晶GdY10Bの多機能化による新型・高性能紫外光源開発に関する研究
2000年
エレクトロニクス実装を志向した高調波発生の解析と制御
2005年
タンパク質完全結晶創成
2005年

競争的資金等の研究課題

 
窒化物材料の開発
CsLib6O10およびGdYCOBによる紫外光発生に関する研究
有機バイオエレクトロニクス結晶
紫外光の応用
タンパク質の結晶化

特許

 
Method and apparatus for growing high quality single crystal (アメリカ)
(US)6,843,849
波長変換方法、波長変換装置、およびレーザ加工機
特許3636200
Wavelength conversion method, wavelength conversion device, and laser beam machine
(CN)ZL01806644.5
Wavelength conversion method, wavelength conversion device, and laser beam machine (韓国)
(KR)0491946
Wavelength conversion method, wavelength conversion device, and laser beam machine
(TW)166582